« ヒッチコック | トップページ | ライジング・ドラゴン »

2013年5月 1日 (水)

AURA 〜魔竜院光牙最後の闘い〜

AURA 〜魔竜院光牙最後の闘い〜
AURA 〜魔竜院光牙最後の闘い〜
劇場:テアトル梅田
監督:岸誠二
原作:田中ロミオ「AURA 〜魔竜院光牙最後の闘い〜」
音楽:大島ミチル
主題歌:CooRie「僕らのセカイ」

声の出演:佐藤一郎…島崎信長、佐藤良子…花澤香菜、担任(どりせん)…水島大宇、子鳩志奈子…金元寿子、高橋裕太…木村良平、山本…安元洋貴、大島弓菜…井上麻里奈、忌野アキ…明坂聡美、木下…谷山紀章、鈴木おさむ…山口勝平、安藤たつお…松田健一郎、織田…小林ゆう、樋野…斎藤千和、久米…森久保祥太郎、姉貴…雪野五月 他


 《ファンタジーの世界で、現代の中高生が抱える問題を描く》


 田中ロミオ原作のライトノベルを、TVアニメ「人類は衰退しました」のスタッフが映画化。高校デビューしたはずの男子生徒が、魔女の格好をする女子生徒に出会って以来、彼の生活やクラスが大きく変わるラブコメ物語。


 中学生の時にいじめられていた佐藤一郎は、普通であることを心がけて無事高校デビューを果たした。ある夜、忘れ物を取りに学校へ忍び込んだ一郎は、青の魔女と出会う。彼女は同じクラスの佐藤良子。本物の魔女なのかただそんな格好をしているだけなのか判断がつかない一郎。この出会いを境に彼のクラス内での立場が一変。また、同じクラスに潜伏していたという妄想戦士(ドリームソルジャー)たちが名乗り出てきて、一郎の困惑はますます深まる…。


 これまた所謂“中二病”を扱った映画であるが、本編の内容は、ポスターやチラシのデザインからは違った印象を受ける。映画の中の大部分はヒロインの“妄想世界”が繰り広げられるので、決して暗い映画ではないのだが、主人公は過去に、ヒロインは今もイジメられているといった経験があり、そこから引き込もって自分だけの世界にどっぷりハマっているのである。


 要するにこの映画は何を観る側に言いたいのかというと、問題を抱えて自分の殻に閉じこもっていても、何にもならないんだよと、でも解放されるためには自分だけの力じゃどうにもならないから、自分の事をちゃんと分かってくれる誰かの力が必要だよね、ということなのだ。


 ヒロインの妄想世界が暴発するクライマックスは見応えあるのだが、その割りに落ち着くべきところに落ち着くラストは少しショボい。全体的にまとまりはいいのだが、欲を言えば少し捻りがほしかった。エピローグで遂に“自分の殻”を破り、皆と同じ制服姿で登校するヒロインがすごく可愛い。人間って、ちょっとしたきっかけで良いようにも悪いようにも変われるんだよね。


私の評価…☆☆☆★

|

« ヒッチコック | トップページ | ライジング・ドラゴン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AURA 〜魔竜院光牙最後の闘い〜:

« ヒッチコック | トップページ | ライジング・ドラゴン »