« ラジー賞ノミネート発表 「トワイライト」最終章が全部門に候補入り | トップページ | LOOPER/ルーパー »

2013年1月13日 (日)

米リメイク版「ゴジラ」めぐり内紛

 ハリウッドで準備が進められているリメイク版「ゴジラ」の製作陣の間で内紛が発生したと、ハリウッド・レポーター紙が報じた。

 ハリウッド版「ゴジラ」といえば、ローランド・エメリッヒ監督の「GODZILLA ゴジラ」(1998)があるが、ギャレス・エドワーズ監督(「モンスターズ 地球外生命体」)がメガホンをとる新バージョンは、リブート版にあたる。

 今春のクランクインに向けて準備が進められるなか、製作スタジオとプロデューサーがギャランティとクリエイティブ面で対立。関係者によれば、製作スタジオのレジェンダリーが映画プロデューサーのダン・リン(「シャーロック・ホームズ」)とロイ・リー(「THE JUON 呪怨」)にギャラの減額を要求したものの、2人が拒否したため同企画から追放したという。

 ダン・リンは日本の製作元の東宝に出向き、リメイク権獲得を取りまとめた立役者であるだけに、レジェンダリーの行動は波紋を呼んでいる。なお、同社はハリウッド版「ゴジラ」のシリーズ化を狙っているという。


 こういうトラブルがあると、大抵ダメダメな映画になってしまうので、これじゃ今回もあまり期待できないね。本来の「ゴジラ」が持つテーマからあまりにもそれ過ぎたものは、作ってほしくないような気もする。

|

« ラジー賞ノミネート発表 「トワイライト」最終章が全部門に候補入り | トップページ | LOOPER/ルーパー »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米リメイク版「ゴジラ」めぐり内紛:

« ラジー賞ノミネート発表 「トワイライト」最終章が全部門に候補入り | トップページ | LOOPER/ルーパー »