« ブログパーツが元に戻る | トップページ | 〈午前十時の映画祭〉ローマの休日 »

2010年5月30日 (日)

プリンス・オブ・ペルシャ(字幕版)

プリンス・オブ・ペルシャ(字)
監督:マイク・ニューウェル
出演:ジェイク・ギレンホール、ジェマ・アータートン、ベン・キングズレー、アルフレッド・モリナ、スティーヴ・トゥーサント、トビー・ケベル、リチャード・コイル、ロナルド・ピックアップ、リース・リッチー 他


 《陸上版「パイレーツ・オブ・カリビアン」》


 この映画の元ネタはアメリカで人気のアクションアドベンチャーゲームで、日本でもプレステ2やXbox用ゲームソフトとして発売されているものである。そして、「パイレーツ・オブ・カリビアン」の製作チームが参加しているので、海と陸で舞台こそ違うが、最近この手のアクションものでよく見かけるようになったパルクールを含む激しいアクションがふんだんに盛り込まれていて、いかにもディズニー映画らしい、楽しい映画に仕上がっている。


 ただ、RPGのような長いストーリーのゲームを1本で完結させようとして作っているせいか、話のテンポはいいのだが、その分些か単調気味。何日もかけて解くゲームを2時間弱で見させられているようなものだから、余韻なんて何も残らない。まぁ、ブラッカイマーの映画なんて、大抵そうなんだけど。


 キャストも「パイレーツ〜」と比べると少し劣化した。ベン・キングズレーだけはさすがアカデミー賞俳優(「ガンジー」)って感じだが、あとは豪華キャストだった「パイレーツ〜」と比べて地味だ。ジェマ・アータートンは今まで「007/慰めの報酬」では途中で全身に油を塗られて殺される役だったり、リメイク版「タイタンの戦い」でもヒロインながら目立たなかったりと、損な役回りが多かったが、本作では勝気なお姫さまを好演。少し高めの声質もピッタリだ。


 実はこの映画、本国アメリカとは同日公開である。このためヒットしているのかどうかは現時点では分からないが、ゲームの方はシリーズ化しているので、映画の方も当たればシリーズ化が望まれるところだろう。もしシリーズ化となれば同じキャストでやってほしいね。


私の評価…☆☆☆

|

« ブログパーツが元に戻る | トップページ | 〈午前十時の映画祭〉ローマの休日 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プリンス・オブ・ペルシャ(字幕版):

« ブログパーツが元に戻る | トップページ | 〈午前十時の映画祭〉ローマの休日 »