« オーシャンズ8 | トップページ | 〈午前十時の映画祭9〉 グリース(1978年) »

2018年9月29日 (土)

銀魂2 掟は破るためにこそある

銀魂2 掟は破るためにこそある
銀魂2 掟は破るためにこそある
劇場:TOHOシネマズ二条
監督・脚本:福田雄一
原作:空知英秋「銀魂」
製作:高橋雅美 他
音楽:瀬川英史
主題歌:back number「大不正解」
出演:小栗旬、菅田将暉、橋本環奈、中村勘九郎、柳楽優弥、吉沢亮、長澤まさみ、岡田将生、ムロツヨシ、堂本剛、キムラ緑子、三浦春馬、窪田正孝、勝地涼、夏菜、堤真一、戸塚純貴、柾木玲弥、佐藤二朗 他


  〈この監督はクドさが持ち味なのか〉


 週刊少年ジャンプで人気の空知英秋の同名コミックを小栗旬主演で実写映画化したSF時代劇の続編。パラレルワールドの江戸を舞台に、万事屋(よろずや)を営む“銀さん”こと坂田銀時と仲間たちの身に起きる奇想天外な騒動を描く。


 街には高層ビルが立ち並び、空には無数の宇宙船……。宇宙からやってきた“天人”の台頭と廃刀令により、隆盛を極めた侍が衰退の一途を辿るパラレルワールドの江戸時代末期。かぶき町の便利屋“万事屋銀ちゃん”では、金欠で家賃が払えなくなった坂田銀時(小栗旬)、志村新八(菅田将暉)、神楽(橋本環奈)の3人が、ついにアルバイトを決意する。ところがアルバイトに行く先々で、天下の将軍様と遭遇する羽目に。同じ頃、近藤たちは内紛劇により、真選組始まって以来の危機に直面していた。やがてそれは、将軍までも巻き込んだ陰謀へと繋がっていることが明らかになり、江戸中で大騒動が勃発。この最大の危機に万事屋、そして銀時はどう立ち向かうのか…。


 前作もオープニングから結構ふざけていたが、今回も冒頭のワーナーのロゴ出しから笑わせてくれる。禁断のジブリネタや、エヴァンゲリオンのパロディー等もてんこ盛り。テンポがいい分、前作よりも冗長さはおさまっているが、やはり2時間14分はちょっと長いかも。それでも後半怒濤のアクションは、「マッドマックス」とか西部劇のノリで楽しい。


 それにしても今年は、本作といい、舞台ミュージカル「ブロードウェイと銃弾」、米映画のリメイク「50回目のファースト・キス」と、福田監督の演出作を結構観たなぁ。どれも、元のオリジナルと比べ、演出がクドかったような気がするが(笑)。これが、この人の持ち味なんですかねぇ。


私の評価…☆☆☆★

ポチッとよろしく!

|

« オーシャンズ8 | トップページ | 〈午前十時の映画祭9〉 グリース(1978年) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銀魂2 掟は破るためにこそある:

« オーシャンズ8 | トップページ | 〈午前十時の映画祭9〉 グリース(1978年) »