« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月31日 (木)

ティンカー・ベルと月の石(日本語吹替版)

ティンカー・ベルと月の石(吹)
監督:クレイ・ホール
出演(吹替版声優):ティンカー・ベル…メイ・ホイットマン(深町彩里)、テレンス…ジェシー・マッカートニー(細谷佳正)、クラリオン女王…アンジェリカ・ヒューストン(高島雅羅)、フェアリーメアリー…ジェーン・ホロックス(山像かおり)、シルバーミスト…ルーシー・リュー(高橋理恵子)、他


(写真:スミソニアン博物館群に展示されている本物の『月の石』)


 たぶん、今年最後の映画鑑賞です。ディズニーの「ティンカー・ベル」4部作(予定)の第2作。本国アメリカではDVDレンタル及び販売専用として製作されていますが、日本では第1作目に続いて2作目も劇場公開となりました。


 前作は、随所に「ピーターパン」との関連性を持たせていましたが、今回は製作時期が重なったのか、「カールじいさんの空とぶ家」をパクったかのようなシーンが出てきます(笑)。


 そして今回も作品の“裏”テーマは前作と同じ「リーマン・ショック以降のアメリカ」。実は今年公開されたアニメや、実写では特にファンタジー系の映画にこういったオトナなテーマを描いた作品が結構ありまして、描きやすいって事もあるのでしょうけど実に今の“自信を失った”アメリカと、そこから何とか立ち上がろうとする人々というのをかなりリアルに描いた物が多かったように思います。来年もこの傾向は続くのでしょうね。


 本作のティンカー・ベルは、妖精達が飛ぶために必要な“妖精の粉”を守るために重要な「月の石」を、些細なミスで壊してしまいます。


 その石を元に戻すには“伝説の鏡”が必要で、それを探すために冒険にでるのですが… ミスを犯した時に強がって、手伝ってくれた友達のせいにしてその友達を失いそうになったりと、ティンカー・ベル自体が今のアメリカを表しているんだよなという事が、1作目から通して観ると、本当によくわかります。ま、結局最後は、友達とも仲直りし更に絆も深まって、割れたままになってしまった月の石もティンカー・ベル自身の機転で元の分プラスαの力が生まれるという、いかにもディズニーらしいラストを迎えるのですが、子供向けのアニメに、大人的なテーマをさり気なく入れ、何の違和感もなく大人と子供、それぞれ違った楽しみ方ができる映画を作った、そういう高度な技術を持ったスタッフに拍手を送りたいですね。第3作、最終作とレベルを落とさずに続けていってほしいです。勿論声優もそのままで。


私の評価…☆☆☆★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月26日 (土)

のだめカンタービレ 最終楽章〈前編〉

のだめカンタービレ 最終楽章〈
監督:武内英樹
出演:上野樹里、玉木宏、瑛太、水川あさみ、小出恵介、ウエンツ瑛士、ベッキー、山口紗弥加、山田優、谷原章介、なだぎ武、福士誠治、吉瀬美智子、伊武雅刀、竹中直人、他


 最近はテレビドラマでも漫画原作ものが多くなり、3ヶ月や半年といった放送期間と話数の関係でどうしてもドラマ化できなかった部分を映画で公開するというパターンが増えてきたのですが、本作もその1つです。


 ドラマ同様映画版も面白いです。テレビドラマ版よりもよりアニメチックに、それもふざけ過ぎない程度に絶妙のバランスで描いていて楽しいです。使用している楽曲も、ドラマ版エンディングで使われていたガーシュウィンの「ラプソディ・イン・ブルー」をはじめ、組曲「ペール・ギュント」や、「ボレロ」、「魔笛」など、誰もが1度は耳にした曲ばかりで、クラシック・ファンでなくても、ドラマやアニメ版そして原作も読んでないような一見さんでもそこそこ楽しめる作りになっています。


 特に最初の演奏会の場面で千秋が指揮する楽団により「ボレロ」を演奏するところは、資金難でロクに練習できないせいでボレロというよりはボロボロ、爆笑必至です。この部分は映画公開前に劇場に置かれていたリーフレットの中にも、原作コミックの一部を抜き出すかたちで書かれているのですが、正直“絵”ではあまり笑えなかったのが、“動画”になると、演奏ミスにつれて玉木宏の表情が泣きそうになるのが笑えるし、客席にいるライバル役谷原章介の顔がアホ面になっていくのがさらに笑えました。


 その楽団の問題も何とか解決、失敗できない次の演奏会をやりきったところで来年4月17日公開予定の後編に移るという事になるわけですが、本編エンド・クレジット後にその予告編が流れます。後編は何やら不穏な空気で始まるようですが、二人の恋はどうなるのか、原作ファンで知っている人も、そうでない人も楽しみに待ちましょう。


私の評価…☆☆☆★

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年12月25日 (金)

〔DVD〕素晴らしき哉、人生!

