« バトル・オブ・ザ・セクシーズ | トップページ | 私の人生なのに »

2018年8月26日 (日)

ジュラシック・ワールド/炎の王国

ジュラシック・ワールド/炎の王国
ジュラシック・ワールド/炎の王国
劇場:TOHOシネマズ二条
監督:J・A・バヨナ
脚本:デレク・コノリー、コリン・トレヴォロウ
原作(キャラクター創造):マイケル・クライトン
製作:フランク・マーシャル 他
製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ、コリン・トレヴォロウ
音楽:マイケル・ジアッキーノ
出演(吹替版声優 ※判明しているもののみ):クリス・プラット(玉木宏)、ブライス・ダラス・ハワード(木村佳乃)、ジャスティス・スミス(満島真之介)、ダニエラ・ピネダ(石川由依)、ジェームズ・クロムウェル(中田譲治)、レイフ・スポール(内田夕夜)、イザベラ・サーモン(住田萌乃)、ジェラルディン・チャップリン(池田昌子)、B・D・ウォン(近藤浩徳)、トビー・ジョーンズ(高木渉)、テッド・レヴィン(黒田崇矢)、チャーリー・ローズ(栗田圭)、ジェフ・ゴールドブラム(大塚芳忠)、ピーター・ジェイソン(森功至) 他


  〈旧シリーズとは似て非なるものに〉


 最新技術によって現代に甦った恐竜たちをリアルなCG映像で描き、世界中で大ヒットを記録した人気シリーズの第5弾。


 ハイブリッド恐竜“インドミナス・レックス”とT-REXの死闘により崩壊したテーマパーク“ジュラシック・ワールド”が存在するイスラ・ヌブラル島。この島で、火山大噴火の予兆が観測されていた。危機的状況が迫る中、人々は恐竜たちの生死を自然に委ねるか、自らの命を懸けて救い出すか、究極の選択を迫られる。救出を決意した恐竜行動学のエキスパート、オーウェン(クリス・プラット)は、テーマパークの運営責任者だったクレア(ブライス・ダラス・ハワード)と共にすぐさま行動を開始。ところが、島に向かったその矢先、火山が大噴火を起こす。こうして、生き残りを賭けた究極のアドベンチャーが幕を開ける…。


 この「ジュラシック・ワールド」三部作は、「ジュラシック・パーク」シリーズをリブートしたものである。つまり本作は、旧シリーズでいえば第2作「ロストワールド」のリブートになるわけだが、リブートというよりは、正直焼き直しに近い。本国では酷評だったようだが、そう悪い出来ではなく、むしろその荒唐無稽な世界観を、そこそこ楽しめる作りにはなっている。


 ただ、どうみても脚本が荒く、後半になればなるほどツッコミどころがいっぱい。ウー博士の計画もそうだが、あんな種の存続に到底及ばない数の恐竜を、街に放ったところでいったい結果はどうなるのか? 次回作の公開はもう決まっていて、2021年6月に全米で公開されるのだが、観客の誰もが納得のいくような結末になるよう、祈るしかない。


私の評価…☆☆☆★

ポチッとよろしく!

|

« バトル・オブ・ザ・セクシーズ | トップページ | 私の人生なのに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジュラシック・ワールド/炎の王国:

« バトル・オブ・ザ・セクシーズ | トップページ | 私の人生なのに »