« 未来のミライ | トップページ | ミッション:インポッシブル/フォールアウト »

2018年9月22日 (土)

センセイ君主

センセイ君主
センセイ君主
劇場:シネプレックス小倉
監督:月川翔
脚本:吉田恵里香
原作:幸田もも子「センセイ君主」
製作:市川南、堀義貴
音楽:得田真裕
主題歌:TWICE「I WANT YOU BACK」
出演:浜辺美波、竹内涼真、佐藤大樹(EXILE / FANTASTICS)、川栄李奈、矢本悠馬、佐生雪、新川優愛、福本莉子 他


  〈とてもあの映画と同じ監督・主演コンビとは思えない〉


 別冊マーガレットに連載された幸田もも子の人気コミックを、竹内涼真&浜辺美波主演で映画化したラブ・コメディ。


 恋に恋する16歳の女子高生・佐丸あゆは(浜辺美波)は、告白7連敗中。「彼氏が欲しい」しか頭にないあゆはは、新任の超横暴で冷徹なヒネクレ者の数学教師・弘光由貴(竹内涼真)に“イチャイチャしてくれる人募集”の張り紙でも背中に貼ればと冷たくバカにされる。あゆはは、絶対に彼氏を作って先生をぎゃふんと言わせると張り切るが、またもや失恋。挙句、弘光に再び嫌味を言われてしまうのだった。そんなある日、弘光が悪気なくアドバイスをしてくれているのだと気付いたあゆはは、その途端に弘光のことが気になり始める。あゆはは必死に自分の恋心を抑えようとするが、雨の中、車で家まで送ってくれたり、個別で勉強を教えてくれたりする弘光に陥落。だがそんなあゆはの恋は前途多難であった。感情がすべて顔に出てしまうあゆはは、告白する前に弘光から「高校生相手に恋愛なんてありえない」と速攻でフラれてしまう。一方、どんなに冷たくされようともくじけないあゆはは「先生をおとしてみせます」と大胆宣言。弘光も、そこまで言うならおとしてみなよと挑発する。あゆはの猛アタックと、弘光の冷たい防御。そんな二人の恋愛バトルに、あゆはに想いを寄せるあゆはの幼馴染で同級生の澤田虎竹(佐藤大樹)、そして弘光に思いを寄せる弘光の幼馴染の音楽教師・柴門秋香(新川優愛)も参戦し…。


 少女マンガ原作のドタバタ恋愛コメディ。いやぁ、ホントにこれ、あの実写映画版「君の膵臓をたべたい」と同じ監督・主演コンビで作ったのかと思うくらい、全く方向性の違う映画。全力で変顔を連発する浜辺美波ちゃんが可愛くて面白いのだが、これでコメディエンヌとしての道が拓けたのではないだろうか? でもまぁ、自分のような40代のオッサンが観るような映画じゃ無いなぁ。20年くらい前ならもうちょっと楽しめたかもしれないけどね。


私の評価…☆☆☆★

ポチッとよろしく!

|

« 未来のミライ | トップページ | ミッション:インポッシブル/フォールアウト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: センセイ君主:

« 未来のミライ | トップページ | ミッション:インポッシブル/フォールアウト »