« サード・パーソン | トップページ | 訃報:米俳優のロビン・ウィリアムズさん死去 »

2014年8月 6日 (水)

トランセンデンス

トランセンデンス
トランセンデンス
トランセンデンス
劇場:MOVIX京都
監督:ウォーリー・フィスター
脚本:ジャック・パグレン
製作総指揮:クリストファー・ノーラン 他
音楽:マイケル・ダナ
出演(吹替版声優 ※判明しているもののみ):ジョニー・デップ(平田広明)、レベッカ・ホール(北西純子)、ポール・ベタニー(内田夕夜)、ケイト・マーラー(坂本真綾)、キリアン・マーフィー(鈴木正和)、コール・ハウザー(さかき孝輔)、モーガン・フリーマン(坂口芳貞)、クリフトン・コリンズ・Jr.(高木渉)、コリー・ハードリクト(櫻井トオル)、ファルク・ハンチェル(田村真)、ジョシュ・スチュアート 他

〔人工知能システムコンピューター“PINN”の声(字幕版は多重合成音声)〕坂上忍


 《ジョニデ主演にしてはつまらない映画》


 これまでクリストファー・ノーラン監督作品等で撮影監督を務めてきたウォーリー・フィスターの監督デビュー作。


 人工知能が人間の知性を超える現象「トランセンデンス」を開発研究する科学者ウィル・キャスター(ジョニー・デップ)は、ある日、反テクノロジーの過激派組織の凶弾に倒れてしまう。死の間際に、妻・エヴリン(レベッカ・ホール)は彼の頭脳をスーパーコンピューターへインストール、それは自我を持った超頭脳の誕生であった。ウィルの意識はコンピューターの中で生かされ、ネットワークの力により軍事機密、金融、政治から個人情報まで地球上の全ての情報を手に入れる事になる。やがて、超高速処理能力で化学反応を引き起こしながら、人類の想像を遥かに超える進化をし始める。


 ナノテクノロジーを駆使し、現実の世界にまで及んだ彼の力は、遂に生命までもコントロールする。常人を遥かに超える力で増殖し、拡散し、支配するウィルに「彼は私の愛した人なの?」と疑問を感じ始めるエヴリンだった。


 まるで神の如き力を手にし、変わり果てた男に世界は恐怖を感じ、秘かに抹殺計画が進行する…。


 「ダークナイト」シリーズのクリストファー・ノーラン製作でジョニデ主演となれば、期待しないほうがおかしいのだが、これは期待外れの“金返せ”映画。どこが面白いのだ? これ。


 確かに近い将来、これに近いような事が起こりそうなリアリティのある内容で、ネットワーク社会へ警鐘を鳴らす映画ではあるが、話自体がやや難解なうえに展開にメリハリが無いため、観ていて疲れるし少々眠たくなる。


 それでもまだ、ハッピーエンドで終わるなら、救いようがあるが、あのオチではそうとは思えず最後まで気分は晴れない。ノーラン本人が監督すれば、また違ったものになっていたかもしれないが、この監督では力不足だった。


私の評価…☆

|

« サード・パーソン | トップページ | 訃報:米俳優のロビン・ウィリアムズさん死去 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トランセンデンス:

« サード・パーソン | トップページ | 訃報:米俳優のロビン・ウィリアムズさん死去 »