« これでいいのだ!! 映画・赤塚不二夫 | トップページ | 〈午前十時の映画祭〉ザッツ・エンターテイメント »

2011年5月 6日 (金)

阪急電車 〜片道15分の奇跡〜

阪急電車 〜片道15<br />
 分の奇跡〜
監督:三宅喜重
出演:中谷美紀、戸田恵梨香、南果歩、谷村美月、芦田愛菜、勝地涼、小柳友、相武紗季(友情出演)、鈴木亮平(友情出演)、大杉漣(特別出演)、安めぐみ、菊地均也、黒川芽以、森田涼花、高須瑠香、高橋努、玉山鉄二、宮本信子 他


 《関西のオバチャンはあそこまでマナーが悪いのか(笑)》


 関西の私鉄・阪急電車のローカル線、今津線沿線を舞台に、さまざまな物語が展開される群像コメディー。キャストの殆どが関西出身の俳優で固められた。


 かたちとしては、数あるエピソードの中で、前半は中谷美紀扮する、婚約者に裏切られた女性の話、後半は恋人のDVに耐える戸田恵梨香扮する女性の話がメインとなり、その他さまざまなエピソードを宮本信子と芦田愛菜が扮するお婆ちゃんと孫娘が繋いでいくという構成になっている。


 それぞれが女性主役の話になってはいるが、男性も感情移入しやすくできているのがいい。一応コメディーというかたちをとっているが、“裏テーマ”は困難や差別・いじめに立ち向かっていく人間の勇気であり、各エピソードのヒロイン達を観ていると、こちらも元気が出てくる。


 物語を明るくさせているのは、もう1つ。それは南果歩のエピソードに出てくる関西のオバチャン集団。この人たちが出てくる場面はそれだけで「マナーCM」が数本作れるほど面白い。まぁ、いくらなんでも後から来る仲間のために、座席に荷物を投げ置いて確保しておくといった、あそこまでマナーの悪い人はいないと思うが、でもいそうだなと思わせる雰囲気が出ていて笑える。宮本信子に注意されても悪態をつく姿… 全国に“あれが関西のオバチャンや”と思われてもねぇ(笑)。全体的にはホノボノと笑える良作。癒されるよ。


私の評価…☆☆☆☆

|

« これでいいのだ!! 映画・赤塚不二夫 | トップページ | 〈午前十時の映画祭〉ザッツ・エンターテイメント »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 阪急電車 〜片道15分の奇跡〜:

« これでいいのだ!! 映画・赤塚不二夫 | トップページ | 〈午前十時の映画祭〉ザッツ・エンターテイメント »