« 白夜行 (試写会) | トップページ | ナタリー・ポートマン結婚&妊娠! »

2010年12月29日 (水)

〔舞台〕ジャンヌ・ダルク

〔舞台〕ジャンヌ・ダルク
演出:白井晃
脚本:中島かずき(劇団☆新感線)
音楽:三宅純
出演:堀北真希、石黒英雄、山口馬木也、柴本幸、塩谷瞬、高杉真宙、青木健、上杉祥三、春海四方、田山涼成、六平直政、浅野温子、西岡徳馬、伊藤英明 他


 《堀北ジャンヌが抜群にいい、中島かずきらしい賑やかな史劇》


 今年たぶん最後の映画・演劇鑑賞。


 堀北真希って特別好きってわけでもないけど、何か自分にとって気になる女優みたい。全部ではないが映画は舞台挨拶の回に観た「着信ありFinal」ぐらいから結構観ているし、TVドラマもいくつか観ている。


 そんな彼女の舞台演劇初主演作がこれ。今までイングリット・バーグマンやミラ・ジョヴォヴィッチが映画で演じた女傑ジャンヌ・ダルクを、この舞台では彼女が演じている。ジャンヌ・ダルクって本来は凛々しい役柄だと思うのだが、堀北ジャンヌはやっぱり可愛い。フランス国王シャルル7世役の伊藤英明はセリフ棒読み気味でミスキャストである。王様にしては威厳がなく軽すぎる感がしたのだが、史実を調べてみると、このシャルル7世は本来権力争いで王の座につくはずではなかったところ、ジャンヌ・ダルクのツルの一声的“神のお告げ”で王になったのだとか。ジャンヌ・ダルクの出生については諸説ある中、本作では王家の私生児(つまりシャルル7世の異父妹)説を採用しており、そう考えると処刑される寸前のジャンヌに使いを送り助けようとする場面等に深いものを感じる。


 他にも約100人の役者が舞台から客席横の通路まで縦横無尽に駆け回る、合戦シーンの演出は見事! 脚本が劇団☆新感線の中島かずきなので、来年あたり映画館での「ゲキ×シネ」でやってくれたら、また観に行こうかな。


私の評価…☆☆☆☆

|

« 白夜行 (試写会) | トップページ | ナタリー・ポートマン結婚&妊娠! »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔舞台〕ジャンヌ・ダルク:

« 白夜行 (試写会) | トップページ | ナタリー・ポートマン結婚&妊娠! »