« ゴールデン・グローブ賞決定! | トップページ | 新作アニメ映画に予告編削除要請 »

2012年1月18日 (水)

ロボジー

ロボジー
ロボジー
劇場:TOHOシネマズ二条
監督:矢口史靖
出演:五十嵐信次郎(ミッキー・カーチス)、吉高由里子、濱田岳、川合正悟(チャン・カワイ=Wエンジン)川島潤哉、田畑智子、和久井映見、小野武彦 他


 《てっきり機械文明への批判が入っているのかと思いきや…》

 「ウォーターボーイズ」や「スウィングガールズ」の矢口史靖監督によるコメディ映画。


 弱小家電メーカー「木村電器」のエンジニア3人(濱田岳、川合正悟、川島潤哉)は、ロボット博の企業広告を目的とした二足歩行ロボットの開発を社長(小野武彦)から命じられていた。しかし発表1週間前に開発中のロボット「ニュー潮風」は大破してしまう。途方に暮れた3人はロボットの中の人を募集し、その人に「ニュー潮風」を演じてもらい窮地を凌ごうと考えた。架空のオーディションで選ばれたのは73歳の老人・鈴木(五十嵐信次郎)。しかし彼がまた一癖ある人物で、ロボット博で勝手な行動を見せ、そこにに来ていたロボットおたくの大学生(吉高由里子)を助けたのを機に、大変な事態を招くことになる。


 この映画、最初に予告を観たときは、チャップリン映画の名作「モダン・タイムス」(1936年)のような、機械化社会を批判するようなメッセージでも込められているのかなと思っていたが、そうではなかった。ただ、コメディ映画としてはそこそこ楽しめるが、この監督の映画としてはどうも歯切れが悪い。


 それもそのはず。表向きは、ヘッポコ三人組のおかげでひょんな事からロボットを演じる事になってしまったおじいちゃんが、ロボット博で勝手な行動をとった事によるハプニングから女子大生を助けたら、そのロボットおたくの女子大生が、おじいちゃんが入った「ニュー潮風」に惚れちゃったという事で巻き起こるハートフル・コメディなのだが、裏テーマとして企業の隠蔽工作という、非常にデリケートな問題が隠れているわけである。商業映画の限界なのか、その辺どちらを強く打ち出すのかが曖昧なのだ。幸い宣伝ではコメディ部分を強調しているので、今のところ興行は好調な滑り出しを見せているが、その宣伝のイメージで観に行くと、多分戸惑う人が続出すると思う。


 ちなみにキャスティングでみると、一番キャラが立っていて面白いのは、おじいちゃんでもヘッポコ三人組でもなく、吉高由里子扮する女子大生である。イメージ的にもピッタリで、彼女が話を掻き回してくれたおかげで映画が面白くなった。やはりコメディ映画において、こういう役回りは必要だ。吉高由里子は去年「婚前特急」を観たときににも思ったが、彼女はシリアスな作品よりもコメディが似合っているのかもしれない。


私の評価…☆☆☆

|

« ゴールデン・グローブ賞決定! | トップページ | 新作アニメ映画に予告編削除要請 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

このタイトルからすると、昔のマンガ「CYBORGじいちゃんG」を思い出すのは、僕だけなのかしら?

投稿: シン吉 | 2012年1月18日 (水) 15時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロボジー:

« ゴールデン・グローブ賞決定! | トップページ | 新作アニメ映画に予告編削除要請 »