« 今敏監督、膵臓ガンで死去 | トップページ | ルー=ガルー »

2010年8月31日 (火)

〈午前十時の映画祭〉ブリット

〈午前十時の映画祭〉ブリット
監督:ピーター・イェーツ
出演:スティーブ・マックイーン、ロバート・ヴォーン、ジャクリーン・ビセット、ドン・ゴードン、ロバート・デュヴァル、サイモン・オークランド、ノーマン・フェル、ジョーグ・スタンフォード・ブラウン、ジャスティン・タール 他


 《後の刑事もの映画を変えた、エポック・メイキング作》


 型破りな刑事と言えば、「ダーティー・ハリー」シリーズのハリー・キャラハン刑事や、「フレンチ・コネクション」シリーズのポパイ刑事を思い浮べる人も多いと思うが、そういった映画が作られるきっかけとなった映画が、この「ブリット」である(こういうタイプの元祖と呼ばれる映画はもっと古くからあるらしいのだが)。


 やっぱりどの出演作でもマックイーンは格好いい。実は彼は生きていれば今年80歳。50歳で肺癌(正確には中皮腫)で亡くなっているので今年は没後30年にあたる。同い年となるクリント・イーストウッドの活躍を見ていると、マックイーンも生きていれば、渋い俳優になっていただろうなぁと、親父と同じ道を歩む息子の姿を見てもそう思う。


 ラロ・シフリンによる音楽も、いかにもなサイケデリックさで好き。つい最近までフジテレビ系「すぽると」の番組内BGMとして使われていたので、聴いたことあるという人も多いと思うが、ちょっと「ルパン三世」っぽい(笑)。たぶん「ルパン〜」がコレをイメージしたのかな。


 そんな格好いい映画、マックイーン自身が危険なアクションも殆ど自分でこなしているという点でも、ホントにリアリティー溢れる快作なのだが、その映画史を変えるきっかけとなった、サンフランシスコの坂を利用した、猛スピードによる車のチェイスが、よく見るとちょっと変。逃げる殺し屋の車と追うマックイーンの車の壮絶な場面は、同じ道を4回も周回しているのだ。巧みな編集によって一見分からないようにはなっているが、結果マックイーンの車は4度殺し屋の車を追い抜いているようにも見えてしまう。それだけではない、殺し屋の車は走行中にタイヤのホイール(カバーかな?)が外れている。車のことはよく分からないが、あれでよく走れたものだと思った。


 まぁそんなアラ探しもできてしまう本作だが、前述の刑事もの映画の他に現在の「ジェイソン・ボーン」シリーズなどに通ずるカーアクション映画へのエポック・メイキングとなったのも事実。マックイーン好きな人にも、車好きな人にもお薦めの映画だ。


私の評価…☆☆☆☆★

|

« 今敏監督、膵臓ガンで死去 | トップページ | ルー=ガルー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〈午前十時の映画祭〉ブリット:

« 今敏監督、膵臓ガンで死去 | トップページ | ルー=ガルー »