〔DVD〕素晴らしき哉、人生
監督:フランク・キャプラ
出演:ジェームズ・スチュワート、ドナ・リード、ライオネル・バリモア、他


 古くさい、と思われるかもしれませんが、この時期にはピッタリの名作ファンタジーです。かなり前に消滅してしまったアメリカのメジャー映画会社RKOによる1946年のアメリカ映画ですが、日本では8年後、戦争直後の1954年に公開されました。


 古き良きアメリカの、“良い人”を演じれば右に出る者がいないといわれたジェームズ・スチュワートが、ここでも真面目な男を好演、妻役のドナ・リードも美しいですね。


 弱者にスポットをあて、

「人生、生きてりゃいいことあるさ」

と励ます人生讃歌。観ているこっちまで勇気づけられる、名監督フランク・キャプラによる感動作。


 僕はたまたま掲載した写真のジャケットの前のバージョン(発売元は同じIVC)による日本での正規版を持っているのですが、この映画、現在はパブリック・ドメイン(著作権切れ)により激安DVDとして売られていますので、多少の画質の悪さ等気にしないならば皆さんにも是非オススメします。


私の評価…☆☆☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月21日 (月)

ブリタニー・マーフィーさん急死!

 AP通信によると、映画「8Mile」(2002年)などへの出演で知られる米女優、ブリタニー・マーフィーさんが20日、ロサンゼルスの病院で死去したらしいです。32歳。死因は明らかになっていないそうですが、ロス市警は死亡の経緯などについて捜査を始めたということです。

 マーフィーさんは20日朝、自宅で心停止状態になっているのがみつかり、市内の病院に搬送されましたが、すでに死亡していたということです。

 最近では、日本にやってきた米国人女性がラーメン職人をめざす「ラーメンガール」(2008年)で西田敏行さんらと共演し、日本でも話題を集めたということですが、僕も「サウンド・オブ・サイレンス」や「シン・シティ」などで観ておりまして、アメリカ人としては小柄で華奢だけど、非常にかわいらしい女優さんだなと思っていました。

 それにしても32歳、何があったのでしょうか? 若すぎます (´Д⊂

200pxbrittany_murphy

(写真:在りし日のブリタニー・マーフィーさん)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月20日 (日)

フォース・カインド

フォース・カインド
監督:オラントゥンデ・オスサンミ
出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、ウィル・パットン、イライアス・コティーズ 他


皆さんはこの映画の予告編を観て、どう感じられたでしょうか? この話、真実だと思われますか?


実際のところこの映画の信憑性についてはネタバレになってしまうので、皆さん各自ネットで調べてもらうことにして、僕は怖いどころかあまりにもあり得ない展開に口ポカーン(゜O゜)状態でした。


そりゃあ、あの生物の存在は否定はしませんよ。しませんけど、それをオチに持ってきたら正直どうにでも話が“作れる”気がするんですよね(おっと、危ない×2これ以上は言えないな)。


確かに映像はそこそこ怖いんですよ。怖いんですけど、だから何なんだ? という感じで、ようするにこちら側を納得させるような説得力に欠けるんですよ。ミラ・ジョヴォヴィッチの演技は「バイオハザード」とあんまり変わってなくてファンは楽しめると思うんですがね。


実際の映像とされる部分での博士があんな顔だったら主演はミラ・ジョヴォみたいなベッピンさんより、ジュリアン・ムーアなんかの方がよかったんじゃない(なんとなく似てるし)?


