« 酒井法子の覚醒剤事件、映画化へ | トップページ | ニュー・ムーン 〜トワイライト・サーガ〜 »

2009年11月28日 (土)

イングロリアス・バスターズ

イングロリアス・バスターズ
監督:クエンティン・タランティーノ
出演:ブラット・ピット、メラニー・ロラン、クリストフ・ウ゛ァルツ、イーライ・ロス、ダイアン・クルーガー


これは観る人や国によって、たぶん賛否両論真っ二つに別れる映画ですね。


タランティーノらしい、好きな映画にオマージュを捧げまくった、“映画愛”に満ち溢れた映画なんだろうけど、あまりにやりすぎてトンデモな映画になっています(笑)。


まず、舞台はナチス政権下のドイツなのにオープニング曲から「遥かなるアラモ」(ジョン・ウェイン主演「アラモ」主題曲)だもんなぁ。どういうワケかマカロニ・ウエスタン調で話が進みます。その他にもいろんな映画にオマージュを捧げているのがパンフを見れば分かるのですが、よほどのマニアでない限り全部見つけるのは至難の業だと思います。パンフに書かれていることは殆どこじつけなのかもしれませんが、意外と奥深いですよ。


ただ、シリアスとコメディーをごちゃ混ぜにして描いたのは疑問。勿論フツーの映画ならそんな中途半端なのもいいかもしれないけど、これは戦争映画。ナチを茶化すなら徹底的にやって笑えるコメディーにしなきゃダメだと思います。軽いお笑いがあったと思ったら、皮剥ぎなどのグロ場面もあり、どっちにどう反応すりゃいいのか疲れます。まさに

“ごった煮は、そのさじ加減で旨くもなれば不味くもなる”

です。


あと、劇中2人の美女が出てくるのですが、せめて1人は生き残ってほしかったなー。


いや、別にどーでもいいことですけど。


私の評価…☆☆★

|

« 酒井法子の覚醒剤事件、映画化へ | トップページ | ニュー・ムーン 〜トワイライト・サーガ〜 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イングロリアス・バスターズ:

« 酒井法子の覚醒剤事件、映画化へ | トップページ | ニュー・ムーン 〜トワイライト・サーガ〜 »