« 午前十時の映画祭、事実上の終了へ | トップページ | ロボジー »

2012年1月17日 (火)

ゴールデン・グローブ賞決定!

2011年度・第69回ゴールデン・グローブ賞結果発表!
映画部門の主な受賞結果です。

☆作品賞(ドラマ)
「ファミリー・ツリー」
☆作品賞(コメディ/ミュージカル)
「アーティスト」
☆主演男優賞(ドラマ)
ジョージ・クルーニー(「ファミリー・ツリー」)
☆主演女優賞(ドラマ)
メリル・ストリープ(「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」)
☆主演男優賞(コメディ/ミュージカル)
ジャン・デュジャルダン(「アーティスト」)
☆主演女優賞(コメディ/ミュージカル)
ミシェル・ウィリアムズ(「マリリン 7日間の恋」)
☆助演男優賞
クリストファー・プラマー(「人生はビギナーズ」)
☆助演女優賞
オクタビア・スペンサー(「ヘルプ 心がつなぐストーリー」)
☆監督賞
マーティン・スコセッシ(「ヒューゴの不思議な発明」)
☆脚本賞
ウッディ・アレン「ミッドナイト・イン・パリ」
☆作曲賞
ルドビック・ブールス「アーティスト」
☆主題歌賞
マドンナ“Masterpiece”「W.E.(原題)」
☆アニメーション映画賞
「タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密」
☆外国語映画賞
「別離」(イラン)


 ハリウッド外国人記者クラブが主催する第69回ゴールデン・グローブ賞授賞式が1月15日に催され、最多6部門にノミネートされていたミシェル・アザナビシウス監督作「アーティスト」が3冠に輝いた。


 「アーティスト」は無声映画時代のスターの栄枯盛衰を、モノクロの無声映画として描いた野心作で、今年の賞レースでは圧倒的な強さを見せているのだが、やはりゴールデン・グローブ賞でも最多の3部門を制覇。ドラマ部門ではアレクサンダー・ペイン監督、ジョージ・クルーニー主演の「ファミリー・ツリー」が2部門を受賞。初の3D作品に挑んだマーティン・スコセッシ監督が「ヒューゴの不思議な発明」で監督賞を受賞、マドンナが自身が監督する2作目となる「W.E.(原題)」で主題歌賞を受賞した。


 アカデミー賞の前哨戦として最も注目される賞でも「アーティスト」強し。アカデミー賞絡みでは「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」は“9・11”が絡んだ話だし、「J・エドガー」は“赤狩り”の話が入るからアカデミー会員がいい顔しないだろうし、アカデミー賞でも映画関係者が好みそうな「アーティスト」と「ファミリー・ツリー」の一騎打ちになるのかな。

|

« 午前十時の映画祭、事実上の終了へ | トップページ | ロボジー »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゴールデン・グローブ賞決定!:

« 午前十時の映画祭、事実上の終了へ | トップページ | ロボジー »