« 〈語り継ぎたい映画シリーズ〉ひまわり | トップページ | ダーク・フェアリー »

2012年1月31日 (火)

DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る

DOCUMENTARY of AKB48 Show must
劇場:T・ジョイ京都
監督:高橋栄樹
出演:AKB48(Team A、K、B、4)、AKB48研究生(10期、11期、12期、12.5期、13期)SKE48(Team S、K、E)、SKE48研究生、NMB48(Team N)、NMB48研究生(1期、2期)、HKT48、SDN48(1期、2期、3期)、JKT48 他
ナレーション:能登麻美子
主題歌:「ファースト・ラビット」AKB48


 《人気グループ2011年の活動記録》


 昨年公開されたドキュメンタリー「DOCUMENTARY of AKB48 to be continued 10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう?」に引き続き、2011年の彼女たちの活動を追った第2弾。10年後の未来のAKBやメンバー自身の姿をインタビューで想像していた前作とは打って変わって、今回は2011年を語る上でどうしても通らなければならない「東日本大震災」と、それで変わってしまった一種の“価値観”、そして被災地訪問活動を通して、メンバー各自が思ったこと、そこに「選抜総選挙」や「西武ドームコンサート」、「選抜じゃんけん大会」などイベントの裏側を挟み込む形で進行していく。


 今回はやはり大震災という、避けては通れないものがあるため、どうしても前作より内容が重くなってしまう。それに、前作より詰め込みすぎている感があり、サブタイトルからも映像からも明確なテーマが分かりにくくなってしまった。監督が変わってしまったということが、1つの原因なのだろうか。前作は「Love Letter」の岩井俊二が製作総指揮が務めたということもあり、その岩井俊二のもとで脚本家としてデビューし、佐々木希主演「天使の恋」などで監督としても評価の高い寒竹ゆりが監督をしていたが、今回はAKB48等、アーチストのプロモーション・ビデオの製作経験はあるものの、長編ドキュメンタリーは初めてという高橋栄樹がメガホンをとった。不慣れなのかどうかは分からないが、鮮明な画像があるかと思うと急に物凄く粗くなったりとか、画質に統一感が無い。周りの音を気にせず映像のみで編集点でも入れているのか、カット部分で音がプチプチ途切れる。プロモーション・ビデオとして観るならそれはそれでいいのかもしれないが、これはプロモーションではない。ちゃんとしたテーマを観客に訴え、見せなければならないのである。最後まで明確なテーマが掴み取れなかったのは残念だ。


 なお、本作ではteam 4のリーダー大場美奈の“過去のブログ内容による男女交際&飲酒疑惑”による謹慎(現在は復帰)にも触れられていて、復帰するまでの間リーダー代理を務めた島田晴香の葛藤も描かれているが、この映画の公開間もなく、結成以来のオリジナルメンバー1期生である平嶋夏海と3期生の米沢瑠美の脱退が発表された。一般男性とのツーショット写真がインターネットに流出し、“恋愛禁止”の掟に背いたということであるが、今回の映画にも、メイン扱いではないものの、写っているはずだ(パンフレットにも一応名前が載っている)。まぁ、急なことで上映期間中に該当部分だけカットして公開するという事は無いと思うが、東宝だからなぁ(古い話だが映画「ノストラダムスの大予言」という前例あり)、今後どうなっていくのか気になるところである。


私の評価…☆☆☆

|

« 〈語り継ぎたい映画シリーズ〉ひまわり | トップページ | ダーク・フェアリー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

もうすぐベルセルクが公開!?
観に行きたい!?

投稿: シン吉 | 2012年2月 2日 (木) 11時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る:

» DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「DOCUMENTARY OF AKB48 Show must go on」□監督 高橋栄樹 □キャスト AKB48鑑賞日 1月27日(金)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> CDが売れなくなったこの時代に、昨年発売したシ...... [続きを読む]

受信: 2012年1月31日 (火) 12時11分

« 〈語り継ぎたい映画シリーズ〉ひまわり | トップページ | ダーク・フェアリー »