« 〈午前十時の映画祭〉ザッツ・エンターテイメント | トップページ | 星を追う子ども »

2011年5月 9日 (月)

岳 〜ガク〜

岳 〜ガク〜
監督:片山修
出演:小栗旬、長澤まさみ、佐々木蔵之介、石田卓也、矢柴俊博、やべきょうすけ、浜田学、鈴之助、尾上寛之、森廉、ベンガル、宇梶剛士、光石研、中越典子、石黒賢、市毛良枝、渡部篤郎 他


 《○○と○○○は山で捨ててはいけない》


 本作は昨今はやり(?)の人気漫画原作の実写映画化である。原作漫画「岳 みんなの山」は読んだことが無いのだが、どうせ漫画と実写はイメージが違いすぎるのが常だし、あえてそうする方が面白い場合もあるので、先入観なしで観ることにした。


 結果、それは大正解。映画と漫画は別物として観た方が、この場合はいい。映画や漫画を貶しているわけではない。確かに映画版は人間ドラマとしてはあまりドラマチックという程でもなく、少々物足りなさは感じるが、山岳映画としての映像表現は北アルプスの山々を俯瞰ショットで捉えたり吹雪や雪崩、役者たちの登山やロッククライミング、そしてもちろんこの映画のテーマである山岳救助の場面をほぼスタント無しで現実の山でロケしたりと、申し分なく楽しませてくれた。


 ただ、今回は恐らく原作の最初の数巻分だけを抜き出しての映像化なのだろう。“山バカ”な主人公と、親父の後を追うかたちで山岳救助隊に編入したヒロイン、ヒロインの父が隊長だった頃を知る現隊長を中心に物語が進むという事もあってか、他の隊員が活動する場面が殆ど無いといっていいくらい少ない。救助される側の人物描写も父を失う男の子以外は薄っぺら。さすがにこれでは救助隊のドラマではなくメインキャスト3人のドラマだ。長澤まさみがいつものこの人のイメージとはちょっと違う演技をしているのは、僕的には好感なのだけど。


 原作はまだ続いているようだから、続編作れるなら映画でもTVでもいいから作ってほしい気もするが、その時は他の隊員の活躍も描いてほしい。


 最後にこの映画のテーマの1つ。山では絶対捨てちゃいけない○○と○○○。○○○は山でなくても絶対に捨てちゃダメだよ! 諦めず頑張って生きろ!


私の評価…☆☆☆★

|

« 〈午前十時の映画祭〉ザッツ・エンターテイメント | トップページ | 星を追う子ども »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岳 〜ガク〜:

« 〈午前十時の映画祭〉ザッツ・エンターテイメント | トップページ | 星を追う子ども »