« 初めまして | トップページ | PUSH 光と闇の能力者 »

2009年11月 9日 (月)

スペル

Dragmetohellposter 怖かったぁ おすぎ絶賛なのも納得です。祓魔師が悪魔祓いに失敗するオープニングが抜群に効いていて、まさにツカミはOK! ってな感じで作品世界に誘ってくれます。不気味なバァさん(この役者がまたイイ!)が嘆願した住宅ローン支払いの延長を断ったがために呪いをかけられ翻弄される主人公。扮するアリソン・ローマンはいかにも悲劇のヒロインっぽいのですが…

この映画の邦題「スペル」、この場合の意味として呪文とか禁句ってのは実はさほど重要ではないような気がします。原題直訳(「DRAG ME TO HELL」=私を地獄に引きずり込んで)の方がしっくりきます。そうです、劇中で召喚される悪魔は冒頭で子供を地獄へ引きずり込みます。そして、主人公は… ま、自分のスキルアップのためだけに、人に恥かかすようなことをすると、いずれそのしっぺ返しは自分に返ってくるよという戒めです。そう、主人公はあまり“いい人”ではありません。だからあのラストは大正解!

大変怖い映画ですが、それでも随所にサム・ライミらしいブラック・ユーモアがあり、楽しめました。 (私の評価☆☆☆☆☆)

|

« 初めまして | トップページ | PUSH 光と闇の能力者 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スペル:

« 初めまして | トップページ | PUSH 光と闇の能力者 »