« くちびるに歌を | トップページ | 写真がちゃんとアップできない! »

2015年4月10日 (金)

唐山大地震

\"唐山大地震\"
\"唐山大地震\"
劇場:塚口サンサン劇場
監督:馮小剛
脚本:蘇小衛
原作:チャン・リン「唐山大地震」
音楽:王黎光
主題歌:王菲「心經」
出演(吹替版声優 ※判明しているもののみ):徐帆(高島雅羅)、張静初(相武紗季)、李晨(佐藤拓也)、張子楓(芦田愛菜)、張家駿(磯辺蒼太)、陸毅(戸谷公人)、張国強(佳月大人)、王子文(楠見藍子)、楊立新(紺野相龍)、呂中(安芸けい子)、詠梅(友近)、劉莉莉、陳道明(佐々木勝彦)、陳瑾(水野ゆふ) 他

※吹替版キャストは4年前の試写会時と同じもの。今回当初は字幕版のみの公開予\定だったが、多くの劇場スタッフの熱意により、一部の劇場で吹替版も上映されることになった。

 《巨大地震によって引き裂かれた家族の運命》

 20世紀最大の地震被害といわれる、唐山地震をモチーフに描いた小説「唐山大地震」(原題「余震」)を映画化。監督は中国のスピルバーグと呼ばれる馮小剛(フォン・シャオガン)で、中国では2010年7月に公開され中国映画歴代1位の興収記録となった。日本では当初、2011年3月26日に公開予\定だったが、公開直前の3月11日に東日本大震災が発生し、公開延期となっていた。

 1976年7月28日。唐山市に住む家族を未曾\有の大地震が襲う。父は家に取り残された2人の子供(張子楓=チャン・ツイフォン、張家駿=チャン・ジアージュン)を助けようと家に飛び込むが、建物が倒壊し命を落としてしまう。翌朝、一人絶望の淵にいる母親(徐帆=シュイ・ファン)の元に、子供たちが瓦礫の下で奇跡的に息をしている事が伝えられる。

 「両方の子供を救って…。」

と救助を懇願する母親。だが時間は迫り、救出できるのは片方だけだという、あまりにも過酷な選択に迫られる。

 「息子を…」

泣き崩れる母親。そして、その消え入るような声は娘の耳にも届いていた。

 時は流れ、娘の死を思い続けながら母親は生きていた。そして絶望的な状況から奇跡的に生き延びていた娘(張静初=チャン・チンチュー)も養父母の元、成長していたのだ。

 今、32年の時を経て、親子の運命が大きく動きだす…。

 4年前の震災で、公開延期になっていた映画は、公表\されているものだけでも十\数本ほどあったと思うが、その殆どは、数か月から1年程で劇場公開されたり、最悪でもDVDスルーされるなど、何らかの形で封印が解かれ日の目を浴びる事ができた。恐らく最後まで残っていたのは、この映画なのではないか。通常このような形で公開時期を逃してしまうと、完全封印されてしまう事が多く、ここはDVDスルーではなく封切に踏み切った関係者に拍手を送りたい。

 さて、なぜこの映画が封印されていたのかというと、やはり地震そのものを描いた部分があるからで、そこに割いた時間は短いものの、映画の冒頭には唐山地震、クライマックスにはその32年後に起こる四川地震が、随所にCGを使いながらもかなりリアルな描写で描かれている。

 だが、この映画はディザスター映画ではない。地震によって引き裂かれた家族の喪失と再生の物語であり、究極の選択の末に娘を助けなかった母と、隻腕となりながらも助けられた弟、奇跡的に死体置き場で蘇生し母親に見捨てられたと思っている娘の3人を軸に、壮大な人間ドラマが繰り広げられる。

 唐山地震と四川大地震の映像が、あまりにもインパクト大なため、その人間ドラマの部分がやや冗長な感があるが、しっかりと作り込んでいるため飽きてくるような事はない。さり気なくその32年間の中国における高度成長を、そのドラマ部分に織り込んでいるし、主人公の母や養父母は言わば時代に取り残されていく古い時代の、そして主人公とその弟は新しい中国の象徴として描いているのも興味深い。

 残念なのは、松竹系で拡大公開予\定だった4年前と違い、今回は全国約20スクリーン(現時点 今後増える可能\性あり)での限定公開となってしまった事。実はこの映画、中国初のIMAX方式で製作された映画なのだが、日本では殆どの劇場で35mmフィルムでの上映となっている。もしかしたら今、フィルムのプロジェクターが残っている映画館が少なくなっているのかもしれないが、前述のとおりこの映画はスペクタクルを楽しむ映画ではない。逆に被災者を勇気づける映画であると思うので、もう少し多くの映画館で公開してほしいものだ。

私の評価…☆☆☆☆★

|

« くちびるに歌を | トップページ | 写真がちゃんとアップできない! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 唐山大地震:

« くちびるに歌を | トップページ | 写真がちゃんとアップできない! »