« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月30日 (火)

SUNNY 強い気持ち・強い愛

SUNNY 強い気持ち・強い愛
SUNNY 強い気持ち・強い愛
SUNNY 強い気持ち・強い愛
劇場:TOHOシネマズ二条
監督・脚本:大根仁
原作:『サニー 永遠の仲間たち』(2011年/韓国映画/監督:カン・ヒョンチョル)より
製作:川村元気(企画・プロデュース)、市山竜次、馬場千晃
製作総指揮:山内章弘
音楽:小室哲哉
出演:篠原涼子、広瀬すず、小池栄子、ともさかりえ、渡辺直美、池田エライザ、橋爪淳、山本舞香、野田美桜、田辺桃子、富田望生、三浦春馬、リリー・フランキー、板谷由夏、新井浩文、矢本悠馬、小野花梨、キムラ緑子、橋本じゅん、三田和代、坂口涼太郎、松本穂香 他


  〈泣けるオリジナル版よりも、かなりコメディ寄りに〉


 40代になった女性たちが高校時代の親友と再会しようとする姿を描き、日本でも大ヒットを記録した韓国発の人間ドラマ『サニー 永遠の仲間たち』。それを大根仁監督が舞台を日本に移し、90年代に流行した音楽やファッションをちりばめてリメイクした。


 90年代に青春時代を過ごした6人の女子高生グループ“サニー”。20年以上の時を経て、大人になった彼女たちだったが、それぞれに問題を抱えていた。その1人、専業主婦の奈美(篠原涼子)はある日、当時の仲間だった芹香(板谷由夏)と再会する。ところが、芹香は末期がんに冒されていた。“死ぬ前にもう一度だけ、みんなに会いたい”。芹香の願いを叶えようと決意する奈美。これをきっかけに、止まっていたそれぞれの時間が再び動き始める…。


 日本では2012年に公開された韓国映画「サニー 永遠の仲間たち」の日本版リメイク。オリジナル版とは過去の時代設定や背景が違うが、主人公の母親が入院している病院で、余命幾許もない高校時代の友人とたまたま出会い、ある“事件”がもとでバラバラになった昔の仲間たちを探す事になるストーリーは、ほぼ同じである。


 探し当てた仲間が、人生の酸いも甘いも経験しているのも、オリジナル版と同じ。でも、そこは「モテキ」の大根監督。主演の篠原涼子や、その高校時代を演じる広瀬すずのコメディエンヌっぷりが絶妙なこともあって、泣ける映画であるオリジナル版よりも、日本版はかなりコメディ寄りになっている。


 また、オリジナルの韓国版は、舞台となった年代が1980年代であり、民主化直前の韓国では鬱憤が溜まった国民のガス抜きのために、外国文化を積極的に受け入れていた時代である。このため使われるヒット曲も外国の曲が中心だったが、日本版の舞台は1990年代ということでバブル崩壊後、出口の見えなくなった不況の時代である。イケイケドンドンだったのが急速に萎み、結果としてJ-POPなどの独自の文化が芽生え、ガラパゴス化していった。日本版で描かれているコギャル文化もその1つなのだが、物語の基本的な部分は同じでも、国や時代の違いによって背景のベクトルが全く違う方向に向いているのが面白い。40代以上の人は韓国版の方が共感を得るだろうが、30代から下の人は日本版の方が楽しめるのではないかと思う。


私の評価…☆☆☆★

ポチッとよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月25日 (木)

