« 〔DVD〕素晴らしき哉、人生! | トップページ | ティンカー・ベルと月の石(日本語吹替版) »

2009年12月26日 (土)

のだめカンタービレ 最終楽章〈前編〉

のだめカンタービレ 最終楽章〈
監督:武内英樹
出演:上野樹里、玉木宏、瑛太、水川あさみ、小出恵介、ウエンツ瑛士、ベッキー、山口紗弥加、山田優、谷原章介、なだぎ武、福士誠治、吉瀬美智子、伊武雅刀、竹中直人、他


 最近はテレビドラマでも漫画原作ものが多くなり、3ヶ月や半年といった放送期間と話数の関係でどうしてもドラマ化できなかった部分を映画で公開するというパターンが増えてきたのですが、本作もその1つです。


 ドラマ同様映画版も面白いです。テレビドラマ版よりもよりアニメチックに、それもふざけ過ぎない程度に絶妙のバランスで描いていて楽しいです。使用している楽曲も、ドラマ版エンディングで使われていたガーシュウィンの「ラプソディ・イン・ブルー」をはじめ、組曲「ペール・ギュント」や、「ボレロ」、「魔笛」など、誰もが1度は耳にした曲ばかりで、クラシック・ファンでなくても、ドラマやアニメ版そして原作も読んでないような一見さんでもそこそこ楽しめる作りになっています。


 特に最初の演奏会の場面で千秋が指揮する楽団により「ボレロ」を演奏するところは、資金難でロクに練習できないせいでボレロというよりはボロボロ、爆笑必至です。この部分は映画公開前に劇場に置かれていたリーフレットの中にも、原作コミックの一部を抜き出すかたちで書かれているのですが、正直“絵”ではあまり笑えなかったのが、“動画”になると、演奏ミスにつれて玉木宏の表情が泣きそうになるのが笑えるし、客席にいるライバル役谷原章介の顔がアホ面になっていくのがさらに笑えました。


 その楽団の問題も何とか解決、失敗できない次の演奏会をやりきったところで来年4月17日公開予定の後編に移るという事になるわけですが、本編エンド・クレジット後にその予告編が流れます。後編は何やら不穏な空気で始まるようですが、二人の恋はどうなるのか、原作ファンで知っている人も、そうでない人も楽しみに待ちましょう。


私の評価…☆☆☆★

|

« 〔DVD〕素晴らしき哉、人生! | トップページ | ティンカー・ベルと月の石(日本語吹替版) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: のだめカンタービレ 最終楽章〈前編〉:

» 「のだめカンタービレ 最終楽章 前編 」クラッシック音楽が好... [soramove]
「のだめカンタービレ 最終楽章 前編 」★★★★☆オススメ 上野樹里 、 玉木宏出演 武内英樹監督、121分 、 2009年12月19日:公開                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「のだめ(上野樹里)はパリで学園生活をし、 相変わらずのはじけっぷりだ、 前編の主役は千秋(玉木宏)で、 伝統はあるものの崩壊寸前の オーケストラ(マルレ・オケ)の指揮者に就... [続きを読む]

受信: 2009年12月27日 (日) 21時05分

« 〔DVD〕素晴らしき哉、人生! | トップページ | ティンカー・ベルと月の石(日本語吹替版) »