« 少女たちの羅針盤 | トップページ | アジャストメント »

2011年5月31日 (火)

プリンセス トヨトミ

プリンセス トヨトミ
プリンセス トヨトミ
監督:鈴木雅之
出演:堤真一、綾瀬はるか、岡田将生、森永悠希、沢木ルカ、笹野高史、和久井映見、中井貴一、宇梶剛士、甲本雅裕、合田雅吏、村松利史、おかやまはじめ、ト字たかお、菊地桃子、平田満、江守徹、宅間孝行(カメオ出演)、玉木宏(カメオ出演)、山本浩之、村西利恵、林弘典(以上3名、関西テレビアナウンサー) 他


 《歴史好きでなくても、気軽に楽しめる》


 人気作家・万城目学の小説を映画化。同じ原作者の作品でTVドラマ化された「鹿男あをによし」とは、一部世界観を共有している。今回はこのTVドラマ版のスタッフが製作しているため、「鹿男〜」のメインキャラで「プリンセス〜」にも少しだけ登場する南場役の宅間孝行が、ほんの一瞬だけ出演しているし、「鹿男〜」の主役だった玉木宏もチョイ役で出演している。お2人とも結構笑える出方をされるので、見つけてください。


 さてこの映画、予告編から歴史上の人物と関係の深い謎解きがある映画なのかなと思って観たら、特にそうでもない。まぁ、主要人物の名前が歴史上の人物を想定させるのは確かなので、関連を考えると面白いかなと思わせる程度である。「大阪国総理大臣」に、今の日本という国がどうあるべきかという事を示されているという向きもあるようだが、別にそんな深い事を考える必要はなく、気軽に楽しめる映画だった。


 特にいい味出しているのが、鳥居忠子役の綾瀬はるか。原作では男なので、映画版での“性転換”は、原作ファンには違和感がある人も多いだろう。ただ、製作側がこの女優の天然キャラっぷりを意図的に活かそうとしたのならば、それは大成功というかたちで出ている。サスペンスフル且つパラレルなファンタジー世界のなかで、彼女はほんの一瞬だけでも現実に引き戻してくれる存在。もしかして究極の“癒し系”なのだろうか? 絶妙なタイミングでトボけてくれるので、可笑しくてたまらない。


 ちなみに、舞台となる季節が原作ではちょうど今時分なのだが、映画では7月の暑い盛りとなっている。一部で“隠れ巨乳”等と言われている綾瀬はるかが薄着、それも結構ピッチリした服で走るシーンが、やたらと多いような気がするのだが、これも意図的なんですかねぇ?


私の評価…☆☆☆☆

|

« 少女たちの羅針盤 | トップページ | アジャストメント »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プリンセス トヨトミ:

« 少女たちの羅針盤 | トップページ | アジャストメント »