« 千葉真一が女体盛り&ヴァイオレンス映画「SUSHI GIRL」に出演! | トップページ | ベティ・ブルー/愛と激情の日々 »

2012年10月30日 (火)

エクスペンダブルズ2

エクスペンダブルズ2
エクスペンダブルズ2
劇場:MOVIX京都
監督:サイモン・ウェスト
音楽:ブライアン・タイラー
出演(吹替版声優 ※判明しているもののみ):シルヴェスター・スタローン(ささきいさお)、ジェイソン・ステイサム(山路和弘)、ジェット・リー(池田秀一)、ドルフ・ラングレン(大塚明夫)、チャック・ノリス(堀勝之祐)、テリー・クルーズ(高橋耕次郎)、ランディ・クートゥア(乃村健次)、リアム・ヘムズワース(森川智之)、ジャン=クロード・バンタム(山寺宏一)、ブルース・ウィリス(綿引勝彦)、アーノルド・シュワルツェネッガー(玄田哲章)、スコット・アドキンス(藤真秀)、ユー・ナン(栗山千明)、カリスマ・カーペンター(田中敦子)、アマンダ・オームス(真壁かずみ) 他


 《久しぶりに、1作目より面白い続編を観た》


 新&旧肉体派俳優大挙出演の“お祭り映画”第2弾。


 バーニー(シルヴェスター・スタローン)率いる最強無敵の傭兵軍団「エクスペンダブルズ」。彼らの今回の仕事は、東欧バルカン山脈に墜落した輸送機に積まれていたデータボックスの回収だったが、ヴィラン(ジャン=クロード・バンタム)率いる謎の武装組織の罠にはまり、データは奪われ、仲間の1人が命を失ってしまう。


 奪われた機密データには旧ソ連軍が埋蔵した大量のプルトニウムの隠し場所が記されていた。軍団のもとに最強の仲間たちが再結集、彼らは悪の陰謀を撃ち抜き、世界を救うため、敵の足跡を追う。それは単なる仕事ではなく、殺された大切な仲間のリベンジだった…。


 前作は、ストーリーそっちのけのアクション重視映画だったが、続編はさらにアクションだらけの映画になった。もう、のっけから何発の弾や火薬を使ってるんだか分からないくらい、爆撃や肉片(笑)が飛び交う、一歩間違えりゃ完全なおバカ映画である。


 一応、プルトニウムによる世界破滅を防ぐためと、仲間を殺された復讐という形で、この“使い捨て”オッサン軍団は、敵のアジトに乗り込んでいくわけだが、そんな設定なんか途中からどうでもよくなってくる。


 キャストのバランスを考えたのか、契約の都合上なのか、ジェット・リーが途中で姿を消すのは残念なのだが、その分前作ではカメオ出演扱いだったシュワちゃんとブルース・ウィリスが、しっかり活躍している。「I'll be back!」や「I'm back!」を連発するシュワちゃんに対しブルース・ウィリスが、

 「お前、戻ってばかりだな。少しは俺にも戻らせろ!」

と返す。するとシュワちゃんがすかさず、

 「Yippee ki yay! (「ダイ・ハード」シリーズでマクレーン刑事が必ず言うセリフ)」

と言うあたりは、映画ファンなら笑える場面だ。その他にも、「ランボー」のパロディなど、出演者の過去作にオマージュを捧げたような場面があちこちに見られる。極め付けはチャック・ノリス! 「地獄のヒーロー」シリーズが懐かしいのだが、ここでは伝説のヒーロー的存在として出演している。もう70歳を超えていると思うのだが、カッコいい爺さんであった。


 数少ない女性キャラがいまいち魅力的ではないが、この映画は“男のアクション映画”。女性キャラはこれくらいがちょうどいい。続編製作もすでに決定しているので、次はどんなアクション俳優が仲間入りするのか、一部の劇場で本編前に示唆されるアカデミー賞俳優N氏の参戦はあるのか、楽しみにしたい。


私の評価…☆☆☆★

|

« 千葉真一が女体盛り&ヴァイオレンス映画「SUSHI GIRL」に出演! | トップページ | ベティ・ブルー/愛と激情の日々 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エクスペンダブルズ2:

« 千葉真一が女体盛り&ヴァイオレンス映画「SUSHI GIRL」に出演! | トップページ | ベティ・ブルー/愛と激情の日々 »