« アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル | トップページ | モリーズ・ゲーム »

2018年5月31日 (木)

ミッドナイト・サン~タイヨウのうた~

ミッドナイト・サン~タイヨウのうた~
劇場:MOVIX京都
監督:スコット・スピアー
脚本:エリック・カーステン
製作:ジョン・リカード、ザック・シラー、ジャン・ガティアン
製作総指揮:スコット・スピアー 他
音楽:ネイト・ウォルコット
出演:ベラ・ソーン、パトリック・シュワルツェネッガー、ロブ・リグル、クイン・シェファード、ティエラ・スコビー、ポール・マクギリオン、ケン・トレンブレット 他


  〈難病ものにありがちな暗さがないのが良い〉


 YUI主演の映画「タイヨウのうた」をリメイク。病を抱えた少女と夢を諦めた青年の愛の物語。


 太陽の光に当たることができない病気“XP(色素性乾皮症)”に侵されている17歳のケイティ(ベラ・ソーン)は、幼い頃から昼間は家から出られず、父親と二人で時間が経つのを待つだけの日々を過ごしている。唯一の楽しみは、毎夜ギターを片手に駅前まで行き、通行人に向かって歌を歌うことだった。そんなある夜、彼女はチャーリー(パトリック・シュワルツェネッガー)と出会う。チャーリーに病気のことを隠したまま、二人は恋に落ちていく…。


 2006年にミュージシャンのYUI主演で映画が公開され、同年沢尻エリカ主演でTVドラマ化もされた「タイヨウのうた」のハリウッド・リメイク版。因みにオリジナル版も、元々は香港映画「つきせぬ想い」(1993年/アニタ・ユン主演)に着想を得て作られたものである。


 所々に原作からの変更点があったオリジナル版と比べ、より原作に忠実な設定になっていて、アメリカ映画らしく湿っぽさがない。勿論、オリジナル版とどっちが好きかで言うなら僕はオリジナル版の方が好きだが、本作も悪くはないと思う。ただ、ラストの船のシーンはオリジナル版には無かった筈で、あのシーンだけ未練がましくなっているので、無くてもよかったかな。


 ヒロインが奏でる曲は、カバーではなくオリジナルなのだが、不思議とどことなく“YUI for 雨音薫”っぽい。決してお涙頂戴ではないが、泣ける映画である。


私の評価…☆☆☆★

|

« アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル | トップページ | モリーズ・ゲーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミッドナイト・サン~タイヨウのうた~:

« アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル | トップページ | モリーズ・ゲーム »