私の評価…☆★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月17日 (木)

宇宙戦艦ヤマト 復活篇

宇宙戦艦ヤマト 復活篇
監督:西崎善展
声の出演:山寺宏一、藤村歩、由愛典子、茶風林、古谷徹、伊藤健太郎、波川大輔、柚木涼香、青野武、永井一郎、緒方賢一、飯塚昭三、伊武雅刀 他


昨年より「ガンダムZ」や「ヱヴァンゲリヲン」など人気アニメの復活が映画で描かれる事が多くなっていますが、かなり前から発表されるも著作権問題や監督の逮捕でなかなか製作できなかった「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」が、ようやく日の目を浴びました。


ただ著作権問題が整理された事で本来原画を担当していた松本零士が外れ、結果として絵が大きく変わってしまい、また前作の劇場版から26年も経ってしまったことで主役である古代進役の富山敬さんら重要な関係者の何人かが“星”になられたのは、仕方がないとはいえ残念です。


そういった事も踏まえ今回は次世代に向けた話になっているのですが、古代進以外で旧作から出ているキャラクターが、1人を除き全てオリジナルと同じ声優さんが演じられていますので、これはファンにとっては嬉しいところです。でも、ほんの少ししか出番がないとはいえ、何で森雪役が麻上洋子さんではなく別の人なんでしょうか? 麻上さんは「ガンダムZ」の新劇場版の時も、大人の事情(?)でフォウ役を降板しています。いくら声優としては事務所を離れフリーの立場になっておられ、講談師としての仕事もやっておられるにしても、やはりイメージってものがあるので、代わられた由愛典子さんには申し訳ないのですが、麻上さんでやってほしかったですね。


また、沖田艦長の回想場面が声を担当していた納谷悟朗さんが、数年前から喉を悪くされており新録できず、新しい絵と古い絵が入り交じる違和感がありましたし、石原慎太郎都知事が原案として加わっていますので、より戦争映画の色合いが濃くなっていますが、全体的には作品のテイストは昔と殆ど変わっていないように感じました。


作品的にはまずまずだったのですが、興行的には戦艦が“海賊船”に食われてしまいましたね(>_<)


来年の実写版も、本来とは別の意味で楽しみなのですが(←意地悪)、昔からのファンを裏切ることはしてほしくないです。このアニメ版も、ラストに「復活篇“第一部”完」の文字が…


おお!! 続くのか!


この第一部でさえ最初に企画されてから完成まで15年かかっているのだ。


いったい次は、いつになるのだろう?


私の評価…☆☆☆★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月16日 (水)

劇場版「ワンピース」最新作、猛烈なスタートダッシュ

劇場版アニメ「ワンピース フィルム ストロングワールド」の観客動員数が公開から3日目で100万人を突破したらしいです。


2000年から続くこのシリーズとしても100万人突破は2作目の時の15日間をあっさりと抜く最速記録で、興行収入もこの土曜・日曜の初日・2日目だけで10億円を突破するという猛烈なスタートダッシュをしています。


まぁ、入場者全員にコミックス0巻プレゼント(初日だけではなく、無くなるまでずっとでしかもこの期に乗じて増刷したらしい)で客を釣っているのが要因だとは思うんですが、土・日曜だけでなく月曜からの平日も、朝からレイトショーまで全席完売の映画館が続出しているのに驚きます。


興収ランキングを見ると1位は当然「ワンピース」で、どうもそれにつられて同じ東映の「仮面ライダー」にも観客が入っている様子(珍しい東映のワンツーフィニッシュである)。


どうやら東映の直営以外の映画館はキャパシティーの多いスクリーンを19日からは「のだめカンタービレ最終楽章(前編)」に、23日からは「アバター」に明け渡すようなので、そのあたりになると徐々に落ち着いてくるとは思いますが。


それまでは、東映の笑いがとまらない、ウハウハ状態が続きそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パブリック・エネミーズ

パブリック・エネミーズ
監督:マイケル・マン
出演:ジョニー・デップ、クリスチャン・ベール、マリオン・コティヤール、ビリー・クラダップ、スティーブン・ドーフ、スティーブン・ラング 他


「ヒート」や「コラテラル」など、硬派で渋い映画が多いマイケル・マン監督の映画なので、今回も男達のカッコよさがやたらと目立つのですが、意外にも今作は、この民衆から愛された伝説のギャング・ヒーロー=ジョン・デリンジャーと、デリンジャーが生涯で唯一マジボレしたビリーとのラブ・ストーリーに主眼がおかれています。


