« FLOWERS | トップページ | 〈午前十時の映画祭〉ウエストサイド物語 »

2010年6月22日 (火)

サバイバル・オブ・ザ・デッド

サバイバル・オブ・ザ・デッド
監督:ジョージ・A・ロメロ
出演:アラン・ヴァン・スプラング、ケネス・ウエルシュ、デヴォン・ボスティク、リチャード・フィッツパトリック 他


 《「バイオハザード」の影響? 巨匠のゾンビにも少々変化が》


 ゾンビ映画の巨匠ジョージ・A・ロメロ監督の「ダイアリー・オブ・ザ・デッド」の続編という事だが、前作の設定より6日後で、生き残りキャラが出ているというだけで、話としては完全に別物となっているため、前作を観ていなくても一応楽しめるようにできている。ただ、そういった関係で今回は何のきっかけもなくゾンビが出現し、前作の回想も1分程度で簡潔に語られるだけなので、より作品を楽しみたい人は、前作を観てからこれを観た方がいいだろう。


 さて、昨今のゾンビ映画といえば、「28日後…」や「バイオハザード」シリーズなどのようにやたらと走り回る奴やある程度の知能を待った奴など、進化したゾンビが描かれる事が多いのだが、元祖ロメロ版ゾンビはいたって鈍いのが特徴。本作でもそれは踏襲されていて、集団で“うぁ〜”と声をあげながらノロノロと襲ってくる姿は、どことなくユーモラスなのだが、さすがのロメロ監督も「バイオハザード」に影響されたのか? 「バイオハザード」と比べれば他愛ないが知能を身につけたゾンビが登場し、「バイオハザード3」よりも原始的な方法でゾンビを調教しようとするオッサンまで出てくる。


 この手の映画のお約束通り人間キャラは、主人公と準主役は残して殆どゾンビの餌食となり死ぬかゾンビ化するのだが、根本的な解決無しで、主人公含む傭兵達が島から引き揚げるからラストはいったいどうなるのかと思ったら、なるほどそうきたか。啀み合いや恨みというものは、恐ろしい! ゾンビなんて醜いのは外見だけ。本当に醜いのは人間の心。ロメロ監督がゾンビ映画を通して一貫して伝えているメッセージが、今作にもちゃんと描かれていた。


私の評価…☆☆☆

|

« FLOWERS | トップページ | 〈午前十時の映画祭〉ウエストサイド物語 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サバイバル・オブ・ザ・デッド:

« FLOWERS | トップページ | 〈午前十時の映画祭〉ウエストサイド物語 »