アントマン&ワスプ

アントマン&ワスプ
劇場:TOHOシネマズ二条
監督:ペイトン・リード
脚本:クリス・マッケナ
共同脚本:エリック・ソマーズ、ポール・ラッド、アンドリュー・バレル、ガブリエル・フェラーリ
原作:スタン・リー、ラリー・リーバー、ジャック・カービー「Ant-Man」
製作:ケヴィン・ファイギ、スティーヴン・ブルサード
製作総指揮:ルイス・デスポジート、ヴィクトリア・アロンソ、チャールズ・ニューワース、スタン・リー
音楽:クリストフ・ベック
出演(吹替版声優 ※判明しているもののみ):ポール・ラッド(木内秀信)、エヴァンジェリン・リリー(内田有紀)、マイケル・ペーニャ(小杉竜一〈ブラックマヨネーズ〉)、ウォルトン・ゴギンズ(関智一)、ボビー・カナヴェイル(加藤亮夫)、ジュディ・グリア(山崎美貴)、ティップ・“T.I.”・ハリス(伊藤健太郎)、デヴィッド・ダストマルチャン(松本忍)、ハナ・ジョン=カーメン(田中理恵)、アビー・ライダー・フォートソン(太田梨香子)、ランドール・パーク(宮川大輔)、ミシェル・ファイファー(高島雅羅)、ローレンス・フィッシュバーン(壤晴彦)、マイケル・ダグラス(御友公喜)、ディヴィアン・ラドワ(山本高広) 他

[カメオ出演]スタン・リー(高桑満)


 〈MCU全体がシリアスになっていく中、いいタイミングで軽いノリのものがきた〉


 身長1.5cmのヒーロー、アントマンの活躍を描く人気アクションの続編。様々な「マーベル・コミック」の実写映画を、同一の世界観のクロスオーバー作品として扱う『マーベル・シネマティック・ユニバース』シリーズとしては、第20作品目の映画となる。同じように体のサイズを自在に変えられるワスプをパートナーに、神出鬼没な謎の敵ゴーストや、武器ディーラーの手から研究所を守るため、アントマンが奮闘する。


 頼りなさすぎるヒーロー、アントマン(ポール・ラッド)と完璧すぎるヒロイン、ワスプ(エヴァンジェリン・リリー)。2人の前に、すべてをすり抜ける神出鬼没の謎の美女ゴースト(ハナ・ジョン=カーメン)が現れる。ゴーストが狙うのは、アントマン誕生の鍵を握る研究所。敵の手に渡れば、世界中であらゆるもののサイズが自在に操られてしまう。さらに、金目当ての武器ディーラーからの襲撃や、アントマンを監視するFBIの追跡も加わり、人や車、ビルなど全てのサイズが変幻自在に変わる“何でもアリ”の大騒動に!ユニークなパワーと微妙なチームワークで、アントマンとワスプは世界を脅かす“秘密”を守り切れるのか…?


 いやぁ~、面白かったなぁ! 今回は明確なヴィランがいないのだが、自分の一番大切な人を救うことに手一杯なヒーローってのも、なかなかいいかもしれない。


本作は相方のホープ(2代目ワスプ)の母親で、30年前に量子世界へ消えた初代ワスプであるジャネットを助けに行く話。ミッシェル・ファイファーは年取っても、キャットウーマン役やってた頃と変わらず美しい。一見、「アベンジャーズ」と繋がっていないように見えて、実はしっかりラストで「インフィニティ・ウォー」とリンクする。あのサノスの指パッチンの余波は、意外な形で現れるのだが、果たしてマーベル・シネマティック・ユニバースの次回作「キャプテン・マーベル」で、どう描かれるのか、楽しみである。


原作のワスプは現在3代目なのだが、それが誰かは本作でも示唆されている。原作ファンも、そうでない人も楽しめる映画です。


私の評価…☆☆☆☆

ポチッとよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月19日 (金)

カメラを止めるな!

カメラを止めるな!
劇場:シネプレックス小倉
監督・脚本:上田慎一郎
原案:劇団PEACE「GHOST IN THE BOX」
製作:市橋浩治
音楽:永井カイル
主題歌:山本真由美「Keep Rolling」
出演:濱津隆之、真魚、しゅはまはるみ、長屋和彰、細井学、市原洋、山﨑俊太郎、大沢真一郎、竹原芳子、吉田美紀、合田純奈、浅森咲希奈、秋山ゆずき 他


  〈今まで観たことの無い映像体験!〉


 監督&俳優養成スクール、ENBUゼミナールのワークショップから生まれた異色ホラー。37分間にわたるワンカットのゾンビ・サバイバル映画の撮影に挑む俳優やスタッフの前に本物のゾンビが出現し、事態が混迷していくさまが描かれる。


