« トガニ 幼き瞳の告発 | トップページ | 「007」ボンドガール総選挙開催! 最高のボンドガールは誰だ!? »

2012年8月25日 (土)

『るろうに剣心』がついに公開!佐藤健、早くも続編に意欲!

 映画『るろうに剣心』の初日舞台あいさつが都内で行われ、佐藤健、武井咲、蒼井優、青木崇高、江口洋介、香川照之、田中偉登、大友啓史監督が登壇。佐藤は「感慨深いです。昨日は眠れなかった。今日という日を無事に迎えられたことがとにかくうれしい」と笑顔を見せた。

 本作は、和月伸宏の人気漫画を、「龍馬伝」の大友啓史監督が実写化した時代劇アクション。維新直後の明治時代を舞台に、かつて「人斬(き)り抜刀斎」として恐れられながらも、今は心優しいサムライとして生きる主人公・緋村剣心(佐藤)とその仲間たちの活躍を描く。

 この日、スッキリした髪型で登壇した佐藤は「監督の熱が、キャスト、スタッフ全員に伝わって、一人ひとりが持っている熱量がとにかく高い現場でした」と撮影を振り返った。また、佐藤は司会者から「もっと(主人公の)剣心役を演じてもらいたいですね」と言われると「自分がやった役が好かれて、求めてもらえるのは幸せなこと。もし機会があったら(続編を)ぜひやらせてほしいです」と語り、映画を見終えた観客からは期待を込めた大きな拍手が沸き起こった。

 一方、ヒロイン・薫役の武井は「撮影中は着物が暑いし、所作が大変でした。長い待ち時間で、着物をキレイに保ちながら寝なくてはいけなくて、気を遣うのが大変でした」とユーモラスに思い出を語った。また、江口は「佐藤君はものすごい身体能力を持っている。俳優というよりアスリートのような動きでした」と佐藤を絶賛していた。

 トーク中盤には、本作の宣伝キャンペーンで“るろう人”として日本全国を縦断していた、佐藤と同じ事務所に所属する俳優・長尾卓也が登場。旅を終えた長尾に佐藤は「彼とは友達。映画に出ていないのに、誰よりも宣伝してくれて、心から感謝しています」と頭を下げた。

 もし続編を作るとしたら、原作での「京都編」になるのか。こっちのほうが映画的ではあるけど、志々雄役は誰がやるのだ(笑)? ふさわしいキャストがいないような気がするが。「煉獄」も、実物であれCGであれ作らなきゃいけないし、この1作目でかなり稼がないといけないのでは?

|

« トガニ 幼き瞳の告発 | トップページ | 「007」ボンドガール総選挙開催! 最高のボンドガールは誰だ!? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『るろうに剣心』がついに公開!佐藤健、早くも続編に意欲!:

« トガニ 幼き瞳の告発 | トップページ | 「007」ボンドガール総選挙開催! 最高のボンドガールは誰だ!? »