« ヘルプ 心がつなぐストーリー | トップページ | アーティスト »

2012年4月25日 (水)

バトルシップ

バトルシップ
バトルシップ
バトルシップ
劇場:TOHOシネマズ二条
監督:ピーター・バーグ
出演(吹替版声優):テイラー・キッチュ(置鮎龍太郎)、浅野忠信(同)、ブルックリン・デッカー(本名陽子)、リアーナ(土屋アンナ)、アレクサンダー・スカルスガルド(平田広明)、リーアム・ニーソン(石塚運昇)、ジョン・ツイ(遠藤純一)、ジェシー・プレモンズ(佐藤せつじ)、グレゴリー・D・ガトソン(乃村健次)、ハミッシュ・リンクレイター(落合弘治)、ピーター・マクニコル(佐々木省三) 他


 《ひょっとしてこれは、ものすごいおバカ映画?》


 最近はハリウッド映画もネタ不足に困っているのか、日本でも人気のボードゲーム「モノポリー」や、ブロック玩具「LEGO」までもが今後映画化される事になっているのだが、この「バトルシップ」も昔懐かしい同名ボードゲームを基に製作されている。


 舞台はハワイ沖。アメリカをはじめ日本、オーストラリア、韓国、タイ、コロンビア、ペルーの艦隊が集結して大規模な軍事演習が行われている時、沖合に正体不明の巨大な物体が出現する。それは、地球からの友好的な呼びかけに応じて飛来したエイリアンの母船だった。だが呼びかけを行った科学者たちの意図とは裏腹に、エイリアンは次々と未知の武器を繰り出し、恐ろしい攻撃を仕掛けてくる。


 その戦いの最前線に立たされたのは、演習に参加していた米海軍の新人将校アレックス・ホッパー(テイラー・キッチュ)と、彼がライバル心を燃やす日本の海上自衛艦の指揮官ナガタ(浅野忠信)だった。弱点も戦略も読めないエイリアンに対し、知力と体力の限りを尽くして立ち向かう海の精鋭たち。エイリアンの目的は何なのか、果たしてアレックスとナガタはそれを阻止することができるのか? そして、彼らは地球を壊滅の危機から救うことができるのか?


 これだけツッコミ所満載の映画もちょっと珍しい。基はボードゲームだが、相手がエイリアンというのは映画オリジナルの設定で、ゲームの設定が生かされているのは、映画のほんの一部分のみである。


 この映画、エイリアンの設定からして従来のSF映画とは少し違う。これまでのこの手の映画ではエイリアンとは人類よりも高度な文明を持つ者が多かったが、この映画のエイリアンは地球到着直前に、肝心要の通信船を人工衛星との衝突事故で失ってしまう、船体にレーダー感知機能も無いのかと思ってしまう程の大ドジ者である。


 そんでもってたまたま飛来した場所が、合同軍事演習が行われていたハワイ沖で、居合わせた3隻のイージス艦が対峙することになるわけだが、本作では最初は反目しあっている不良軍人アレックスと日本のナガタが徐々に打ち解け友情を育む姿が描かれる。この辺、互いの対米・対日感情を意識しての事だとは思うし、ナガタ役の浅野忠信も今回は準主役級の役割で、ある意味主人公よりも活躍しているのだが、対立のきっかけを生むサッカーの場面がやや冗長で話のテンポを崩してしまっている。


 ちなみにこの3隻のイージス艦はみんな駆逐艦で、タイトルのような“バトルシップ(戦艦)”じゃないじゃんと思っていると、クライマックスにとんでもない展開(笑)が待っていた。


 敵は一応撃破したが、エイリアンの母艦は残っていて、人類側はJPJ(ジョン・ポール・ジョーンズ)を失い、もうダメかと思われた時、そのバトルシップは登場する。第二次世界大戦の時に作られた、あの戦艦だ。確かにあの戦艦はアメリカ海軍の象徴でもあるが、20年も前に退役しているものである。そんなもの通用すんのかよ、と思う前に動かせる奴はいるんかいなと思っていたら、退役軍人のお爺ちゃんたちが協力を申し出て、どうにかなってしまう超絶展開に(笑)。まぁ、元々戦艦大和と撃ちあうために作られたものだから、ちょっとやそっとの砲撃には耐えられるようになっているのは確かだが、ローテクな戦艦がハイテク宇宙船に立ち向かっていく様は、おバカ… いや、愉快痛快だ。久々に、頭の中カラッポにして観られる(というより観たほうがいい)映画。GWの話のネタには持ってコイの映画には違いない。


私の評価…☆☆☆

|

« ヘルプ 心がつなぐストーリー | トップページ | アーティスト »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バトルシップ:

« ヘルプ 心がつなぐストーリー | トップページ | アーティスト »