 ゾンビ映画撮影のため、山奥にある廃墟にやってきた自主映画のクルーたち。監督は本物を求めてなかなかOKを出さず、ついに42テイクに至る。と、本物のゾンビが現れ撮影隊に襲いかかった。次々とクルーの面々はゾンビ化していくが、監督は撮影を中止するどころか嬉々として撮影を続行。37分ワンシーン・ワンカットで描くノンストップ・ゾンビサバイブムービーを撮った彼らとは…。


 たとえ低予算であっても、たとえ盗作であっても、たとえ映画専門学校の生徒が仕上げた“課題”であっても面白いもんはオモロイ! ゾンビホラーやコメディ、シチュエーション・スリラーやモキュメンタリーの全ての要素を約90分にブチ込んだ快作いや怪作である。


 前半三分の一をワンカット撮りのゾンビホラー本編、後の残りがその製作ドキュメンタリーでドラマ風に展開。自分も映像の専門学校在籍時にホラーではないけど似たような映像製作をやっていたので、撮影時の苦労は分かるし、楽しく笑えて、ちょっと懐かしい。だが、撮影にトラブルはつきものとはいえ、これはあり過ぎ(笑)。狂鬼人間監督とゾンビ役2人のオッサンのクソっぷりには、腹抱えて笑えた。


私の評価…☆☆☆☆★

ポチッとよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月17日 (水)

クリミナル・タウン

クリミナル・タウン
劇場:MOVIX京都
監督・脚本:サーシャ・ガヴァシ
共同脚本:スティーヴン・ナイト
原作:サム・マンソン「November Criminals」(邦題「クリミナル・タウン」)
製作:ベス・オニール 他
音楽:デヴィッド・ノーランド
出演:アンセル・エルゴート、クロエ・グレース・モレッツ、デヴィッド・ストラザーン、キャサリン・キーナー、テリー・キニー、コリー・ハードリクト、フィリップ・エッティンガー、ダニー・フラハティ、ヴィクター・ウィリアムズ、オパル・アラディン、テッサ・アルバートソン、ジャレッド・ケンプ 他


  〈サスペンスにしても、青春映画としても中途半端〉


 「ベイビー・ドライバー」のアンセル・エルゴートと「キック・アス」シリーズのクロエ・グレース・モレッツが共演した犯罪サスペンス。警察をはじめ街中が親友の銃殺事件に動こうとしないことに疑問を抱いたアディソンは、フィービーと独自捜査に乗り出す。


 ワシントンD.C.に暮らす優等生のケビンが銃殺される。警察は、事件はチンピラの黒人少年が麻薬を巡るギャング同士の抗争に巻き込まれたものであり、犯人は組織内で始末されたとして、早々に捜査を畳もうとする。しかしケビンが麻薬に関わって殺されたなどありえないと考えた親友のアディソン(アンセル・エルゴート)は、彼の名誉を取り戻すため、恋人未満の幼なじみフィービー(クロエ・グレース・モレッツ)と一緒に独自に事件を追い始める。しかし警察は証言を取り合わず、学校は大学への推薦状を餌に捜査を牽制するなど、まるで街中が事件から目を背けているようであり、ケビンの両親も息子はこの街に殺されたと口をつぐむ。違和感を抱いたアディソンとフィービーは、やがて戻れぬところへ踏み込んでいく。


 アメリカのヤングアダルト小説(日本でいうところの“ライトノベル”みたいなもの)が原作の、サスペンス映画。


 ヤングアダルト小説原作の映画なんて、正直世界的にヒットしたのは「トワイライト」シリーズと「ハンガーゲーム」シリーズぐらいだと思うのだが…。本作も一応、人種差別やドラッグ問題を絡めているものの、ストーリーがショボ過ぎて、只々可愛いクロエたんを観ているだけのものになってしまった。