ただ、この監督だけに銃撃戦は見所の1つで、あの映画史上に残るといわれた「ヒート」の8分間にわたる銀行襲撃シーンには及ばないものの、この映画のクライマックス少し手前のアジト襲撃シーンは、カメラワークが非常に良く、息詰まる攻防を見事に描いています(予算の都合からか、劇中使われている本物のクラシック・カーには一発も当たらないのはご愛敬)。史実に忠実に描こうとしてそれが災いしたのか、クライマックスがほとんど盛り上がらないで終わったのは、ちょっと残念。


そういや、ラストの映画館でクラーク・ゲーブル主演「マンハッタン・メロドラマ」(1936年・邦題「男の世界」)を観に行く時に、ジョニー・デップの横にやたらと背のバカデカい女性がいて、どこかで見たことあるなぁと思ったら、「ディープ・インパクト」でイライジャ・ウッドの恋人を演じていたリーリー・ソビエスキーじゃ、ありませんか! 彼女は確か178cm(公称)だからジョニー・デップと同じくらいの身長なんですけど、どちらかというとガッシリした体型だからジョニー・デップより大きく見えますよね。


あと音楽は、劇中のキーワードとしても引用されるジャズの名曲「バイ・バイ・ブラックバード」が効果的に使われていて、ジャズファンなら買ってみたくなる1枚になると思いました。


私の評価…☆☆☆★

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年12月11日 (金)

コネクテッド

コネクテッド
監督:陳木勝
出演:徐熙媛、古天樂、張家輝、他


今や日本や韓国の映画をハリウッドがリメイクするのが当り前な感じになってきましたが、本作はその逆。2004年に製作されたキム・ベイシンガー主演の「セルラー」の香港リメイクです。


オリジナル版は未見なので手元にある資料を元に比べてみるしかないのですが、キャスティングでみてもこの香港版の方が、激しいアクションの度合いが増しているような感じがしますね。誘拐されるヒロインの設定もオリジナル版が高校教師なのに対してこちらはロボット設計士なので、誘拐された後に小屋の中からなんとか助けを求めるために、壊れた電話機を応急処置で修理する場面に説得力があります。観ている側にヒロインの役職を解らせる場面(冒頭の自動車電話での会話シーン)も短めで解りやすいので、このへんは脚本家の腕の良さが光っています。


少々、荒唐無稽なシーンやご都合主義的な部分もありますが、それが香港アクションのいいところでもありますので、絶妙な感じにまとまっていて、最後まで飽きさせない展開で楽しめました。


これはオリジナル版も観てみたくなりますね。


私の評価…☆☆☆★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月10日 (木)

カールじいさんの空飛ぶ家(3D・字幕版)

カールじいさんの空飛ぶ家(3D<br />
 ・字幕)
監督:ピート・ドクター、ボブ・ピーターソン
出演:エドワード・アスナー、クリストファー・プラマー、ジョン・ラッツェンバーガー、ジョーダン・ナガイ


(写真:日本語吹替版のカールじいさんの声は、僕と同世代の人には懐かしいこの声の人!)


まさにピクサーが作るアニメにハズレなし! 本作も素直に感動できる素晴らしい映画です。


ピクサーのアニメとしては、かなり地味なもので、3D特有の、物がスクリーンから飛び出すような演出もありません。だからお金をあまり出したくないという人は2Dで観てもいいと思いますが、2万個の風船が1個づつ違う動きをするのには、ピクサーらしい拘りが見えますね。


ただ、あの家、実はカールじいさんがある物に固執するあまり途中でハプニングが起きて一旦手放すことになるのですが、その時のじいさんのセリフがあまりにもアメリカ的であっさりしすぎており、この点は日本人的感覚からするとかなりかけ離れたものとなっていて、ちょっと納得いかなかったです。あんなに奥さんとの思い出が詰まった家なのに… 。


ところで、今回僕が観たのは字幕版でしたが、日本語吹替版ではカールじいさんの声を、大ベテラン声優の飯塚昭三さんが演じておられます。飯塚さんといえば、僕と同世代の人には懐かしい「人造人間キカイダー」の悪役=ハカイダーの声や戦隊ものの特撮ドラマの悪役キャラの声などでお馴染みの人です。今回のような善人役をやられるのはちょっと珍しいのですが、頑固爺さん役なので、結構雰囲気にあっているとは思います。たぶん字幕・吹替どちらを観られても、損はしないと思いますよ。


