« アンナ・パキン、ショーン・アシュモアら3人が「X-MEN」最新作にカムバック | トップページ | 【映画は大映 第2弾】大魔神(1966年) »

2013年2月 4日 (月)

「スター・ウォーズ」旧作の3D再上映計画が中止に

 「スター・ウォーズ」6部作を3D化して再上映する計画が中止になったと、Deadlineが報じた。

 2010年9月に、ルーカスフィルムと当時の配給会社である20世紀フォックスは、全6作を3D化して再上映すると発表。12年2月に全米公開された「スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス 3D」を皮切りに、「スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃」を13年9月20日、「スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐」を13年10月11日に全米公開する予定だった。

 しかし、昨年ルーカスフィルムを40億5000万ドルで買収したウォルト・ディズニーは、計画中止を決定。旧作の3D化よりも新3部作の製作に集中する考えだという。「エピソード1 ファントム・メナス 3D」の全米興行収入は期待外れの2300万ドルで、「美女と野獣(1991)」や「モンスターズ・インク」といったアニメの3D化の観客動員も芳しくないことから、打ち切ることを決断したようだ。

 なお、ディズニー傘下で製作されるシリーズ最新作「スター・ウォーズ エピソードVII」は、15年の公開予定。脚本は「リトル・ミス・サンシャイン」「トイ・ストーリー3」のマイケル・アーント、監督はヒットメーカーのJ・J・エイブラムスになると正式に発表されたばかりだ。


 まぁ、ほんのちょっと映像が変わっているだけで、中身が殆ど同じものを観てもしょうがないか。

|

« アンナ・パキン、ショーン・アシュモアら3人が「X-MEN」最新作にカムバック | トップページ | 【映画は大映 第2弾】大魔神(1966年) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「スター・ウォーズ」旧作の3D再上映計画が中止に:

« アンナ・パキン、ショーン・アシュモアら3人が「X-MEN」最新作にカムバック | トップページ | 【映画は大映 第2弾】大魔神(1966年) »