« バレンタインデー | トップページ | 〈午前十時の映画祭〉裏窓 »

2010年2月21日 (日)

抱擁のかけら

抱擁のかけら
監督:ペドロ・アルモドバル
出演:ペネロペ・クルス、ルイス・オマール、ブランカ・ポルティージョ、ホセ・ルイス・ゴメス、ルーベン・オチャンディアーノ、タマル・ノバス 他


 《様々な愛のかたち》


 この監督の映画って僕は「ボルベール 帰郷」ぐらいしか観たことないので、映画の中の監督らしい部分っていうのがイマイチ分かりづらいのだが、確かにこの映画もそんなに難解ではない。だが、この監督が同性愛者であるが故に独特な感性で描いているため、自分も含めて“異性愛”の人から観ると、ちょっと違和感の残る部分があるのは否めない。


 確かに“異性愛”の人も楽しめるようにいろんな“愛”のかたちを描いているが、それ自体が特に目新しいものではなく、特に盛り上がるところもクライマックスのほんの一瞬を除いて無いに等しいので、久々に映画の途中でうっかり居眠りしそうになった。同じ回の上映を観た他の人たちも、上映後、首を傾げながら出ていく人が多かった。劇中劇として作られた映画とは裏腹に、邦題も内容にそぐわないしこの映画自体はつまらないものになった。


 ただ、ペネロペ・クルスは魅力的。ハリウッド作出演時と違ってのびのびとやっている感じがあるし、相変わらず脱ぎっぷりもいい(笑)。ペネロペファン向けという感じ。


私の評価…☆☆

|

« バレンタインデー | トップページ | 〈午前十時の映画祭〉裏窓 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 抱擁のかけら:

« バレンタインデー | トップページ | 〈午前十時の映画祭〉裏窓 »