« 楽園追放 -Expelled from Paradise- | トップページ | 今年もよろしくお願いします »

2014年12月31日 (水)

有頂天時代(1936年)

有頂天時代(1936<br />
 年)
劇場:プラネットプラスワン
監督:ジョージ・スティーヴンス
脚本:ハワード・リンゼイ、アラン・スコット
原作:アーウィン・S・ジェルシー
製作:パンドロ・S・バーマン
音楽:ジェローム・カーン
ダンス監督:ハーミズ・パン
出演:フレッド・アステア、ジンジャー・ロジャース、ヴィクター・ムーア、ヘレン・ブロデリック、エリック・ブローア、ベティ・ファーネス、ジョージ・メタクサ、ランダース・スティーヴンス、ジョン・ハリントン、ピエール・ワトキン 他


 《ダンスの黄金コンビによるミュージカルの快作》


 フレッド・アステアとジンジャー・ロジャースという、映画史に輝く黄金コンビによる6度目の共演作。尚、表題に年号を付けたのは、同名タイトルで内容が異なるアメリカ映画(1930年公開)と、日本映画(1951年公開)があり、区別したためである。


 ラッキー(フレッド・アステア)はポップ一座の舞台でダンサーをしていたが、許嫁のマーガレット(ベティ・ファーネス)と結婚する事になった。ところがカジノに夢中になって結婚式の時間に遅れたため、マーガレットの父は怒って貯金が2万5千ドルできるまで結婚を許さぬと言い出す。そしてラッキーはニューヨークにやって来た。そこでひょんな事から舞踊学校の教師ペニー(ジンジャー・ロジャース)と知り合い素人のふりをして彼女の許に弟子入りした。彼は故意に不器用なふりをしたのでペニーは彼を叱り飛ばしたが、これが原因で校長は彼女をクビにした。するとラッキーは彼女に習ったといって素晴らしいタップを見せたので、校長は喜んで2人をチームとしてナイトクラブに出演させる。ポップ(ヴィクター・ムーア)も同じ学校に入っていて、彼が原因で受付けのメーベル(ヘレン・ブロデリック)がクビになる。ポップは彼の舞台衣装を買いに出たが、その金を賭博ですってしまう。その代わり燕尾服を着た酔いどれ紳士を連れてきたので、ラッキーは賭けをして服を巻き上げようとする。ところが紳士は連戦連勝、ラッキーは裸にされてしまう。これで出演は延期、彼はペニーに絶交を宣言されるがメーベルの取り成しで仲直りする。ところが今度はクラブのオーナーがインチキ野郎のレイモンド(ジョン・ハリントン)にバンドを取られてしまう。ラッキー、ポップ、メーベル、ペニーの4人はレイモンドに賭けを申し込んで大勝しバンドを取り戻し、出演のためのテストは大成功に。ラッキーの貯金はたちまち増えたが、今ではペニーを愛する彼は貯金が2万5千ドルに達しないよう苦心する。そんな時にペニーはポップからラッキーの婚約を聞いてしまい…。


 今年はどうやらこれが最後のアップになりそう。今年観た映画は107本。昨年より若干減った。今年前半は仕事が忙しかったし、後半は観たい映画が昨年ほどは無かったのも影響しているかもしれない。とりあえず100本超えはしたかったので、一応目標は達成した。来年も、100本は観たいなぁと思っている。で、結局、ここに感想を書くのは追いつけなかった。まだ、書いてないのが数本、ほぼ1か月遅れになっている(まぁ、それでも一時は2か月近く遅れていたからよく追いついた方だよなぁ)。なんとか早く追いつきたい。


 で、今年最後に観たのがコレ。プラネットプラスワンでの企画「シネスタディ」12月分の1本。ここはロードショー館ではなく、ウォーカー等の雑誌にも殆ど載っていない、大阪の中崎町というところにある、収容人数20人程の小さな映画館。今時珍しいフィルム上映である。通常ここは会員制で、会員ではない人は入れないが、「シネスタディ」他一部の企画は、京都や大阪の特定の単館系映画館に置いてあるチラシを持っていけば、一般客でも格安料金で鑑賞可能なのだ。ちなみに、ここで上映されるフィルムは殆どが16mmだ。


 この映画はDVDでも発売およびレンタルはされているが、やっぱりスクリーンで観られるなら、どうしても観たかった。アステアとロジャースのコンビの映画は10作あるが、これはその6作目。アステアはロジャースの他にもエレノア・パウエルやカラーになってからはシド・チャリシーなどと組んでいるが、やっぱりロジャースとのコンビが一番なのだろう。6作目ともなると、呼吸というか間合いもぴったりで、観ていて楽しいし気分がいい。


 一番の見所はアステアが珍しい黒塗り顔でハーレムを背景に踊る「ボージャングルズ・オブ・ハーレム」の場面。凝ったセットと影を使った効果で盛り上げる。ここの部分はニコニコ動画でも観ることができる。


 ちなみに1月にはこの「シネスタディ」で、同じアステア&ロジャース=コンビの最大のヒット作「トップ・ハット」が上映される。こちらもDVDは同じIVCから発売されているが、やはりできればスクリーンで観たいところだ。時間があれば観に行きたい。


私の評価…☆☆☆☆

|

« 楽園追放 -Expelled from Paradise- | トップページ | 今年もよろしくお願いします »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 有頂天時代(1936年):

« 楽園追放 -Expelled from Paradise- | トップページ | 今年もよろしくお願いします »