« 名探偵コナン異次元の狙撃手(スナイパー) | トップページ | キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー »

2014年5月17日 (土)

〈新・午前十時の映画祭〉シャレード

〈新・午前十時の映画祭〉シャレード
劇場:TOHOシネマズ二条
監督:スタンリー・ドーネン
脚本:ピーター・ストーン
原作:ピーター・ストーン、マルク・ベーム「シャレード」
音楽:ヘンリー・マンシーニ
衣裳デザイン:ジヴァンシー
出演:オードリー・ヘップバーン、ケーリー・グラント、ウォルター・マッソー、ジェームズ・コバーン、ジョージ・ケネディ、ネッド・グラス、ドミニク・ミノット、トーマス・チェリムスキー 他

(写真は1963年初公開時のパンフ表&裏表紙)


 《ミュージカル映画の大御所が作ったサスペンス映画》


 1963年に製作されたミステリー・コメディ。作中でヘップバーンが着たジヴァンシーの衣裳が、公開当時大きな話題となった。2002にはジョナサン・デミ監督、マーク・ウォールバーグとタンディ・ニュートンの共演でリメイクされたが、本作がパブリック・ドメイン(著作権消失)となっている影響か、このオリジナル版と比べサスペンス色が強いアレンジがされており、エンターテインメントとしての評価は低い。


 フランスの冬の観光地。レジーナ(オードリー・ヘップバーン)は友人とスキーを楽しんでいた。彼女は夫との離婚を決意する一方、そこで偶然知り合ったピーターに心を惹かれた。パリのアパートに帰った彼女は夫の殺害を知らされ唖然とする。夫の葬儀のとき、会葬者の中に見知らぬ3人の男ペンソロー(ジェイムズ・コバーン)、ギデオン(ネッド・グラス)、スコビー(ジョージ・ケネディ)がいた。大使館で彼女は情報部長に、夫は戦時中、会葬に来た男たちと共謀して25万ドルを隠匿、戦後山分けをすることになっていたが、夫はそれを裏切り金を持って逃げるところを殺された、政府のお尋ね者だったと聞かされた。葬儀にいた3人は、消えた25万ドルのありかをレジーナが知っていると睨んで、何も知らない彼女に金を要求する。スコビーが彼女の部屋に侵入した時、レジーナの悲鳴を聞いてピーターが逃げるスコビーを追い、ある部屋に続いて飛び込んだ彼は例の3人に挨拶をした。ピーターも仲間の1人なのか? レジーナと男たちは互いに信用できなくなり申し合わせて互いに相手の部屋を捜索することにした。やがて、ピーターの部屋でスコビーが死体となって発見される。そして、エレベーターの中でギデオン、レジーナの部屋でベンスローも殺された…。


 果たして犯人はピーターなのか? そして、25万ドルの行方は…。


 これほどお洒落で楽しいサスペンスが、他にあるだろうか。監督のスタンリー・ドーネンは確かに「アラベスク」(1966年)等のサスペンス映画も作ってはいるが、やはり「踊る大紐育(ニューヨーク)」(1949年)や「雨に唄えば」(1952年)といった、所謂MGMミュージカル映画の大御所監督といったイメージが強い。


 この映画も確かにスリルに満ちたサスペンスではあるが、殺人などのシーンはあってもグロテスクさは一切無く、オードリー・ヘップバーンの魅力も相まって非常に明るいものになっている。


 また、過去のフィルム版「午前十時の映画祭」に登場した「スティング」(1973年・“新・午前十時〜”では今回が“初”)同様、観客まで騙される“騙しの映画”としても秀逸で、本来なら悪役をやってもおかしくない強面俳優のジョージ・ケネディやジェームズ・コバーンを、大悪役ではなくブラフ的な役割で見せ、悪役のイメージなど殆ど無い喜劇俳優のウォルター・マッソーを悪役に据えるという、観る側のイメージを覆すような面白さを持っている。


 だが、何といってもその華やかな明るさの大部分は、前述のようにオードリー・ヘップバーンの存在だということは、間違いない。さすがに「ローマの休日」(1953年)からは歳月が経って、初々しさというものは無いが、最初は四半世紀ほどもある年齢差を気にして出演を拒否していたケーリー・グラントが、撮影終了時には再共演を望んだというほど、虜にしたという裏話があり、その魅力はスクリーンからも放たれ、オードリーが亡くなって20年が経った(1993年没・享年63歳)今でも、僕たちを魅了し続けるのである。


私の評価…☆☆☆☆★

|

« 名探偵コナン異次元の狙撃手(スナイパー) | トップページ | キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〈新・午前十時の映画祭〉シャレード:

« 名探偵コナン異次元の狙撃手(スナイパー) | トップページ | キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー »