« 米リメイク版「ゴジラ」めぐり内紛 | トップページ | 【未体験ゾーンの映画たち2013】陰謀のスプレマシー »

2013年1月15日 (火)

LOOPER/ルーパー

LOOPER/ルーパー
劇場:TOHOシネマズ二条
監督:ライアン・ジョンソン
出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ブルース・ウィリス、エミリー・ブラント、ポール・ダノ、シュイ・チン、ノア・セガン、ジェフ・ダニエルズ、パイパー・ペラーボ、ギャレット・ディラハント、ピアース・ガノン、トレイシー・トムズ、ニック・ゴメス、マーカス・ヘスター、フランク・ブレナン 他


 《今までのパターンには無いタイムトラベルもの》


 「BRICK ブリック」のライアン・ジョンソン監督と、ジョセフ・ゴードン=レヴィットが再び組んだSF作品。


 近未来…。タイムマシンは開発されていたが、その使用は禁じられ、犯罪組織のみが悪用していた。彼らは、証拠を残さず敵を消し去りたいとき、30年前に転送する。すると「ルーパー」と呼ばれる暗殺者の元へ送られる。そして、敏腕ルーパー、ジョー(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)の元に、ターゲットの抹殺指令が入る。それは、いつも通りの単純な仕事のはずだった。だが、送られてきたのは「30年後の自分(ブルース・ウィリス)」だったのだ。


 引き金を引くことを躊躇したジョーの不意をつき、未来から来た「自分」は街へと消えていく。「奴を殺さなければ、自分が消される!」。必死に追跡する現代のジョー。ようやく未来の「自分」を追い詰めたとき、彼がこの時代へ来た、驚くべき理由が明らかになる。男が過去にまで来て変えようとしているものとは? 謎多き未来の独裁者「レインメーカー」とは一体…。


 この映画、一見すると普通のSFものなのだが、よく見ればタイムトラベルもののセオリーというべき“タイムパラドックス”の解釈が、製作側が意図したものなのか、自由に変えられている。この映画では大まかに2つのそれが描かれているが、クライマックスにおける事象はセオリー通りなのでここでは書かないとして、もう1つ。「ルーパー」である現在の自分の元に送られてきたのが30年後の自分ということは、“同じ時間に同じ者が同時に存在する”ということになり、タイムパラドックスの定義をあっさりと無視した展開になっているのだ。


 もちろん、それでなければこの映画は成立していないし、それなりに矛盾点も多くあるのだが、やはりこういう映像作品、特にSFものは荒唐無稽なほうが面白い。


 ただ、クライマックスまでじっくり見せておいて、最後が少々ショボいのは残念。確かにある意味ハッピーエンドなのだろうが、もう少し救いのあるラストの方が良かったのではないか? 確かに最悪の事態は避けられるが、あれでは殆どのキャラが救われないではないか。やはり正月映画なら、もっと気分が良くなる映画を見たい。


私の評価…☆☆☆☆

|

« 米リメイク版「ゴジラ」めぐり内紛 | トップページ | 【未体験ゾーンの映画たち2013】陰謀のスプレマシー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LOOPER/ルーパー:

« 米リメイク版「ゴジラ」めぐり内紛 | トップページ | 【未体験ゾーンの映画たち2013】陰謀のスプレマシー »