« カウボーイ&エイリアン | トップページ | スクリーム4 ネクスト・ジェネレーション »

2011年11月 1日 (火)

三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船

三銃士
三銃士
監督:ポール・W・S・アンダーソン
出演(吹替版声優):ローガン・ラーマン(溝端淳平)、マシュー・マクファディン(東地宏樹)、レイ・スティーヴンソン(立木文彦)、ルーク・エヴァンス(津田健次郎)、オーランド・ブルーム(中村悠一)、ミラ・ジョヴォヴィッチ(檀れい)、クリストフ・ヴァルツ(小川真司)、マッツ・ミケルセン(西凛太朗)、ジュノー・テンプル(伊勢茉莉也)、フレディ・フォックス(木村良平)、ガブリエラ・ワイルド(遠藤綾)、ティル・シュヴァイガー(栗野史浩)、ジェームス・コーデン(高戸靖広) 他


 《デジタル3Dを熟知した監督はやはり3Dで観て面白い映画を作る》


 何度も映画化されているアレクサンドル・デュマの小説を、オリジナル要素も加えて今度は3D映画にしたもの。「バイオハザード」の監督ということで、監督の奥様ミラ・ジョヴォヴィッチが悪女ミレディ役を好演している。オーランド・ブルームが初めて悪役を演じるのも話題だ。


 17世紀のフランス。銃士に憧れパリに上京してきた、気が強くて無鉄砲な青年ダルタニアン(ローガン・ラーマン)。念願叶って最強の三銃士の仲間に入った彼は、影の権力者リシュリュー枢機卿(クリストフ・ヴァルツ)の裏切りによって奪われたフランス王妃の首飾りを取り戻すため、イギリスへと向かう。しかしそこには、王妃との「秘密」を握るイギリスの貴族バッキンガム公爵(オーランド・ブルーム)と、正体不明の美女ミレディ(ミラ・ジョヴォヴィッチ)の黒い影が立ちはだかり、ダルタニアンと三銃士は史上最強の敵との決戦の時を迎える。彼らはフランスを、そして世界を救うことが出来るのか。


 ポール・W・S・アンダーソンといえば、同じく3Dカメラで撮影された「バイオハザード4」の撮影時、その3Dカメラの開発に携わったジェームズ・キャメロンから直々に、その3Dの撮影技術を伝授された人である。故に、デジタル3Dの見せ方を熟知しており、やはりそういう監督が手掛ける映画は2Dで観るのはもったいない。専用メガネも軽くなってきているので、この映画は是非とも3Dで観ることをお薦めする。


 今から18年前にもチャーリー・シーンやキーファー・サザーランドら当時の人気スターが出演した「三銃士」があり、その時僕はまだ学生だったが映画館のスクリーンで観ていて、実はそっちの方が印象深く残っていたのだが、今回のものも結構面白い。


 ただ、結末の空中戦はどうか。本来原作にこの飛行船での戦いはなく、ダ・ヴィンチが実際設計図だけは書いていたとしても実現はしていないわけで、恐らく3D映画の特色を出すために変えられたのだろうとは思うが、ここは別にそんな突飛な設定にしなくても良かったのではないかと思う。ちなみに、原作は日本ではこの「三銃士」だけは有名だが、実は「ダルタニアン物語」という、壮大なストーリーの、ほんの一部。原作ではこの後第2章「二十年後」、最終章「プラジュロンヌ子爵」と続く。第2部「二十年後」をベースに映画化したものは「新・三銃士」(1989年・日本劇場未公開・ビデオのみ発売)や、「ソフィー・マルソーの三銃士」(1994年)などがあるが、何やら雲行きの怪しいラストシーンで終わったこの映画は、果たして続編があるのだろうか?


私の評価…☆☆☆★

|

« カウボーイ&エイリアン | トップページ | スクリーム4 ネクスト・ジェネレーション »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船:

« カウボーイ&エイリアン | トップページ | スクリーム4 ネクスト・ジェネレーション »