« 「宇宙刑事ギャバン」30 周年で再び銀幕に復活! | トップページ | ミュージカル「ウィキッド」を、スティーヴン・ダルドリー監督が映画化へ »

2012年7月19日 (木)

「ドラゴンボールZ」劇場版で17年ぶりに復活!

「ドラゴンボールZ」劇場版で
 国民的な人気を誇った漫画をアニメ化した「ドラゴンボールZ」が、17年という空白期間を経て、18作目の劇場版として“復活”することが明らかになった。


 原作は、鳥山明氏が1984年から「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載をスタートし、95年までの約10年半にわたり人気を博した「ドラゴンボール」。単行本は24ヵ国語に翻訳され、全世界発行部数2億3000万部という日本を代表する漫画作品だ。


 86年からはフジテレビ系でアニメの放送が開始。「ドラゴンボール」「〜Z」「GT」と続いたシリーズは、11年間の平均視聴率が20%を超え、全世界40ヵ国以上で放送されるなど不動の人気を確立した。また、2009年には20世紀フォックスによって、ハリウッドで実写映画化されたことも(それがケチョンケチョンに貶された事も)記憶に新しい(笑)。


 今作では、原作者が初めて脚本の段階から深く製作に関わり、鳥山作品を一貫して映像化してきた東映アニメーションの最新技術によって映画化される。内容は、アニメシリーズの「〜Z」と「〜GT」の間、原作517話で魔人ブウとの戦いが終わった後、518話までの空白の10年間に何が起こったのかというエピソードを初めて描く。


 悟空は勿論、クリリン、ピッコロ大魔王、ベジータといった人気キャラクターたちが総出演。スピンオフでも番外編でもない、ドラゴンボール正史のストーリーであるだけに大きな期待が寄せられる。


 「ドラゴンボールZ」は2013年3月30日から全国で公開。


 「ONE PEACE」劇場版最新作の公開が今回は正月映画扱いになっているから、春はどうするのかなと思っていたら、こういう事だったのか。

|

« 「宇宙刑事ギャバン」30 周年で再び銀幕に復活! | トップページ | ミュージカル「ウィキッド」を、スティーヴン・ダルドリー監督が映画化へ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ドラゴンボールZ」劇場版で17年ぶりに復活!:

« 「宇宙刑事ギャバン」30 周年で再び銀幕に復活! | トップページ | ミュージカル「ウィキッド」を、スティーヴン・ダルドリー監督が映画化へ »