« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月28日 (木)

魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st

魔法少女リリカルなのは The MOV
監督:草川啓造
声の出演:高町なのは…田村ゆかり、フェイト・テスタロッサ…水樹奈々、ユーノ・スクライア…水橋かおり、アルフ…桑谷夏子、クロノ・ハラオウン…高橋美佳子、プレシア・テスタロッサ…五十嵐麗、リニス…浅野真澄、エイミィ・リミエッタ…松岡由貴、リンディ・ハラオウン…久川綾 他


 《またもやTVアニメシリーズのストーリー再構築もの》


 アニメ好きなにが災い(?)してか、こんなのもちょくちょく観に行きます。最近観たアニメ映画には全て声優の水樹奈々さんが絡んでいますが、全くの偶然です(笑)。ごくごく最近知って好きになった声優さんではありますけど(笑)。


 本作は元々TVゲームだったものをスピンオフさせ、6年前に製作されたTVアニメ「魔法少女リリカルなのは」シリーズ第1期を、ストーリーを再構築し新作として映画化したものです。TV版は独立UHF系ネットで深夜に放送されていたため、地上波で視聴していた人は少なく、インターネット配信で人気があったのか以後第3期までシリーズ化するヒットとなりました(尚、映画化に際し第1期がTBS系東名阪ネットで再放送され、再放送とはいえ独Uネット番組がVHFの系列で放送される珍事となった)。


 そんな訳で僕も何の予備知識も敢えて入れずに観たわけですが、従来の魔法少女ものとはまた違ってバトルアニメ風の作りがなされており、面白かったです。キャラクターが持つアイテムが英語を喋る(小学生であるキャラクターが日本語で普通に応対して話が通じるのはご愛嬌)というのも、今までの少女向けアニメにはあまり見られなかった設定で、楽しめました。


 悪役の設定も目新しさはないものの、死んでしまった娘を思うあまり、狂気に駆られ、実験的に作った娘の“失敗した”クローンを利用し、娘のクローンを作るのに必要なある物質を集めようとする母というのは、同じように子を思うあまりに愛情をもって「アトム」を作った悪役=天馬博士や、悪役ではないけど同じように愛情をもって「キューティーハニー」を作った如月博士とは違って、人間関係が薄れた現代社会を如実に表しており、こういう描き方をしているのも、本作が人気のあるところの1つなのかなと思ったりしました。


 今後、第2期や年齢設定を大幅に変えた第3期も同じように映画化するのでしょうか? だとしたらまた観に行くかも。


 それにしても「アニプレックス」さん。今回の映画で先着特典として、「リピーターカード」なるものを作って、リピーター増員作戦をしたり、パンフレットを1000円(!)で販売したりと、随分阿漕な商売してますねぇ(笑)。


私の評価…☆☆☆★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第52回ブルーリボン賞決定

 在京スポーツ7紙の映画記者が選ぶ第52回ブルーリボン賞が決定した。受賞者と作品、および邦画・洋画のベスト10は次のとおり。


 まず受賞者と作品

 ▽作品賞…「劔岳 点の記」(木村大作監督)
 ▽外国映画賞…「グラン・トリノ」(ワーナー・ブラザーズ映画)
 ▽監督賞…西川美和監督(「ディア・ドクター」)
 ▽主演男優賞…笑福亭鶴瓶(「ディア・ドクター」)
 ▽主演女優賞…綾瀬はるか(「おっぱいバレー」)
 ▽助演男優賞…瑛太(「ディア・ドクター」「ガマの油」)
 ▽助演女優賞…深田恭子(「ヤッターマン」)
 ▽新人賞…岡田将生(「重力ピエロ」「ホノカアボーイ」など)、木村大作監督(「劔岳 点の記」)
 ▽特別賞…「釣りバカ日誌」シリーズ

 続いてベスト10


(邦画)▼「愛のむきだし」▼「ヴィヨンの妻」▼「おっぱいバレー」▼「空気人形」▼「サマーウォーズ」▼「沈まぬ太陽」▼「重力ピエロ」▼「誰も守ってくれない」▼「劔岳 点の記」▼「ディア・ドクター」

(洋画)▼「グラン・トリノ」▼「スラムドッグ$ミリオネア」▼「チェンジリング」▼「2012」▼「母なる証明」▼「ベンジャミン・バトン」▼「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」▼「マンマ・ミーア」▼「レスラー」▼「レッドクリフ PartII」


 なるほど、入っているだろうなあと思っていたものがだいたい入選しているけど、「おっぱいバレー」や「ヤッターマン(実写版)」が入選しているあたりはスポーツ紙らしいですね。どっちも観たし、「ヤッターマン」なんか旧作アニメを観ていたモロに世代だし、ツボにハマって楽しめたもんなぁ。綾瀬はるかも深キョンも好きな女優だし、新作公開されたらまた、観に行きたいです。「仁」の映画版、製作の噂が本当になったら嬉しいなぁ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年1月27日 (水)

Dr.パルナサスの鏡

Dr.パルナサスの鏡
監督:テリー・ギリアム
出演:ヒース・レジャー、クリストファー・プラマー、リリー・コール、ヴァーン・トロイヤー、アンドリュー・ガーフィールド、トム・ウェイツ、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレル 他


 《代役3人で話が面白くなる皮肉》


 本来ならヒース・レジャーの遺作はバットマンの宿敵ジョーカーを演じた「ダークナイト」になるはずで、途中まで撮影が進んでいたこの映画はお蔵入りになるところだった。だが現実世界の部分はほぼ撮影済みだったものの幸いなことに“鏡の中”の場面はまだ撮影に入っておらず、“鏡の中”のストーリーや設定を変更したうえで、3人の代役をたてたことにより、映画がなんとか完成。晴れて日の目を浴びることとなった。


 もし、ヒースが生きていたらとして“鏡の中”の場面がどういう構想になっていたのか、今となっては知る由もないが、ヒースの親友3人が代役に名乗り出たことによって、“鏡の中”では主人公の顔まで変わる設定となったことによって、よりファンタスティックな作品に仕上がった。


 何よりその“鏡の中”の背景など美術が素晴らしい。「ラブリーボーン」を観たときにも思ったのだけどSFや「魔法もの」は別にしてこういう現実離れした映像を描くのは、やっぱり頭の中の想像力が相当豊かでないとできないよなぁと思う。そうやって完成度の高いものを作り上げると、観るこちら側も高いレベルの理解力が必要になってくるわけで、ストーリー自体はわりと単純なのだがこの映画は“感覚的”に観たほうがよさそうだ。


 3人の代役ばかりが話題になっているが、その他にもパルナサス役に「サウンド・オブ・ミュージック」のトラップ大佐ことクリストファー・プラマー、身長約180cmのスーパーモデルモデルのリリー・コール、「オースティン・パワーズ」の“ミニー・ミー”ことヴァーン・トロイヤー、歌手のトム・ウェイツなど、個性的な人々が出演。そういうのを観ているだけでも楽しい映画です。


私の評価…☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年1月24日 (日)

サロゲート

サロゲート
監督:ジョナサン・モストウ
出演:ブルース・ウィリス、ラダ・ミッチェル、ロザムンド・パイク、ボリス・コジョー、ジェームズ・フランシス・ギンティ、ジェームズ・クロムウェル、ヴィング・レイムス、ジャック・ノーズワーシー 他


 《実は既に日本で研究され実現しているものが元ネタ》


 人間が身代わりロボット「サロゲート」に自分の体験を代理させることで「なりたい自分」になれる近未来を描くサスペンス。目的は違うけど何だか「パーマン」みたいですね(笑)。主役ブルース・ウィリスの「サロゲート」も大活躍。なぜか髪の毛フッサフサなにが笑えます(よく見ると顔の皺までCGで消されていて違和感アリアリです)。


 映画では本来なら「サロゲート」が事故や故障なので壊れても、脳波を使って遠隔操作している人間には影響ないし、新しい身代わりも手に入れることができるからら実質何のトラブルもないはずなのに、操作している人間まで死んでしまうトラブルが起きてしまう。何故? 暗躍している者がいるのか? 映画では「サロゲート」を使いこなしている人と、敵対し毛嫌いしている連中との対決の構図がハッキリと描かれ、上映時間も90分足らずと短くメリハリが効いていて面白いです。


 実はコレ、既に日本で研究され実現している身代わりロボット「ジェミノイド」がモデルで、実際映画本編中に一瞬だけですが開発者とともに出演しています。もちろん映画のようなトラブルは起きていませんが(笑)。


 でも、実際こんな世界は映画の中だけにしてもらいたいですね。人間の外見に対する欲望ってみんな似たり寄ったりで、映画観てると結果作られる「サロゲート」って美男美女ばかり(笑)。あんまりそんなのばっかり街中うろつかれてもねぇ… 逆に個性がないですよ。それにあくまで“疑似体験”なのですから、そんなので生活しても面白くありません。映画で描かれていたようにゲーム感覚でできるため、劇中のロザムンド・パイクのように熱中しすぎて食事は“サプリ漬け”。これも怖いです。


 そういえば30年くらい前にも「デッドリー・フレンド」という怖い映画がありました。あれは死んだガールフレンドの脳にICチップを埋めて蘇生させ、生活していくうちにその彼女が凶暴化、最終的には“鉄男”の如くロボット化するというオチだったのですが、荒唐無稽とはいえ、「サロゲート」も機械化社会に警鐘を鳴らすオモシロ作だと思いました。


私の評価…☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月22日 (金)

ラブリーボーン

ラブリーボーン
監督:ピーター・ジャクソン
出演:シアーシャ・ローナン、マーク・ウオルバーグ、レイチェル・ワイズ、スーザン・サランドン、スタンリー・トゥッチ、マイケル・インペリオリ


 《サスペンスフルなファンタジー》


 今年最初の試写会(大阪=エル・シアター)当選で鑑賞。


 「ロード・オブ・ザ・リング」でアカデミー賞を受賞したP・ジャクソン監督による、少女猟奇殺人をモチーフに描いた異色のファンタジー。


 14歳のスージーは、ある日学校からの帰り道に、近所に住む男に呼び止められ殺される。そして、あの世とこの世の狭間の“ある場所”で、地上にいる家族や恋人、友人を見守っている。彼女がいる場所は、彼女が思ったことが何でも叶う幻想的な世界。だけど、彼女がそこで見た地上の世界は、彼女の死をきっかけとした家族の崩壊と、まだ捕まっていない“あいつ”。このままでは家族も危ない。彼女はどうやって、自分の想いを伝えるのか… 


 サスペンスとファンタジー、普通に考えれば対極にあるようなジャンルのものを、バランスよく混ぜて描いた映画です。ヒロインが殺される場面も残酷さをださずにうまく映像処理されています(強いていえば、スージーが死んですぐに見るイメージが少々グロいか)。


 そしてやっぱりP・ジャクソンといえばWETAが作り出すVFXの映像美。今回も、スージーが辿る“死後の世界”の幻想的な映像が素晴らしいです。まさにこの監督の真骨頂ともいえると共に、米国や英国の人が考える“天国”っていうのはこういう壮大で平和な世界で、日本人感覚とはまたちょっと違うものなんだなと、改めて感じさせられる映画でした。


私の評価…☆☆☆★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月20日 (水)

2009「毎日映画コンクール」各賞決定

2009年の「毎日映画コンクール」各賞が決定した。主な受賞者は次のとおり。


▽日本映画大賞…「沈まぬ太陽」
▽日本映画優秀賞…「劔岳 点の記」
▽監督賞…園子温(「愛のむきだし」)
▽脚本賞…田中陽造(「ヴィョンの妻〜桜桃とタンポポ〜」)
▽男優主演賞…松山ケンイチ(「ウルトラミラクルラブストーリー」)
▽女優主演賞…小西真奈美(「のんちゃんのり弁」)
▽男優助演賞…岸部一徳(「大阪ハムレット」)
▽女優助演賞…八千草薫(「ディア・ドクター」)
▽撮影賞…木村大作(「劔岳 点の記」)
▽美術賞…種田陽平、矢内京子(「ヴィョンの妻〜桜桃とタンポポ〜」)
▽音楽賞…蓮実重臣(「私は猫ストーカー」)
▽録音賞…石寺健一(「劔岳 点の記」)
▽技術賞…該当なし
▽ドキュメンタリー映画賞…「あんにょん由美香」
▽スポニチグランプリ新人賞…西島隆弘、満島ひかり(両名とも「愛のむきだし」)
▽外国映画ベストワン賞…「グラン・トリノ」
▽TSUTAYA映画ファン賞
 日本映画…「ROOKIES−卒業−」
 外国映画…「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」
▽アニメーション映画賞…「サマーウォーズ」
▽大藤信郎賞…「電信柱エレミの恋」(立体アニメ表現の完成度に対して)
▽田中絹代賞…高橋惠子
▽特別賞…故森繁久彌(俳優) 故水の江滝子(女優、映画プロデューサー)


 アカデミー賞とは毛色が違って、単館系の作品にもスポットが当てられている賞ですね。「沈まぬ太陽」と「劔岳 点の記」は確か日本アカデミー賞にもノミネートされているので、受賞に向けて弾みがついたのではないでしょうか。


 「愛のむきだし」は未見ですが、満島ひかりは別の映画で観て、いいなと思っていたので、やっと芽が出てよかったねぇ。


 後はドキュメンタリーで「あんにょん由美香」が受賞。今は亡き元AV女優・林由美香に関するドキュメンタリー。林由美香が亡くなる遠因を作った(といっては失礼だが)?快楽亭ブラック氏は、どう思っているのかなぁ(これについては気になる人は調べてね!)?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月19日 (火)

彼岸島

彼岸島
監督:金泰均
出演:石黒英雄、渡辺大、水川あさみ、山本耕史、弓削智久、瀧本美織、足立理、半田昌也、大村彩子 他


 《一部を除いてキャラクターに個性なし》


 激しいバトルシーン等のため映画化不可能といわれていたホラー漫画を、韓国映画「火山高」のキム・テギュン監督で実写映画化、日韓合作で描く映画です。


 原作は読んでないけど、まだ続いているらしいので、恐らく映画の方は一部オリジナル展開になっているのだと思いますが、もしそれであれば、主人公と悪ボス以外の設定が生かしきれてないなあと思いました。主人公中心のストーリー展開にしたせいもあってか、主人公の仲間たちの個性が殆ど殺されていて目立っていません。バンパイア(というより殆どゾンビ)を退治するために、各自それなりに武器を持っていったりするのですが、全く役にたちません、というより使ってないじゃん(笑)。ユキ(瀧本美織)なんかは「弓道部所属」なんだし武器として弓矢を持っていっているんだから、それでザコバンパイアを退治する場面があってもよさそうなのに、キャーキャー言ってるだけだし… 


 因みに大悪にあたる雅(みやび)を演じるのは山本耕史。これは漫画版のキャラクターを重視したのか?「トワイライト」といい、最近は悪役もイケメンが多いねぇ! そのほうがモダンな雰囲気が出るんだろうけど、吸血鬼っていったらやっぱりクリストファー・リーだとかクラウス・キンスキー、ごく最近だとゲーリー・オールドマンといった強烈な個性の持ち主を思い浮べる自分としては、もうちょっとインパクトのある人がやっているのを観たいんですが、今そんな俳優いないのかなぁ(嶋田久作あたりがやったら似合うと思うんだが…)。


私の評価…☆☆★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月16日 (土)

〔舞台〕シェルブールの雨傘

〔舞台〕シェルブールの雨傘
脚本・作詞:ジャック・ドゥミ
音楽:ミシェル・ルグラン
演出・振付:謝 珠栄
翻訳・訳詞:竜 真知子

出演:ギイ…井上芳雄、ジュヌヴィエーヴ…白羽ゆり、マドレーヌ…ANZA(大山アンザ)、エリーズ…出雲綾、カサール…岸田敏志、エムリー夫人…香寿たつき 他


 「シェルブールの雨傘」といえば、何といっても1964年に製作されたカトリーヌ・ドヌーブ主演によるミュージカル映画が有名ですが、今回はそれを殆ど忠実に舞台化したものの日本人キャスト公演版です(15日、大阪・シアターBRAVA!にて観劇)。


 日本では過去に松岡英明&小川範子(’97)、坂本昌行&藤谷美紀(’00)の共演で上演されています。


 “戦争が引き裂く愛”をテーマに、お馴染みのミシェル・ルグラン作曲によるあの物悲しくも美しい曲にのせて描かれる珠玉のミュージカル。運命に翻弄される2人には“ミュージカル界のプリンス”と呼ばれている井上芳雄と元宝塚娘役の白羽ゆりが扮します。この作品は全てのセリフが歌になっているので、ま、若干キャリアと歌唱力の差が見え隠れする部分はあるのですが、全体的に2人のバランスはとれているかなとは思いました。


 脇役でいいなと思ったのはANZA。僕は彼女が旧芸名(本名でもある)大山アンザの時から知っていて、旧芸名時代の彼女の代表作であるミュージカル「美少女戦士セーラームーン」(初代月野うさぎ=セーラームーン=プリンセス・セレニティー役)も、恥ずかしながら1人で観に行った事があるのですが(汗)、声がすごく伸びやかになっていました。さぞかし鍛えられたんでしょうね。


 ただ、僕は先にこの作品のオリジナル、つまり映画を前に観ているので、少々字余り気味の日本語訳詞はリズムを崩しがちで違和感あるのです。忠実な舞台化故仕方のない事なのですが、もう少しなんとかならなかったかなぁと思いました。


 今年はヒッチコックの「レベッカ」やフレッド・アステアのミュージカル映画「絹の靴下」など昔の映画を舞台化しそれを日本人キャストで上演するものがありますので、観に行けたらいいなぁと思っています。


私の評価…☆☆☆☆★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月10日 (日)

映画レイトン教授と永遠の歌姫

映画レイトン教授と永遠の歌姫
監督:橋本昌和
声の出演:レイトン教授…大泉洋、ルーク少年…堀北真希、ジェニス・カトレーン…水樹奈々、レミ・アルタワ…相武紗季、ジャン・デスコール…渡部篤郎、グロスキー警部…大塚芳忠、シュレーダー博士…納谷六朗、オズロ・ウィスラー…家弓家正、ミリーナ・ウィスラー…折笠富美子 他


(写真:チラシ2号目の表)


 《堀北真希だけはミスキャスト?》


 最初に断っておきますが、僕はこのゲームはやったことがありません(^o^; 昔はPCエン○ンとかセガサ○ーン、PC−FXなんていう、今じゃ絶滅した機種を持っていた(今だに持っている)のですが、それを最後にテレビゲームそのものを全くやらなくなったのです。


 なのでこの映画も元ネタがゲームであることはあまり考えずに映画として観て評価します。


 でもそうすると、かなり評価は落ちるんですよね。ストーリーも特に映画的なスケールとはちょっと言い難いし、何より正月映画っぽくはないですからね。メインキャストを本職の声優じゃない人で固めているのも、あまり好きじゃありません。


 ま、今回は声優が本職でなくとも声優の経験が少しはある人達がキャスティングされているので、タレント人気先行型で作られた映画じゃないとは言えますが、堀北真希だけはミスキャストだと思います。別にヘタと言っているのではなく、少年役というのがイメージも含めて合っていないんですよ、僕の中では(少年に扮した女子高生を演じられたことはあったけど)。


 それに、本作は“謎解きもの”であるにも関わらず、せっかく謎が出題されても観ている客に考える間を与えずレイトン教授があっさり正解を言ってしまうので、話が単調になりすぎて面白くない。


 ただ、ジェニス役の水樹奈々は、久々に歌も歌える、骨のある声優だなと思います。『紅白』出演を気にブレイクなるか!? 早速2月からのテレビ朝日系、日曜朝の人気アニメ・シリーズ最新作『ハートキャッチプリキュア!』の主役に抜擢されたということで、今後さらに人気が出るかもしれませんね!


私の評価…☆★

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年1月 9日 (土)

アバター 3D(字幕版)

アバター
監督:ジェームズ・キャメロン
出演:サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガーニー・ウィーバー、スティーブン・ラング、ミシェル・ロドリゲス、ジョヴァンニ・リビシ、ジョエル・デヴィッド・ムーア 他


(写真:実はアバターとネイティリの禁断の“合体”シーンがあるらしい。この後か?観に来る客の年齢層を考慮してカットされたのだが、DVDで復活するかもしれないとのこと。乞うご期待!)


 《新しい3D映画の“魅せ方”》


 今年最初の映画鑑賞です。


 「タイタニック」のジェームズ・キャメロンが、商業映画としては12年ぶりに監督した映画です。それだけの長い期間が空くと、「スターウォーズ エピソード1」の時のジョージ・ルーカスのように、腕が落ちるのが普通だと思うのですが、キャメロンは違いました。


 地球に棲みにくくなった(というよりは自分達でそんなふうにしてしまった)人間達が、ある未知の資源を求めて衛星“パンドラ”に目をつけ、そこに生息する知的生命体ナヴィ族を手懐けるために、人間とナヴィのDNAを遺伝子操作によって合成させた“アバター”を、特殊装置を使って意識をリンクさせた人間が操作し、ナヴィ族の中に溶け込むことによって目的(というか野望)を達成しようとします。


 と、いうことで表向きは百数十年後の未来を舞台にしたSFアクションですが、“先住民”を敵とみなしている点では、これはかたちを変えた西部劇だなという感じがしました。


 そして、これは監督の策略なのかもしれませんが、最初は気色悪い青色の生物にしか見えないナヴィ族族長の娘ネイティリ(そりゃそうだ。いくら本物の役者の動きを取り入れているとはいえ、画面上で動いているのはモーション・キャプチャーで作り出されたキャラクターである。人間ではない。)が、作品のテーマである自然破壊と人間のエゴが明確に示される中盤以降はすごく愛しく魅力的になっていきます。本作は3D映画でありながら、物が極端に前に飛び出す演出はなく、奥行をだすことによって逆に、観ている自分があたかもパンドラの世界に入って、物語を体感している感覚になるのを狙った映画です。ストーリーは違うのですが似たようなテーマで描かれたジブリアニメ『もののけ姫』にちょっと似ているような気がしました。


 最後の方でナヴィが知らないはずのものをさわらせて話を無理矢理ハッピーに終わらせているのでその点が減点というところかな。キャメロン監督の映画ではお馴染みの、“何度攻撃してもくたばらない”しつっこい悪役キャラは今回も健在(^-^) 最後までハラハラさせてくれますよ。


私の評価…☆☆☆☆★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 1日 (金)

2009年観て良かった映画〈洋画編〉

続いて洋画です


 ・Disney'sクリスマス・キャロル
 ・ウォーリー
 ・スラムドッグ$ミリオネア
 ・ティンカーベル(1作目)
 ・モンスターVSエイリアン
 ・007/慰めの報酬
 ・レッド・クリフ
 ・男と女の不都合な真実
 ・96時間
 ・ナイト・ミュージアム2


 こちらもアニメ多いです。でも、その場その場では笑えたり感動しても、後に残らないものが多くなってしまったのは、ちょっと残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年観て良かった映画10本〈邦画編〉

 今年もよろしくお願いします

 まだ、今年に入り1本も観ていないので、個人的に去年観て良かったなぁと思ったのを10本づつ選んでみました。まずは邦画から


 ・沈まぬ太陽
 ・誰も守ってくれない
 ・ヤッターマン(実写版)
 ・ヱヴァンゲリヲン・破
 ・マクロスF 前編 イツワリノウタヒメ
 ・サマーウォーズ
 ・名探偵コナン
 ・おっぱいバレー
 ・プライド
 ・K−20 怪人二十面相・改


 あまり、順位付けをしたくないので、こういう書き方をしましたが、アニメが多いなぁ(笑)。でも、やっぱり「沈まぬ太陽」だけは、ダントツの評価です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »