« 訃報:米俳優のロビン・ウィリアムズさん死去 | トップページ | オール・ユー・ニード・イズ・キル »

2014年8月14日 (木)

渇き。

渇き。
劇場:MOVIX京都
監督:中島哲也
脚本:中島哲也、門間宣裕、唯野未歩子
原作:深町秋生「果てしなき渇き」
音楽:GRAND FUNK.Inc
主題歌:ディーン・マーティン「Everybody Loves Somebody」
劇中歌:でんぱ組.inc「でんでんぱっしょん」
出演:役所広司、小松菜奈、清水尋也、妻夫木聡、オダギリジョー、高杉真宙、二階堂ふみ、橋本愛、森川葵、黒沢あすか、青木崇高、國村隼、星野仁、康芳夫、中谷美紀、葉山奨之、渡辺大知、派谷恵美 他


 《登場人物が皆、悪人》


 第3回「このミステリーがすごい」大賞の大賞受賞作を、「告白」の中島哲也監督が映画化。関係が希薄になった現代の家族像を浮き彫りにする。


 妻の不倫相手への傷害事件で大宮北警察署を退職し、その後離婚した藤島昭和(役所広司)。現在は警備会社警備員の藤島のもとに、ある日別れた妻・桐子(黒沢あすか)から、娘の加奈子(小松菜奈)の行方が分からなくなったと連絡が入る。家族を失った原因について顧みずに、理想の家族像を手に入れようと思い描き、なりふり構わず娘の行方を追う藤島。成績優秀で学校の人気者。気さくで優しく誰にでも人当たりがいい、まるで天使のような性格の娘に何が起こったのか…?


 やがて、娘の所持品や交友関係を調べるうちに、自分の知らない娘の一面を目の当たりにしていく…。


 良く言えば、中島哲也監督らしいパワフルな映画。悪く言えば、画が汚い映画(笑)。登場人物全員が悪人という映画はちょくちょくあるが、その誰にも共感できないというのは、滅多にない。


 役所広司演じる父親のろくでなしぶりが凄まじく、それだけでも観ていてかなり疲れるのだが、その娘も強烈である。この映画は役所広司を始め、若手からベテランまで実力派俳優が勢揃いしているが、その中でこの役を演じる新人・小林菜奈の存在感が光っている。


 前半がしっかり描けている分、後半がかなり駆け足となり、クライマックスも唐突な感じがするのが残念ではあるが、原作がかなりの長編らしいので、仕方がないのかも。もう少し前半と後半のバランスが良ければ、ちょっと評価は上乗せできたかな?


私の評価…☆☆☆

|

« 訃報:米俳優のロビン・ウィリアムズさん死去 | トップページ | オール・ユー・ニード・イズ・キル »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 渇き。:

« 訃報:米俳優のロビン・ウィリアムズさん死去 | トップページ | オール・ユー・ニード・イズ・キル »