« 50/50 フィフティ・フィフティ | トップページ | タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密 3D »

2011年12月 7日 (水)

ライダーと戦隊ものが初共演へ! ヒーロー240人大集結

ライダーと戦隊ものが初共演へ!
 「仮面ライダー」と「スーパー戦隊」の特撮2大ヒーローが、来年GW公開の映画「スーパーヒーロー大戦(仮題)」で共演することになった。ライダーは40年、戦隊は36年の歴史の中で、同じスクリーンに登場するのは初めて。双方の歴代ヒーロー計約240人が集結する豪華版で、配給元の東映は春の定番化を目指している。


 登場するライダーは1971年の「仮面ライダー」1号から、現在放送中の「仮面ライダーフォーゼ」まで約40人。戦隊は1975年の「秘密戦隊ゴレンジャー」から来年2月に放送開始の“新戦隊”まで約200人。両シリーズは毎年夏に2本立てで公開しているが、スクリーンに同時登場するのは初めて。


 敵対する両陣営が戦うという、特撮ファンにとっては夢の対決が実現。共に過去の戦士に変身する力を持つ「ディケイド」(2009年)と「海賊戦隊ゴーカイジャー」(現在放送中)が中心的な存在となり、ディケイド役の井上正大(22)、ゴーカイレッド役の小澤亮太(23)も出演。「仮面ライダー電王」(2007年)の人気キャラ「モモタロス」や電車型タイムマシン“デンライナー”と乗務員の秋山莉奈(26)、駅長などに扮した石丸謙二郎(58)らも登場する。


 今年は仮面ライダー生誕40周年、スーパー戦隊35作目のメモリアルイヤーで、双方の“オールスター映画”が話題を呼んだ。「オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー」で歴代ライダーが集結し、「スーパー戦隊199ヒーロー大決戦」で歴代戦隊が共闘。東映の白倉伸一郎プロデューサー(46)は今回の夢の企画について「メモリアルの翌年もパワーダウンせず、今年をさらに超えていかなければ」と意気込んだ。


 ライダーや戦隊ヒーローの姿で演じるスーツアクターを集めるだけでも困難なプロジェクトで、全国のヒーローイベント出演者だけでなく舞台俳優にも声を掛ける予定。白倉氏は「かなり不可能に近いことに挑戦しているが、春の定番映画にしていきたい」としている。


 数年前からこの手の企画ものは、円谷のウルトラマンシリーズや、アニメのプリキュアオールスターズなど、劇場版に限って過去の人気ヒーローを登場させる、言わば“お祭り状態”のものが多いのだが、一見華やかに見えるものの、実はこうしないと子供と一緒に来る親世代が楽しめないとか、なかなかキャラクターグッズの売り上げが伸びないという実情があり、言ってみれば苦肉の策でこういう事をやっているのだが、とうとうこんな事になってしまった(笑)。


 これ、脚本家も話作るの大変だろうなと思うんだが、ここまでやってシリーズ化しても、いつか飽きが来る。もしそうなった時にこの行き着くところまでいってしまった(と思う)状態からどうなっていくのだろう? テレビ版は毎年新ライダーや戦隊が誕生するから、ネタは尽きないのかな。それにしても「電王」でどれだけ映画作っているんだろう。放送終了から結構経つのに今だに人気あるんですね。

|

« 50/50 フィフティ・フィフティ | トップページ | タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密 3D »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

最近、ウルトラマンもそうだけど、過去のヒーローが登場するモノが増えましたネ。

ウルトラマンメビウスや、ゴーカイジャーなんかね。

それに見事にはまっているのでした。

メビウスもそうでしたが・・・
実際、ゴーカイジャー毎週録画して観てますヨ。(◎´∀`)ノ

投稿: シン吉 | 2011年12月 8日 (木) 13時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ライダーと戦隊ものが初共演へ! ヒーロー240人大集結:

« 50/50 フィフティ・フィフティ | トップページ | タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密 3D »