« 書道ガールズ!! わたしたちの甲子園 | トップページ | ブログパーツが元に戻る »

2010年5月28日 (金)

T・ジョイ京都へ、行ってみた

 昨日から京都駅八条口南西側にオープンしているイオンモール京都。その5階にある映画館「T・ジョイ京都」に行ってみた。


 エレベーターで上がると目の前にチラシ置場があり、これから公開される作品のチラシが結構たくさんおいてある。ただTOHOシネマズ二条やMOVIX京都に比べると、ちょっと地味(笑)。映画館全体は、最近の映画館によくみられる黒を基調とした落ち着いた空間。チケットカウンターが3台とちょっと少ないが、いくつかあるオンライン用の端末が現金決済可能なのを活用するかたちで、混雑時はそのうちの1台を当日予約用に使うことになっているらしい。カウンターで座席を取る時、カウンターの端末画面に残席が表示される仕組みになっていて、ある程度の条件を係員に言えば、あとは自分でピンポイント指定ができる。これって、好きな席を自分で選べるメリットはあるが、逆にどの席を選ぶか迷う人も出てくるだろうなぁ。混んでいる時の対応が見たいものですね。


 次にドリンクは、何と受け渡しが「スタバ形式」!映画館でこのかたちを見たのは初めてである。っつーか注文する場所と受け渡し場所をわざわざ分ける必要があるのだろうか? しかもそれぞれ1か所だけ。空いている時ならまだいいが、混んでいる時は煩わしいだけだと思うんだが… 


 シアターの中も黒を基調としたデザイン。昨今の映画館はそれが主流なのでそれはいい。今回は「プリンス・オブ・ペルシャ」の字幕版を観たんだが、椅子の材質のせいなのか、映画館の構造上の問題なのか、座る場所によって、前の座席の背中後方部分に映写機の光が反射して、フィルムを裏から写したような映像が写りこんでいる(笑)! 明るい場面だとそれほど目立たないが、暗い場面やエンドロールでは思いっきりちらついて目障りである。この辺は速急に対処してもらいたいところだ。


 トイレは台数こそさほど多くはないが、それでもTOHOシネマズ二条やMOVIX京都に比べればはるかにマシ。このくらいあれば、OTSU7シネマのように無駄に多くなく、かといってTOHOシネマズ二条のように行列ができるほど混雑することは、まずない。


 シニアや学生以外の一般客は、他の映画館と比べると割引制度が乏しいし、TOHOシネマズ二条やMOVIX京都と上映作品が結構重複しているので、よほど観たい映画をやっていない限り、行く事はないかもしれないが、これで他の映画館も含めて大阪並みに上映作品が増えてくれれば嬉しいんだけどね。さて、どうなりますやら。

|

« 書道ガールズ!! わたしたちの甲子園 | トップページ | ブログパーツが元に戻る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548736/48482585

この記事へのトラックバック一覧です: T・ジョイ京都へ、行ってみた:

« 書道ガールズ!! わたしたちの甲子園 | トップページ | ブログパーツが元に戻る »