« 画皮 あやかしの恋 | トップページ | デンジャラス・ラン »

2012年9月12日 (水)

富士フィルムが、映画用フィルム生産終了へ

 富士フィルムは、12日、映画用フィルムの生産を終了する事を明らかにした。制作現場や映画館ではデジタル化が進んでおり、フィルムの需要は減少の一途を辿っていた。今後、主な販売先である日米欧の映画会社などから最終注文を受け付け、来春頃には販売を終える予定。映画用フィルムは1934年の創業時から生産してきたが、80年近い歴史に幕を下ろすことになった。


 映画用フィルムには撮影用の「ネガフィルム」と上映用の「ポジフィルム」があり、富士フィルムは国内唯一の映画フィルムメーカーで、世界シェアは35%を占める。フィルムカメラで撮影した映像が持つ味わいに拘る映画関係者もおり、生産終了を惜しむ声が聞かれそうだ。


 一方、500年以上も画質が劣化しない保存用の「アーカイブフィルム」は今後も生産を続ける。この技術によって、同社は今年、米アカデミー賞の科学技術賞を受賞した。


 既に、フィルム上映をする映画館は2014年にも完全に無くなるだろうとはいわれているのだが、とうとうそれが現実味をおびてきた。フィルムが持つ独特な質感は、デジタルでは絶対に出せないものだし、そういった視覚的なイメージによって、撮影技法も変わってしまえば、映画そのものも変わってしまうので、もう昔のような映画は作れなくなってしまうのかな? と思ってしまうのだが。デジタル化っていっても、見ている分にゃ、発色・再現できる色が増えてきれいに見えているだけで、フィルムの方が味があって、それが作品に合っている場合だってあるのにねぇ。今だにVHSテープやカセットテープを細々と作り続けているところだってあるんだし、フィルム自体が無くなる事だけは、避けてほしいところだ。

|

« 画皮 あやかしの恋 | トップページ | デンジャラス・ラン »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富士フィルムが、映画用フィルム生産終了へ:

« 画皮 あやかしの恋 | トップページ | デンジャラス・ラン »