« 〈午前十時の映画祭〉フレンチ・コネクション | トップページ | グリーン・ランタン 3D »

2011年9月15日 (木)

ピラニア 3D

ピラニア 3D
監督:アレクサンドル・アジャ
出演(吹替版声優):エリザベス・シュー(三石琴乃)、アダム・スコット(小山力也)、ジェリー・オコンネル(東地宏樹)、ヴィング・レイムス(出川哲朗)、ジェシカ・ゾア(坂本真綾)、スティーブン・R・マックイーン(櫻井孝宏)、ケリー・ブルック(白石涼子)、ブルックリン・ブルー(釘宮理恵)、セイジ・ライアン(田村ゆかり)、イーライ・ロス(勝杏里)、クリストファー・ロイド(穂積隆信)、リチャード・ドレイファス(柴田秀勝) 他


 《エロ、グロ、低俗、でもこんな映画はそれでイイ!》


 このタイトル聞いて最初は、同名映画シリーズの3作目と3Dを引っ掛けているのかな? と思ったんだが、実はオリジナル版旧シリーズ(なぜこう書くかは後述)1作目の3Dリメイクである。


 オリジナル版の1作目はスピルバーグ監督の「JAWS」が製作されヒットした後、粗製乱造された二番煎じ映画の1つで、唯一スピルバーグに褒められた映画。それなりにヒットしたのか、ピラニアの設定を軍が極秘に開発した殺人ロボットに変えた続編(日本公開時の邦題は「殺人魚フライングキラー」)が作られた。実はその続編を監督したのが、今やヒットメーカーとなったジェームズ・キャメロンなのだが、彼はこの時自分が編集したフィルムに、後から勝手にエロ場面を挿入された事を不快に思っているようで(当たり前だろうが)、今回の3Dリメイク版にも批判的なコメントを出している。


 さて肝心の映画の中身はというと、ホラー映画なのにおバカ度が高く、怖さよりも笑える要素いっぱいの、結構面白い映画になっている。オリジナル版が製作されたのは1970年代の末期なのだが、このリメイク版もオープニングから何となくではあるが'70年代っぽい雰囲気が漂ってくるのだ。


 メインキャストの中で大人の役は'80年代に作られたSF映画の俳優で固めたのも、昔からの映画ファンの心を擽る演出である。例えばオープニングで見事にピラニアの餌食となるお爺さんは「JAWS」のリチャード・ドレイファスが、何と「JAWS」の時に着ていた衣裳をそのまま着用して出ているし、主演のエリザベス・シューは「バック・トゥ・ザ・フューチャー2&3」で主人公マーティの恋人を演じていた(「1」の時の女優が妊娠し降板したための代役出演)。そしてクリストファー・ロイドは言わずと知れた「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズのドク役だし、ジェリー・オコンネルといえば「スタンド・バイ・ミー」の子役俳優だった。そして、スティーブン・R・マックイーンは名前からご察しの通りスティーブ・マックィーンの孫である。


 この映画の監督はグロ映画を得意としているようで、この映画もエログロのオンパレード。普通この手の映画はエロはつきもので、大体そういうヤリまくりの浮かれた連中はすぐに殺されるのだが、今回要となる集団は船の中でAV撮影に夢中な連中なので、最後まで男性ファンにとってはムフフな場面が拝める仕組み。おねーさま達がスッポンポン(なぜか大事な部分はCG処理)で泳ぐシーンがあったりサービス満点。だが、そんな奴らが一斉にピラニアの餌食になるクライマックスが、残酷を通り越して爽快(笑)。切れたヨットのワイヤーで美女は真っ二つに裂かれるわ、せっかく助かったに思えた女はピラニアに噛られた胴が弱くなってて男2人に引っ張り上げられた瞬間、真っ二つに引き裂かれるわ、暴走モーターボートは溺れかけている人を次々と撥ねていき、モーターに女性の髪の毛が引っ掛かると、頭皮ごと無理矢理引っ剥がして難を逃れるという、グロ画像の連続は、ここまでやってくれるとあり得なさ過ぎて笑えてしまう。そんな事だから、海面にはぶつ切りにされたオッ
パイや男性のシンボルがいっぱいで、なおかつ3D映像で迫ってくる(笑)。もはや悪趣味としか言いようがない映画であった。


 なお、この映画ラストで博士が意味深なセリフを言うので、どうなるのかなと思っていたら最後にこんな告知が。


 「ピラニア3DD 2012年1月公開」


 おお! 続編作ってたのか! ウィキペディア(英語版)によると監督など一部スタッフおよびキャストは変わっているが、クリストファー・ロイドは引き続き出演、他に「ナイトライダー」のデビット・ハッセルホフなんかが出演するらしい。よし、観に行くの決定(笑)!


 ちなみにこの映画、殆どの映画館で上映が今日か明日までなので、観られない方はDVD or Blu-rayでどうぞ。


私の評価…☆☆☆

|

« 〈午前十時の映画祭〉フレンチ・コネクション | トップページ | グリーン・ランタン 3D »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピラニア 3D:

« 〈午前十時の映画祭〉フレンチ・コネクション | トップページ | グリーン・ランタン 3D »