« ワンダー 君は太陽 | トップページ | メイズ・ランナー:最期の迷宮 »

2018年7月29日 (日)

52Hzのラヴソング

52Hzのラヴソング
劇場:京都シネマ
監督・脚本:魏徳聖
共同脚本:游文興、蘇達
音楽:李正帆、李王若涵
出演:林忠諭、荘鵑瑛、スミン、米非、林慶台、趙詠華、李千娜(特別出演)、張榕容(特別出演)、范逸臣(特別出演)、田中千絵 他


  〈底抜けに楽しい台湾製恋愛ミュージカル〉


 「セデック・バレ」のウェイ・ダーションが、台湾の人気ミュージシャンたちを出演者に起用したラブストーリー。


 バレンタインデー当日。花店に勤めるシャオシンは、商売繁盛のかき入れ時だが、一緒に過ごす彼氏がいない。パン屋で働く孤独な職人のシャオアンは、片想いのレイレイにプレゼントする特別なチョコレートを注文品に紛れ込ませて作ってしまう。そんな2人がそれぞれに配達をしていたところ、自動車とバイクで接触事故を起こしてしまう。やむなく一台のバイクで一緒に配達をする事に。一方、10 年間同棲しているレイレイとダーハーは、別れとプロポーズという全く異なる思惑を抱いて、バレンタインデーの朝を迎えるが……。


 本作はちょっと珍しい、台湾製のミュージカル映画。一見、牧歌的で楽しい恋愛映画だが、「セディック・バレ」のウェイ・ダーション監督だけあって、人物設定等随所に、台湾に対する監督の歴史観を垣間見る事ができる。ヒロインと相手役の年齢が30代前半という事は、戒厳令下の台湾を知らない世代、つまり国民党独裁時代を経験せずに大人になった彼らには、自らのアイデンティティを問う民族や政治の問題は遠い世界の話なのである。その代わりにこの映画では、恋愛こそが彼らにとっての価値観、ということなのだ。


 因みに、このちょっと不思議な映画のタイトルは、世界に1頭だけいるとされる、“52Hzの声を持つクジラ”からきている。これは通常クジラ類は、15~25Hzの周波数で仲間と交信するのだが、それとは全く異なる周波数を持つものが1頭だけいて、しかしその姿は確認されず、音の検出だけでその個体はいるのだろうという、海洋学者の推測から付けられたものなのだ。これをこの映画のストーリーに当てはめて、“自分の好きな人に恋の歌が届かない”という切なさや、“でもその歌が届く人が1人でもいたら…”という、なんともロマンチックな意味あいも醸し出す。


 まぁ、あっちこっちで愛を囁いて、台湾映画ではあまり見かけない“百合もの”もちょっと描いたり、ツッコミどころも結構多いのだが、それでもみんなハッピーになれる底抜けに楽しい映画である。


私の評価…☆☆☆★

ポチッとよろしく!

|

« ワンダー 君は太陽 | トップページ | メイズ・ランナー:最期の迷宮 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 52Hzのラヴソング:

« ワンダー 君は太陽 | トップページ | メイズ・ランナー:最期の迷宮 »