私の評価…☆☆☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 7日 (月)

「午前十時の映画祭」上映作品決まる

来年は楽しみにしている映画祭があります。

映画文化協会が主催する「午前十時の映画祭 何度見てもすごい50本」の上映作品決定発表会が11月30日行われ、同映画祭実行委員会の中川敬プロデューサー、作品選定委員の品田雄吉、おすぎ、襟川クロ、東宝の高井英幸社長が出席したとのこと。


1950〜70年代を中心にした洋画の傑作50本を厳選し。TOHOシネマズ系を中心とした全国25のシネコンで1年間連続上映する企画で、2010年2月6日から11年1月21日までの50週間にわたり、全作品ニュープリントでの上映が実現します。


上映作品は、「明日に向って撃て!」(70)、「裏窓」(55)、「スティング」(74)、「天井桟敷の人々」(52)、「大脱走」(63)、「ニュー・シネマ・パラダイス」(89)など。詳しい上映劇場と劇場別スケジュールは下記ホームページに掲載されていますが、本当に多彩なラインナップですね。


中でもアンケートで人気がダントツだったのが「ショーシャンクの空に」(95)だそうで、50歳以上の年代からの投票では「フォロー・ミー」(73)という映画が人気があったそうです。この「フォロー・ミー」はこれまで日本では一度もビデオやDVDなどメディア化されてなくて、今回劇場で上映されるのは極めて貴重とのこと。こりゃあ観に行かなければなりませんね。


普段テレビ画面で観ているものでも大きいスクリーンで観れば感動もまた違ったものになってくると思います。


年配の方は自分の青春時代に想いを馳せながら、そして若い人や子供さんは昔の映画ってこんなに素晴らしいものが多いんだということを思いながら、どんどん観にいってほしいですね。


できれば僕も半分くらいは観に行きたいです。


▽「午前10時の映画祭」公式サイト


http://asa10.eiga.com/

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年12月 3日 (木)

ニュー・ムーン 〜トワイライト・サーガ〜

ニュー・ムーン 〜トワイライト
監督:クリス・ワイツ
出演:クリステン・スチュワート、ロバート・パティンソン、テイラー・ロートナー、ダコタ・ファニング、マイケル・シーン 他


イケメン男性ばかりを揃え全世界の女性を虜にした「トワイライト」の続編。


監督が変わり前作とは作風がガラッと変わったけど、相変わらず面白さは健在。原作の内容をほんの少し、且つ大胆に脚色したことによって主人公とヒロインの逢いたいけど逢えない、愛を貫きたいけど貫けない、もどかしさと切なさ倍増の映画です。


恋愛はその対象となる2人にかかる障害、いわば手枷足枷が多いほど燃え上がって、傍から見ているぶんには面白いんですが(^-^) この映画に関しては何だかそれが多すぎて、どっちのキャラに感情移入してもちょっと可哀相な気がしてきます。


しかし今回は狼族を中心にマッチョ男達が脱ぎまくりますねぇ(^O^) まぁこのあたり完全に女性ファン目当てなんでしょうけど。男性諸子は今より若い時のウィノナ・ライダーにちょっと似ている吸血鬼族のアリス役アシュレイ・グリーンや、子役から美しく成長した(とは言ってもまだ15歳だが)ダコタ・ファニングを見て楽しみましょう。


イケメン吸血鬼がヒロインのために一大決心したところで今回は終了。次回「トワイライト・サーガ エクリプス」でどう発展していくのか!?来年の公開が待ち遠しいです。


ところで、自分よりも少し後方の座席に陣取っていた外国人グループが、映画でジョークを言っているようなシーンでやたらゲラゲラ笑って盛り上がっていた。自分はあの字幕ではそんなに笑えんかった… 翻訳家の苦労もわかるし、日米の感覚の違いというのもわかっているつもりだけど、英語をもうちょっと勉強しとくんだったなーと、こういう場面に出くわす度に思ってしまいます。


うーん( ̄〜 ̄;) なんか悔しいなー。


私の評価…☆☆☆★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »