« アバター 3D(字幕版) | トップページ | 〔舞台〕シェルブールの雨傘 »

2010年1月10日 (日)

映画レイトン教授と永遠の歌姫

映画レイトン教授と永遠の歌姫
監督:橋本昌和
声の出演:レイトン教授…大泉洋、ルーク少年…堀北真希、ジェニス・カトレーン…水樹奈々、レミ・アルタワ…相武紗季、ジャン・デスコール…渡部篤郎、グロスキー警部…大塚芳忠、シュレーダー博士…納谷六朗、オズロ・ウィスラー…家弓家正、ミリーナ・ウィスラー…折笠富美子 他


(写真:チラシ2号目の表)


 《堀北真希だけはミスキャスト?》


 最初に断っておきますが、僕はこのゲームはやったことがありません(^o^; 昔はPCエン○ンとかセガサ○ーン、PC−FXなんていう、今じゃ絶滅した機種を持っていた(今だに持っている)のですが、それを最後にテレビゲームそのものを全くやらなくなったのです。


 なのでこの映画も元ネタがゲームであることはあまり考えずに映画として観て評価します。


 でもそうすると、かなり評価は落ちるんですよね。ストーリーも特に映画的なスケールとはちょっと言い難いし、何より正月映画っぽくはないですからね。メインキャストを本職の声優じゃない人で固めているのも、あまり好きじゃありません。


 ま、今回は声優が本職でなくとも声優の経験が少しはある人達がキャスティングされているので、タレント人気先行型で作られた映画じゃないとは言えますが、堀北真希だけはミスキャストだと思います。別にヘタと言っているのではなく、少年役というのがイメージも含めて合っていないんですよ、僕の中では(少年に扮した女子高生を演じられたことはあったけど)。


 それに、本作は“謎解きもの”であるにも関わらず、せっかく謎が出題されても観ている客に考える間を与えずレイトン教授があっさり正解を言ってしまうので、話が単調になりすぎて面白くない。


 ただ、ジェニス役の水樹奈々は、久々に歌も歌える、骨のある声優だなと思います。『紅白』出演を気にブレイクなるか!? 早速2月からのテレビ朝日系、日曜朝の人気アニメ・シリーズ最新作『ハートキャッチプリキュア!』の主役に抜擢されたということで、今後さらに人気が出るかもしれませんね!


私の評価…☆★

|

« アバター 3D(字幕版) | トップページ | 〔舞台〕シェルブールの雨傘 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画レイトン教授と永遠の歌姫:

» 水樹 奈々 CD DVD 通販 [水樹 奈々]
水樹 奈々について詳しく説明してあります♪ [続きを読む]

受信: 2010年1月10日 (日) 15時57分

« アバター 3D(字幕版) | トップページ | 〔舞台〕シェルブールの雨傘 »