« ボディ・ハント | トップページ | 「X-MEN」新作にイアン・マッケラン&パトリック・スチュワートが復帰! »

2012年11月29日 (木)

綱引いちゃった! Play at tug-of-war

綱引いちゃった!
劇場:TOHOシネマズ二条
監督:水田伸生
音楽:岩代太郎
主題歌:DREAMS COME TRUE「愛して笑ってうれしくて涙して」
出演:井上真央、玉山鉄二、浅芽陽子、西田尚美、渡辺直美、ソニン、犬山イヌコ、中鉢明子、石丸謙二郎、佐藤二朗、野間口徹、木南晴夏、大川ヒロキ、和田正人、齋藤隆成、石塚英彦、笹野高史、風間杜夫、松坂慶子 他


 《地方が抱える問題をさり気なく入れながらも、明るく元気になれる》


 「舞妓Haaaan!!!」の監督と、「フラガール」の脚本家がタッグを組んだコメディ映画。


 お堅く真面目な大分市役所広報課・西川千晶(井上真央)は、市長(風間杜夫)から、あまりに知名度の低い大分市のPRをするため、女子綱引きチームを結成せよとの無理難題を課された。過去、「大分コスモレディース」という主婦たちからなる綱引きチームが世界チャンピオンに輝き、大分市のPRに寄与していたのだ。


 千晶はとりあえずメンバー集めを試みるが、マイナースポーツなだけに人は集まらず、困った事態になる。一方、千晶の母・容子(松坂慶子)の勤め先の市の給食センターが廃止の憂き目にあっていた。廃止の決定を覆すべく、仲間を引き連れ市役所に直談判をする容子。その様子を見ていた千晶は、給食センターの職員を綱引きメンバーにし、全国大会出場で勝ち抜いたら、廃止を取り消すよう市長と取引をしたのだった。


 そこに集まった「綱娘」メンバーは一癖も二癖もある女性たち。容子の親友・和枝(浅芽陽子)はデートがあると練習をサボり気味。主婦の絵美(西田尚美)は反抗期の息子に手を焼いている。麗子(ソニン)はペットショップの店員に恋い焦がれ、美香(渡辺直美)は食べる事と認知症の父親(笹野高史)の介護に追われる毎日。かおる(犬山イヌコ)は競輪にハマり、沙織(中鉢明子)はタバコが止められない。なんとか個性豊かなメンバーが揃ったが、競技綱引きをするには8人必要なのだ。当然のごとく、強引にメンバー入りさせられる千晶。その上キャプテンまで押し付けられる始末。果たして千晶はバラバラのチームをまとめ上げ、全国大会への切符を勝ち取ることができるのか…?


 これは女性による女性のための、女性向きの映画(勿論、男性が見ても差し支えないが)だ。


 大分市を舞台にしたご当地映画であり、ストーリーそのものも予定調和の域を出ないが、コメディ調の展開の中に衰退していく地方都市の実情や、老人介護、不況による失業といった、今の若い世代が抱える問題をさり気なく入れ、楽しみながらもどこか考えさせられる映画になっている。


 個性豊かな「綱娘」たちを、これまた個性豊かな役者たちが好演。オバちゃん化したソニンにはちょっとビックリしたが、皆問題を抱えながら逞しく生きていこうとする姿には、共感する人も多いだろう。三枚目的な役の玉山鉄二も目立たないところでしっかり笑いを取っていて面白い。


 水田監督はこれまで「舞妓Haaaan!!!」や「なくもんか」と、クドカンこと宮藤官九郎脚本のおバカ映画のイメージが強いが、この映画はそれに比べるとテンションは控えめ。おバカ映画となる一歩手前で踏み止まった感じがある。松坂慶子と渡辺直美以外の「綱娘」が、イマイチはっちゃけていないのは残念だが、軽快なドリカムの主題歌と共に、見ると元気になれる1本だ。


私の評価…☆☆☆

|

« ボディ・ハント | トップページ | 「X-MEN」新作にイアン・マッケラン&パトリック・スチュワートが復帰! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 綱引いちゃった! Play at tug-of-war:

« ボディ・ハント | トップページ | 「X-MEN」新作にイアン・マッケラン&パトリック・スチュワートが復帰! »