« Wake Up, Girls! 七人のアイドル | トップページ | 大脱出 »

2014年1月19日 (日)

トリック劇場版 ラストステージ

トリック劇場版 ラストステージ
劇場:TOHOシネマズ二条
監督:堤幸彦
脚本:蒔田光治
音楽:辻陽
主題歌:鬼束ちひろ「月光」
出演:仲間由紀恵、阿部寛生瀬勝久、野際陽子、東山紀之、北村一輝、水原希子、中村育二、石丸謙二郎、池田鉄洋、吉田鋼太郎 他


 《有終の美… アレ?》


 人気TVドラマシリーズの劇場版第4作で、シリーズ完結編となる。


 ある日、天才物理学者・上田次郎(阿部寛)は「村上商事」の加賀美慎一(東山紀之)から、海外の秘境ムッシュム・ラー村にあるレアアース採掘のために力を貸してほしいという依頼を受ける。採掘権は獲得したのだが、その奥地にあるヤー村に住む部族が立ち退きに応じない。彼らが信奉する呪術師(水原希子)が持つ不思議な力、未来を予知し人を呪い殺すというトリックを見破ることができれば、部族を立ち退かせることができるのだが…。


 例によって例のごとく、上田は自称超売れっ子天才美人マジシャン・山田奈緒子(仲間由紀恵)の力を借りることに。もちろん恐ろしい呪術師との対決のことはまったく伏せて、上田は奈緒子にタダで海外に行ける用事があることをほのめかす。案の定、奈緒子は初の海外旅行に心惹かれて、ホイホイとついて行く。現地では医師の谷岡将史(北村一輝)だけでなく、何故か矢部刑事(生瀬勝久)も合流。ジャングルの川を遡り、因習に閉ざされた村を目指すのだが…。


 足掛け14年続いたこのシリーズ“一応の”(笑)完結編となる。特にTVドラマ版第1作を第1回から観ている人は感涙もののラストである。


 ユルユルな雰囲気は14年経っても相変わらずで、人気映画やドラマから小ネタやパロディを仕掛けてくるのもこれまでどおり。「タイタニック」や「ライフ・オブ・パイ」、堤監督自身の作品「SPEC」から何故か映画版「金田一耕助シリーズ」まで、映画ファンとしては、何処に何が隠れているのか見つけるのが楽しい。


 完結編なんだから、最後は山田と上田が結ばれたりとか華々しく終わるのかなと思ったら、案外普通に終わるので、肩透かしを食らった気分になるのだが、矢部刑事の初代相棒・石原刑事(前原一輝)の復活(スピンオフ・ドラマ最終回での予言どおり)や、懐かしいTVドラマ初回の仲間さんのお姿(14年殆ど変わらず美しい!)など、ファンなら観て損はない1本となっている。


 ちなみに堤監督自身は、まだこのシリーズを終わらせたくないらしい。里見の書道教室で見かける作品の題字は、いつになく意味深だ。ひょっとして… まさかの… 何やねん(笑)! 気になるなぁ。


私の評価…☆☆☆★

|

« Wake Up, Girls! 七人のアイドル | トップページ | 大脱出 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トリック劇場版 ラストステージ:

« Wake Up, Girls! 七人のアイドル | トップページ | 大脱出 »