« ロボジー | トップページ | パーフェクト・センス »

2012年1月19日 (木)

新作アニメ映画に予告編削除要請

 米国などで今春上映予定のアニメ映画の予告編にハンセン病に対する差別的な表現があるとして、世界保健機関(WHO)のハンセン病制圧特別大使を務める笹川陽平・日本財団会長は18日、製作会社に修正や削除を求めた。


 日本財団によると、映画は「The Pirates! Band of Misfits」。予告編はインターネットで公開されており、アニメキャラクターが「ハンセン病患者(leper)」と話し、腕が落ちるシーンがある。


 同財団は「leperという表現は国連人権理事会でも差別用語として指摘され排除勧告されている。腕がとれる症状はあり得ない。」と指摘。誤解や偏見、差別を助長するとしている。


 笹川会長は同日、映画を製作したアードマン・アニメーションズ(英)とソニー・ピクチャーズ・アニメーション(米)に、英文でFAXと国際郵便を発送した。


 この予告編、僕は「YouTube」で観た。問題のカットも一瞬だが入っている。言葉の問題だけなら本編前に「お断わり」を入れることで対処できる場合もあるが、映像表現まで及んでくるとかなりの問題が生じる。コメディ映画なら茶化しているともとらえられかねないからなおさらだ。何の調べもせず、今回のように嘘が本編でも描かれているというのであれば、それは削除すべきだと、僕は思う。

|

« ロボジー | トップページ | パーフェクト・センス »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新作アニメ映画に予告編削除要請:

« ロボジー | トップページ | パーフェクト・センス »