« LOGAN/ローガン | トップページ | おとなの恋の測り方 »

2017年7月30日 (日)

レイルロード・タイガー

レイルロード・タイガー
劇場:TOHOシネマズ二条
監督・脚本:丁晟
共同脚本:何可可
原作:刘知侠「铁道游击队」
音楽:捞仔
出演:成龍、房祖名、黃子韜、王凱、王大陸、桑平、吴永伦、徐帆、柳海龙、池内博之、矢野浩二、劉德華、鄔禎琳 他


  〈ジャッキー・チェン主演の抗日映画〉


 1941年の中国を舞台に、日本軍に立ち向かうゲリラ隊、レイルロード・タイガースの活躍を描くジャッキー・チェン主演のアクション。ジャッキーの息子、ジェイシー・チェンや、彼らの作戦を妨害しようとする敵のリーダー役で池内博之が出演。


 1941年、中国。天津と南京を結ぶ列車内では、多くの中国人乗客に混じって、完全武装した日本軍が警備を行なっていた。その列車を襲撃したのが、変装して乗り込んでいたマー(ジャッキー・チェン)率いる25名のゲリラ部隊“レイルロード・タイガース”だった。乗客とともに食料を華麗に奪い去った彼らの名前は、たちまち街中に響き渡る。そしてある日、日本軍に大きなダメージを与えるため、マーは韓荘大橋と呼ばれる重要な橋の破壊を計画する。しかし、そこは何百人もの日本兵が守る警戒厳重な場所。部下と共に、見つからないように巧みに橋に接近するマーだったが…。


 これは所謂、“抗日映画”というヤツであるが、こういう映画にも、ジャッキー・チェンら中国の人気俳優が名を連ねるようになってきた。それだけ映画における中国市場の存在感が増してきている。本作の原作は、本国では何度も映像化されているもので、今回は多少アレンジされているらしいが、どこかの国の古いプロパガンダ映画を観ているようで、日本人としては非常に不愉快極まりないものである。


 ジャッキー・チェンも体を張ったアクションは卒業宣言したとおり、本作では列車強奪のギミック中心。還暦過ぎちゃってるので、体が動けるのを観られるだけでも嬉しいのだが、やはり全盛期の彼の映画を知っていると、衰えを感じずにいられないのはちょっと寂しい。


 そんな中、悪の軍人役の池内博之が、めちゃくちゃ楽しそうに悪役を演じていていい。このコミカルな悪役のお陰で、辛うじて娯楽映画としての体裁は保たれた。まぁ、こんな抗日映画なんてものは、余程の映画好きしか観に行かないだろう。昔から香港映画は東宝がよく配給していたとはいえ、シネコンで観られたのは恐らく奇跡だと思う。


私の評価…☆☆

|

« LOGAN/ローガン | トップページ | おとなの恋の測り方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548736/65599043

この記事へのトラックバック一覧です: レイルロード・タイガー:

« LOGAN/ローガン | トップページ | おとなの恋の測り方 »