« 今年もよろしくお願いします | トップページ | 神さまの言うとおり »

2015年1月 3日 (土)

西遊記〜はじまりのはじまり〜

西遊記〜はじまりのはじまり〜
西遊記〜はじまりのはじまり〜
劇場:TOHOシネマズ二条
監督:周星馳
共同監督:郭子健
脚本:周星馳、郭子健 他
製作:周星馳、江玉儀 他
音楽:黄百鳴
主題歌:舒淇「一生所愛」
エンディング・テーマ:「Gメン'75のテーマ」
出演(吹替版声優 ※判明しているもののみ):文章(斎藤工)、舒淇(貫地谷しほり)、羅志祥(神谷浩史)、李尚正(台詞無し)、陳炳強(台詞無し)、葛行宇(山寺宏一)、程思寒(茶風林)、周秀娜(桜 稲垣早希) 他


 《イメージとは違うが楽しい「西遊記」前日譚》


 日本でもお馴染みの物語「西遊記」を「少林サッカー」のチャウ・シンチーが映画化。今回は玄奘(三蔵法師)が孫悟空らと出会うまでのオリジナルストーリー。


 妖怪が人間の言葉を奪い、跋扈する世界。若き妖怪ハンター・三蔵法師(文章=ウェン・ジャン)は、大いなるものに己を差し出すと固く心に誓い、妖怪退治に乗り出す。しかしそれは、苦難の連続だった。それでも水の妖怪や豚の妖怪、さらには妖怪の大王・孫悟空(葛行宇=ホアン・ボー)に立ち向かっていく。敵だった彼らを弟子として迎え入れることで、三蔵法師は本当の愛に気付き大きく成長する。そして4人は罪を償い人々を助けるために、天竺に向け旅に出るのだが…。


 果たして、妖怪との戦いやいかに…?


 久々にチャウ・シンチーらしいハチャメチャな娯楽作。この人、プロデュースのみの映画はあまりたいした事ないのだが、さすがに監督を任されると、ちゃんと魅せるモノを作る。


 ただ、同じ「西遊記」でも堺正章や香取慎吾が主演だった日本のテレビドラマと違い、こちらの映画はシンチーの映画としてもかなりシリアスな方で、所々にグロいシーンがあったり、お色気ネタもあったりと、大人向けのものになっている。冒頭のアノ場面はスピルバーグの映画のオマージュだろうが、いきなり子供が殺されるのには驚いた。


 一応、どの世代でも楽しめるとは思うが、「PG-12」指定で前述のようにグロさもあるので、子供に観せるのには考えなければいけないかもしれない。邦題には無いが原題には「降魔編」とあり、何やら続編を示唆するような形で“劇終”となるが、実際続編の構想はあるみたいなので、原作どおりになるのか、チャウ・シンチーらしいオリジナルになるのか分からないが、是非作ってほしい。


私の評価…☆☆☆★

|

« 今年もよろしくお願いします | トップページ | 神さまの言うとおり »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西遊記〜はじまりのはじまり〜:

« 今年もよろしくお願いします | トップページ | 神さまの言うとおり »