« いばらの王 | トップページ | 劇場版TRICK3 霊能力者バトルロイヤル »

2010年5月10日 (月)

17歳の肖像

17歳の肖像
監督:ロネ・シェルフィグ
出演:キャリー・マリガン、ピーター・サースガード、アルフレッド・モリーナ、ロザムンド・パイク、エマ・トンプソン 他


 《酸いも甘いも経験し、少女は大人へと成長していく》


 この映画が初主演となるキャリー・マリガンが、そのキュートなルックスと演技でアカデミー賞にノミネートされた話題作。ちなみにこれはある女性ジャーナリストの実体験がモデルとなっており、キャリーは撮影当時すでに23歳。さすがにアップショットで観ると17歳には見えないが、見事に17歳の高校生を演じきっている。


 映画は1961年のイギリスが舞台。ある中流階級の家庭に生まれ育った娘・ジェニーが主人公。まぁ身分がどうであれ高校生といえば、どうしても大人の世界へと背伸びしたくなるお年頃。オックスフォード大学入りを目指すためにチェロを習い、勉強のために高校に通う退屈な毎日。ある日、自分の年齢の倍ほども違う男に出会った事がきっかけで、人生の歯車が少しずつ狂っていく。


 一見、人がよさそうに見えるこの男、実はあるとんでもない秘密を隠している。人って見かけで判断しちゃダメですね。確かにこの男のおかげでジェニーは美しくなる。けど、この“秘密”のおかげでジェニーの気持ちをドン底に叩き落とすことになる。全編にかかるどこかノスタルジックなジャズ等の音楽が素晴らしく良く、印象的だ。


 そしてこの映画にはドッグレースの場面やジェニーが「ティファニーで朝食を」風のファッションを見せるなど、多分にオードリー・ヘップバーンを意識したような部分が随所に見られるが、つい先頃、そのヘップバーンの代表作である映画版「マイ・フェア・レディー」のリメイクで主人公イライザ役に正式決定(しかも脚本が本作にも出演しているエマ・トンプソン!)したようだ。若くしてアカデミー賞などに選ばれると、それをきっかけにキャリアを潰される人も多いので、彼女にはそうなってもらいたくないところだが、さあどう出るか、これからが楽しみな女優である。


私の評価…☆☆☆☆

|

« いばらの王 | トップページ | 劇場版TRICK3 霊能力者バトルロイヤル »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 17歳の肖像:

« いばらの王 | トップページ | 劇場版TRICK3 霊能力者バトルロイヤル »