« パーフェクト・センス | トップページ | 2011年最もトホホなサイテー映画 »

2012年1月22日 (日)

マイ・ウェイ/12,000キロの真実

マイ・ウェイ/12,000<br />
 キロの真実
マイ・ウェイ/12,000<br />
 キロの真実
劇場:MOVIX京都
監督:カン・ジェギュ
出演:オダギリジョー、チャン・ドンゴン、范冰冰(ファン・ビンビン)、キム・イングォン、夏八木勲、鶴見辰吾、山本太郎、佐野史郎、浜田学、イ・ヨニ、ト・ジハン、ニコル(KARA)〔カメオ出演〕 他


 《これはどこまでが本当の話なのか?》


 この映画はカン・ジェギュ監督が手にしたという、第2次世界大戦末期、連合軍が捕らえたドイツ捕虜の中に、1人の東洋人がいる写真、その彼が語った話で日本、ソ連、ドイツの3つの軍服を着て戦いながら、国境を越えてフランスのノルマンディーに辿り着いたという、信じがたいような実話に着想を得て作られた映画である。


 というわけで、実話そのものが描かれているわけではなく、相当な(それも韓国寄りの)脚色がされているようだ。


 1928年、日本統治下の朝鮮。憲兵隊司令官を祖父に持つ長谷川辰雄(オダギリジョー)は、使用人の息子キム・ジュンシク(チャン・ドンゴン)と出会う。走ることが好きな2人はライバルとして成長し、オリンピックのマラソン金メダルを夢見るが、いつしかその関係は国同士の戦いとなり、憎しみ合うようになる。そして、オリンピック選考会で事件は起こり、ジュンシクは罰として日本軍に強制徴用され、戦況の悪化により辰雄も戦場へ。そして2人の夢は消えた。


 日本軍として戦うことを強いられたジュンシク。それでも彼は夢を信じ、走り続けていた。そこに辰雄が上官として現われる。彼は冷酷な軍人に変わっていた。ジュンシクの走る姿に嫌悪感を抱く辰雄は、ソ連との戦いの特攻隊にジュンシクを任命。夢を諦めた辰雄は友情も捨てたのだ…。


 この映画は“韓国映画”の“エンターテイメント”作である。それ故、日本の軍人が極悪人に描かれているのは、ある程度仕方がない。認識の差はあれ、戦時中の日本軍に対してそういう感情を向こうの人が持っているのは事実だし、もしこれが日本映画であったら多分、ここまで反日的な描き方はしていないだろう。


 それはまだ許せるほうとしても、問題は細かい部分で時代考証が(日本側から見て)ちゃんと描かれていない部分が多く、ツッコミどころが満載な点にある。日本軍による朝鮮人の徴兵はあの時点ではなく終戦間際の事だし、軍の上官の公開切腹も描写としてはおかしい。もちろん、ここまで屈辱的に描かないと本国の人が納得いかないだろうからそう描いたのだろうが、映画的に脚色する事は認めても、歪曲しすぎる事はしてほしくなかった。戦闘場面は見応えある出来栄えだし、辰雄も最後には“いい人”になっているが、これでは感動も薄れてしまう。


 ちなみにこの映画、数少ない女性キャストとして出番は少ないものの、中国の4大人気女優の1人ファン・ビンビンがメインキャストで出演しているし、オリンピック選手団の記者会見場にいる案内係役で、人気グループ「KARA」のニコルが映画初出演している。こちらは今回は監督との縁でカメオ出演ということでほんの数秒だけなのだが、ファンは要チェックだ。


私の評価…☆☆☆★

|

« パーフェクト・センス | トップページ | 2011年最もトホホなサイテー映画 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マイ・ウェイ/12,000キロの真実:

« パーフェクト・センス | トップページ | 2011年最もトホホなサイテー映画 »