 しかし、新作映画なのにキャラクターグッズはおろか、パンフレットの販売も無しとは。配給会社もあまり期待していなかったのか? これじゃ前売券購入特典で貰った、US版ポスターデザインを縮刷したポストカードが、本作唯一の貴重な映画グッズになってしまったなぁ。


私の評価…☆☆

ポチッとよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月12日 (金)

マンマ・ミーア ヒア・ウィー・ゴー

マンマ・ミーア ヒア・ウィー・ゴー
マンマ・ミーア ヒア・ウィー・ゴー
劇場:シネプレックス小倉
監督・脚本:オル・パーカー
原案:キャサリン・ジョンソン、リチャード・カーティス、オル・パーカー
原作:キャサリン・ジョンソン「マンマ・ミーア!」
製作:ジュディ・クレイマー、ゲイリー・ゴーツマン
音楽:アン・ダドリー
出演:リリー・ジェームズ、アマンダ・セイフライド、メリル・ストリープ、ドミニク・クーパー、ピアース・ブロスナン、ステラン・スカルスガルド、クリスティーン・バランスキー、コリン・ファース、シェール、ジュリー・ウォルターズ、ジェレミー・アーヴァイン、アンディ・ガルシア、ジョシュ・ディラン、ヒュー・スキナー、セリア・イムリー、ジェシカ・キーナン・ウィン、アレクサ・デイビーズ 他


  〈舞台版スタッフが降板したのは痛い〉


 小さなリゾートホテルを経営するシングルマザーのドナとその娘ソフィの身に起きる騒動を描いた、人気ミュージカルが原作の家族ドラマの続編。母娘の念願だったホテルを完成させるも、突然の妊娠発覚に揺れるソフィと、ドナの過去の知られざるエピソードが明らかになる。


 どこまでも青く輝くエーゲ海に浮かぶギリシャのカロカイリ島。母ドナ(メリル・ストリープ)との夢だったホテルをついに完成させたソフィ(アマンダ・セイフライド)は、支配人に就任したセニョール・シエンフエゴス(アンディ・ガルシア)と共に、オープニングパーティの準備に駆け回っていた。人生で最高に晴れやかな日。だが、ソフィの心は揺れていた。ニューヨークでホテルビジネスを学んでいる夫のスカイ(ドミニク・クーパー)が、そこで働かないかと誘われていたのだ。ニューヨークで新たな人生を始めることに魅力を感じるスカイと、母の夢にこだわるソフィ。2人の間には、かつてない危機が訪れていた。そんな中、ソフィの妊娠が発覚。思わず、若き日の母と自分を重ねるソフィ。1人で私を身籠った時、ママはどんな気持ちだったのか? 3人のパパたちとはどのように出会い、なぜ別れたのか……? 時は遡り、ドナが大学を卒業した頃。広い世界へ羽ばたこうとしていたドナ(リリー・ジェームズ)は、パリに降り立ち、若き日のハリー(ヒュー・スキナー)と出会う。だがそれは、彼女の人生を変える三つの出会いの始まりに過ぎなかった…。


 前作は、元々の舞台版をほぼそのまま映画化していたので、完成度も高かったのだが、今回はオリジナルであり、舞台版も製作していた前作のスタッフも降りている。舞台では到底出来ないような映画的な演出を多用しているのはいいのだが、前作の前日譚(ドナの若き日 演じるのは実写版「シンデレラ」のリリー・ジェームズ)と後日談をまとめてやろうとした結果、過去と現在の繋ぎ目が曖昧になるなど矛盾点や欠点がやや目立つ。


 それでも、ちゃんと観られるモノになっているのは、やっぱりメロディーが美しいABBAの曲のおかげ。今回はヒット曲ばかりではなくマイナーなナンバーが多いが、それでもリリー・ジェームズが歌うナンバーを中心に、印象に残る曲が揃っている。


