« 「マクロス」再編アニメ「ロボテック」ハリウッド実写版の監督決定 | トップページ | さよならドビュッシー »

2013年1月29日 (火)

ted テッド

ted テッド
劇場:TOHOシネマズ二条
監督・原案:セス・マクファーレン
音楽:ウォルター・マーフィー

出演(吹替版声優 ※判明しているもののみ):セス・マクファーレン〔テッドの声〕(有吉弘行)、マーク・ウォールバーグ(咲野俊介)、ミラ・キュニス(斎藤恵理)、ジョエル・マクヘイル(三木眞一郎)、エイディン・ミンクス(沢城みゆき)、パトリック・ウォーバートン(立木文彦)、マット・ウォルシュ(大塚芳忠)、ジェシカ・バース(小島幸子)、ビル・スミトロヴィッチ(飯塚昭三)、ラルフ・ガーマン(相沢まさき)、アレックス・ボースタイン(安達忍)、ローラ・ヴァンダーヴォート(弓場沙織)、ブレトン・マンリー(田村睦心)、ゼーン・コワンズ〔若年期のテッドの声〕(釘宮理恵)、ジェシカ・ストループ(福田桃代)、サム・J・ジョーンズ(羽佐間道夫)、ノラ・ジョーンズ(松本梨香)、トム・スケリット(岩崎ひろし)、ジョン・ヴィーナー(明平鉄平) 他

ナレーター:パトリック・スチュワート(富田耕生)

カメオ出演:ライアン・レイノルズ


 《お下劣だけど嫌味がなく面白いおっさんテディ ただし映画ファン向け》


 本業は俳優業がメインのマルチタレントであるセス・マクファーレンが、長編映画監督デビューとなった作品。


 1985年クリスマスの夜。友達が全くいない少年・ジョン(ブレトン・マンリー)は、神様にこんなムチャなお願いをした。

「大好きなテディベア『テッド』と本当の友達になりたいよ…」。

軟弱な少年であるほど、願いのパワーは強い! 祈りはあっさり通じてテッドに魂が宿ったのだ。そしてテッドとジョンは誓う「僕達は一生友達だよ!」。


 しかし、27年後…。


 「奇跡」の鮮度は意外と短かった。時が経ち、ジョン少年は立派なダメ男(マーク・ウォールバーグ)に成長し、テッドは「中身だけ」が人間と同じく成長したので見た目はカワイイくまちゃんなのに、中身は下品なジョークと女の子が大好きな中年オヤジに成り下がってしまった。


 本能に従い、低モラルで無意味な毎日を謳歌するぬいぐるみといい年こいたオッサン。しかし、ジョンの彼女・ロリー(ミラ・キュニス)はそんな中学生ノリの2人にブチ切れ寸前。ついにはジョンに「あたしの方が大事なら、あのエロクマと別れて!」と迫るのだ…。


 命が宿ったテディベアと少年との交流なら、単なるファンタジー映画にすぎないのだが、“奇跡のベア”と最初は持て囃されたテッドも、時が経てば普通のエロオヤジと化し、お下劣ネタ満載のコメディとなる。普通なら大人と子供が一緒に観られそうな映画なのに、子供にゃちょいと刺激のキツイ場面(一瞬だがヌードも)ありのR15+指定である。


 まぁ、おバカ映画ととらえればお下劣ネタも楽しいが、ずっとその調子でいくのかと思いきや、そのテンションが持続しない。


 それならとばかりに、'80年代の人気映画をネタにしたギャグが中盤から押し寄せてくるのだが、これがちょっとマニアックすぎるのだ。そりゃ、「E.T.」や「サタデー・ナイト・フィーバー」、「エイリアン2」なんかは有名だし、観ていなくとも大体は皆分かるだろうけど、メインのネタになるのが「フラッシュ・ゴードン(映画版)」とTVドラマ「ナイトライダー」なのだ。「ナイトライダー」は日本でも人気があったし、当時観ていた人も多いだろうが、「フラッシュ・ゴードン」なんて分かる人いるのだろうか(笑)。僕はテレビで2回くらい観たことがあるので、何とかついていけたのだが、知らないとちょっと厳しいかもしれない。


 結局、この映画は'80年代の映画のファンか、少しでも知っている人でないと、面白みが半減してしまう映画だ。もちろんこの映画を観てから元ネタの映画をDVDで観て楽しむ事もできるのだが、わざわざそんな事する人いるのだろうか? ちなみに僕は映画をたくさん観るようになったのは'80年代後半からなので、この映画に出てくるネタもほとんど分かったし(当時は今と違って映画のテレビ放送権が地上波におりてくるまで最低4年かかった)、楽しめたので星を多めに付けた。ヒットを受けて続編が作られるらしいが、今度は映画以外のものから爆笑ネタをやってほしい。


私の評価…☆☆☆☆

|

« 「マクロス」再編アニメ「ロボテック」ハリウッド実写版の監督決定 | トップページ | さよならドビュッシー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ted テッド:

« 「マクロス」再編アニメ「ロボテック」ハリウッド実写版の監督決定 | トップページ | さよならドビュッシー »