« ted テッド | トップページ | アンナ・パキン、ショーン・アシュモアら3人が「X-MEN」最新作にカムバック »

2013年1月31日 (木)

さよならドビュッシー

さよならドビュッシー
劇場:MOVIX京都
監督:利重剛
原作:中山七里「さよならドビュッシー」
音楽:小野川浩幸
主題歌:泉沙世子「境界線」
出演:橋本愛、清塚信也、柳憂怜、相築あきこ、山本剛史、ミッキー・カーチス、相楽樹、優恵、清水紘治、熊谷真実、サエキけんぞう、戸田恵子、三ツ矢雄二、本村健太郎、堤幸彦、吉沢悠 他


 《美しいクラシックな音色とサスペンスの融合》


 第8回「このミステリーがすごい!」で大賞を受賞し、シリーズ化され累計43万部のベストセラーとなっている、中山七里原作の同名小説を映画化。俳優の利重剛が「クロエ」(2001年)以来約10年ぶりにメガホンを取っている。


 7歳の香月遥は、赴任先のアフリカで両親が行方不明になった同い年のいとこ、片桐ルシアと暮らすことになった。ワイン輸入会社を経営する裕福な祖父の玄太郎(ミッキー・カーチス)に溺愛されたふたりは、共に遊び、ピアノを習い双子のように成長した…。


 そして10年後。ピアニストを夢見る遥(橋本愛)とルシア(相楽樹)は、同じ音楽学校に通っていた。ところが、ふたりの人生が突然、悲劇に襲われる。ある晩、ルシアと祖父が暮らす離れで火事に巻き込まれ、遥だけ奇跡的に生き残る。大火傷を負った遥は、何度も全身の皮膚を移植する手術を受け、死の淵から生還したのだ。


 彼女に残された希望は、生前ルシアと約束したプロのピアニストになって、ルシアのためにドビュッシーの「月の光」を弾くこと。遥は約束を支えに、主治医の新条医師(吉沢悠)が課す厳しいリハビリに耐えぬいた。遥の退院が決まり、喜びに包まれる香月家だったが、24億円にものぼる祖父の遺産を巡って相続争いが勃発する…。


 そんな中、遥は新しい一歩を踏み出した。ピアニストの岬洋介(清塚信也)が奏でる調べに感動し、彼の指導でレッスンを再開したのだ。岬はピアノの調律も手掛けるプロのピアニストだが、父は検察庁の検事で、彼自身も司法試験をトップで合格したエリートだった。


 岬の的確かつ情熱的な指導で、新条医師も驚くほどの回復を見せた遥は、ピアノコンクールに学校代表で出場する権利を獲得する。課題曲はドビュッシーの「アラベスク」、自由曲は亡きルシアに捧げる「月の光」だ。


 そんな遥を陥れるように、彼女の周りで奇妙な出来事が発生する。滑り止めに小細工が施された階段、遥を支える松葉杖の異常、彼女をめがけて落下したシャンデリア…。遥の命を狙うのは誰か? 岬は遥を守り抜けるのか? そしてコンクールの行方は…?


 この映画はミステリーだが、キャスティングを見ても分かるように、それほど重たい描かれ方はしていない。一応原作では岬洋介が主役のようだが、映画では目線を変えて遥を中心に描いている。主演の2人はよく頑張ってはいるが、主演をはるにはまだ荷が重い。昨年から多数の映画に引っ張りだこの人気になっている橋本愛は、これまではどちらかといえば無表情な役が多く、感情を曝け出す役が巡ってくるようになったのは「ツナグ」くらいからだし、相手役の清塚信也は本職が俳優ではなくピアニスト。実写版「のだめカンタービレ」で玉木宏の、「神童」で松山ケンイチの吹き替えを担当していた人で、今回が俳優デビューである。さすがにその2人に重厚な芝居を求めるのは酷だ。


 もちろん、後半の大火傷を負った後の遥は、ある重大な秘密を抱えることになるので、少々展開がハードになるのだが、本来じっくり描かなきゃいけない部分が、時間的な都合からかかなり端折られており、ピアノが弾けなくなる程の重傷を負った遥の回復が早すぎるように見える事や、遥と同居している家族より岬洋介が先に(しかも唐突に)遥の謎を解いてしまうという、些か不可解な部分が見られるのは、どうにかならなかったのか? と思ってしまった。


 ただ、音楽の面ではピアノの名曲が効果的に使われているので、クラシック好きには堪らないのではないか。清塚信也が劇中で弾くリストの「超絶技巧練習曲第4番マゼッパ」は絶品だし、リムスキー=コルサコフの「熊蜂の飛行」もいい。でも何といってもドビュッシーの「月の光」である。この曲は最近では「新劇場版ヱヴァンゲリヲン:Q」でも渚カヲルが弾いて、幻想的な場面になっていたし、過去にも実写・アニメ両方の「ねらわれた学園」や洋画ではアル・パチーノとミシェル・ファイファーが共演した「恋のためらい/フランキーとジョニー」等で印象的な使われ方をしていたが、今回も物語を盛り上げるのに一役かっている。


 何だか、最近この橋本愛ちゃん出演の映画をよく観に行っているような気がするが(笑)、今年は遂にテレビドラマにも出演するようだ。4月からはNHKの朝ドラマ「あまちゃん」に主人公(能年玲奈)の友人役で出ることになったみたい。映画も現時点で今年これの他に2作出演するみたいだし、いよいよ本格的にブレイクか!? 楽しみだな〜。


私の評価…☆☆☆

|

« ted テッド | トップページ | アンナ・パキン、ショーン・アシュモアら3人が「X-MEN」最新作にカムバック »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さよならドビュッシー:

« ted テッド | トップページ | アンナ・パキン、ショーン・アシュモアら3人が「X-MEN」最新作にカムバック »