 今回は冒頭で衝撃的な展開があるので、ドナ役のメリル・ストリープは殆ど出番無し。でも、最後に幽霊の如く(?)復活して歌うので、ファンはヤキモキしながら観ましょう(笑)。因みに横澤夏子なる女芸人が、これでハリウッド・デビューなどと宣っておったが、コリン・ファースが東京に出張しているシーンで、会議に出席しているオッサンの写真に写っているだけ。ま、そんなことだろうなとは思っていたが。メリル・ストリープ(69歳)が母で、シェール(72歳)が祖母ってのも、ヘンな設定ですな(笑)。それだけシェールが若く見えるってことか。


私の評価…☆☆☆★

ポチッとよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月10日 (水)

〈午前十時の映画祭9〉 グリース(1978年)

〈午前十時の映画祭9〉 グリース(1978年)
劇場:TOHOシネマズ二条
監督:ランダル・クレイザー
脚本:ブロント・ウッダード、アラン・カー
製作:ロバート・スティグウッド
音楽:バリー・ギブ、ジム・ジェイコブス
出演:ジョン・トラボルタ、オリビア・ニュートン=ジョン、ストッカード・チャニング、ジェフ・コナウェイ、バリー・パール、マイケル・トゥッチ、ケリー・ワード、ディディ・コーン、ジェイミー・ドネリー、ダイナ・マノフ、イヴ・アーデン、フランキー・アヴァロン、ジョーン・ブロンデル、エド・バーンズ、シド・シーザー  他


  〈古き良き青春お気楽映画〉


 1950年代のアメリカの若者達の生活を、歌と踊りで綴るミュージカル映画。


 ダニー(ジョン・トラヴォルタ)とサンディ(オリヴィア・ニュートン・ジョン)は夏休みに避暑地の海岸で知り合い、夏中、愛を語り合い、夏が終わる頃、再会を信じながら別れを告げた。新学期と共にダニーはライデル高校の3年生になった。彼はこの高校の”T・バーズ”と呼ばれるグループのリーダーで髪にグリースを塗り黒い革ジャン、スリムなブルージーンでカッコよくきめていた。仲間はケニッキー(ジェフ・コナウェイ)、ドゥーディ(バリー・パール)、ソニー(マイケル・トゥッチ)、パッツィー(ケリー・ワード)。一方オーストラリアヘ帰ったサンディは、父親の仕事の関係でライデル高校に転校することになった。登校早々サンディは女性グループ”ピンク・レディース”のリッツォ(ストッカード・チャニング)、フレンチー(ディディ・コン)、ジャン(ジェミー・ドネリー)、マーティ(ダイナ・マノフ)と知り合った。彼女らはサンディの夏の恋の相手がダニーと聞いてびっくり。そんな夏休み気分のぬけきらない学生たちの間に教務秘書プランチからのニュースが伝わった。それはこのライデル高校が、TV局の主催する全米高校ダンス・コンテストの会場に指名されたというのだ。そんな中、応援団のチア・リーダーに参加したサンディは遂にダニーと再会した。ダニーも嬉しかったが、クールな態度を壊すことはできない。つい冷たい態度をとってしまった。しかし、まもなく元通りの仲にもどりダンス・コンテストではペアを組むことになった。ところが、当日、”T・バーズ”の宿敵グループ”スコーピオンズ”のリーダー、レオのガールフレンド、チャチャは強引に、サンディからダニーを奪ってしまい、優勝はこのダニーとチャチャが獲得した。ダニーを奪われたサンディは涙をこらえることができず、それ以後ダニーとの間はうまくいかない。しかし、ダニーの”スコーピオンズ”とのカー・レースをきっかけに2人の気持ちが離れられないものであることを知る…。


 日本でも何度か上演されている同名舞台ミュージカルの映画化。最近(とはいってもかれこれ約10年ほど前だが)では生田斗真&神田沙也加の共演で上演していたっけ。


 トラボルタもオリビアも全くティーンにゃ見えんのだけど、1970年代から見た50年代のアメリカの高校生と、その生活が垣間見える映画。お話自体は現代と比べると、とても牧歌的なものなんだけど、たまにゃこんなお気楽な映画もいいな。


私の評価…☆☆☆★

ポチッとよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »